■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 9月, 2015のデータ一覧

    フランシスコ法王「神は泣いている」

     訪米最後の日(27日)の午前、フィラデルフィアでローマ法王フランシスコは聖職者らに性的虐待を受けた5人の犠牲者と会った。3人は女性で2人は男性だ。彼らは成人だが、性的虐待を受けた時はいずれも未成年者だった。法王と犠牲者との会合は1時間に及んだという。同会合には、フィラデルフィア大司教区の5人の聖職者のほか、バチカンの「聖職者性犯罪調査委員会」議長のショーン・パトリック・オマリー枢機卿も同席した。

     バチカン法王庁のロンバルディ報道官によると、フランシスコ法王は犠牲者の話を聞きながら、「聖職者が未成年者にこのような罪を犯すとは恥ずかしい。教会やその関連施設内でそのような犯罪を犯した者は許されないし、教会側もその事実を隠蔽してはならない」と述べ、「神は泣いている」と語ったという。

    0
    続き

    眞子殿下、英国から御帰国

     秋篠宮殿下御夫妻の長女眞子殿下(23)は29日午後、英レスター大大学院での課程を終え、羽田空港着の民間機で帰国された。

     午後3時半ごろ到着された眞子さまは紺のジャケットにワンピース姿。報道陣から「お帰りなさい」と声を掛けられ、笑顔で会釈された。

    0
    続き

    NASAが発表、火星に今も水の流れか

     米航空宇宙局(NASA)は28日、「火星で今も水が流れていると考えられるこれまでで最も確かな証拠を発見した」と発表した。液体の水があれば生命が存在する可能性につながるほか、将来の有人火星探査での活用も期待される。

     NASAによると、温度が氷点下23度より高い季節になると、火星の表面に水が流れているような黒ずんだ「筋」が現れ、気温が低くなると消える。

    0
    続き

    ダルマゾFWコーチ、日本のスクラム鍛えた職人

     ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で、日本は優勝候補の南アフリカを初戦で倒し一躍注目される存在になった。目を引くのは強化されたスクラム。これまでは弱点とされてきたが、マルク・ダルマゾFWコーチが武器にできるまでに鍛え上げた。

    0
    続き

    日本の無人補給機「こうのとり」5号機が分離

     国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングしていた日本の無人補給機「こうのとり」5号機は29日未明、ISSから切り離された。ISSに長期滞在中の油井亀美也さん(45)がロボットアームで操作した。30日午前には南太平洋上空で大気圏に再突入し、大半の部品は燃え尽きる見通し。

    0
    続き

    山本美月さん、警視庁で安全運転を呼び掛け

     映画やCMなどで活躍する女優の山本美月さん(24)が29日、東京・霞が関の警視庁を訪れ、安全運転を呼び掛けた。山本さんは秋の全国交通安全運動の同庁のポスターに起用されている。

    0
    続き

    代々木公園で来月インドネシアフェスティバル

     日本とインドネシアの市民友好フェスティバルが今年は10月17日(土)と18日(日)の2日間、東京・渋谷の代々木公園イベント広場を中心に開催される。昨年は9月6日を初日とする同フェスティバルを同公園で開催しようと準備していたさなか、デング熱ウイルス騒ぎで同公園での感染が大きく報道されて同4日、公園は閉鎖。主催者のNPO法人教育文化交流推進委員会(CPI)は開幕直前にフェスティバル中止に追い込まれた。このため、今年は同法人および出店を予定していたインドネシアレストランなどは「リベンジ」を合言葉に「今年こそは」とやる気満々だ。今回は在日インドネシア大使館が後援し、インドネシア中央政府組合&中小企業省とCPIがフェスティバルを共催。入場無料で雨天決行。2日間で10万人の来場を予定している。

    0
    続き

    国連人権理事会での翁長沖縄県知事の発言に政府ら反論

     翁長(おなが)雄志(たけし)知事は21日午後(日本時間同日深夜)、スイス・ジュネーブで開かれた国連人権理事会で発言し、沖縄が基地問題で「人権侵害され、差別されている」と訴えた。これに対し、名護市在住の我那覇(がなは)真子(まさこ)さん(26)は、知事の「プロパガンダ」を信じないよう注意を促した。駐ジュネーブの日本政府代表からも反論があり、沖縄には多様な民意が存在することが証明される形となった。(那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き

    米大統領選 危機感強めるキリスト教保守派

     米共和党の主要な支持基盤であるキリスト教保守派の年次集会「バリューズ・ボーター・サミット」が25日から3日間、ワシントン市内で開催された。同性婚の合法化で信教の自由が脅かされていることへの危機感を背景に、2016年大統領選でキリスト教保守派の存在感が再び高まりそうな気配だ。(ワシントン・早川俊行、写真も)

     「我々の自由で最も攻撃を受けているのは信教の自由だ。傍観者でいられる時代は終わったのだ」

    0
    続き

    普天間早期移設の意見書可決

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     辺野古埋め立て承認に瑕疵(かし)があるとした承認取り消しの問題で、最も翻弄されているのは普天間飛行場を市の中心部に抱える宜野湾(ぎのわん)市だ。知事の判断によって移設の道筋が閉ざされれば同飛行場の固定化を招きかねないからだ。

    0
    続き

    The naive intentions of Pope Francis ローマ法王・フランシスコのナイーブな考え

    Pope Francis arrives Tuesday to a hearty welcome in the United States, fresh from a triumphant visit to Cuba, where the Castro brothers not only put out a red carpet for him but put on a show of how to suppress dissent. Catholic dissidents to the Castro rule were knocked about by “state security” when they showed up for the mass the pope no doubt intended for all.

    0
    続き

    「漁る」はあさる、すなどる、いさる、と…

     「漁る」はあさる、すなどる、いさる、と三つの読み方がある。どれも魚や貝をとるという意味だが、そのニュアンスが微妙に違う。日本人の漁業への関わりの深さは言葉にも表れている。

     漁業は古代から重要なたんぱく源を供給する役目を果たしてきた。日本人の魚好きはここから来るのだろう。それだけに調理、さらに漁獲、管理の手法は世界に例を見ないほど巧みだ。

    0
    続き

    尖閣国有化3年、執拗な中国に粘り強い対応を

     政府が沖縄県石垣市の尖閣諸島を国有化してから、今月で3年を迎えた。尖閣は日本固有の領土であるにもかかわらず、中国は一方的に領有権を主張し、中国公船が尖閣周辺で領海侵犯を執拗に繰り返している。

     日本は抑止力の向上に努めるとともに、中国の領有権主張に対して粘り強く反論することが必要だ。

     東シナ海で緊張高める

    0
    続き

    幻想的なスカイツリーとスーパームーン

     28日夜、東京スカイツリーの背で、幻想的に夜空を照らす「スーパームーン」。

     月が地球に最も近づくタイミングと満月のタイミングが一致するため今年、月が最も大きく見える。

    0
    続き

    野球・ソフト、3大会ぶり復活へ

     2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、東京都内で記者会見を開き、国際オリンピック委員会(IOC)に東京五輪の追加競技として提案する野球・ソフトボール(各1種目)、空手(8種目)、スケートボード(4種目)、スポーツクライミング(2種目)、サーフィン(2種目)の5競技・18種目を発表した。この日の検討会議と理事会で選定したもの。  追加提案するのは、最終候補に残った8競技の中から、競技の普及度、男女のバランスなどの評価項目を参考に「若者へのアピール」、「国内での盛り上がり」を重視して総合評価で選定。スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンは、特に若者に人気が高いことから、若者世代に五輪の価値をアピールできると評価された。

    0
    続き

    宇宙観測衛星「アストロサット」打ち上げ成功

     インドは28日、同国初となる宇宙観測衛星「アストロサット」を南部アンドラプラデシュ州の発射基地から打ち上げ、地球周回軌道への投入に成功した。地元メディアは「日本と米国、欧州連合(EU)、ロシアに次ぐ快挙」と報じている。

    0
    続き

    2015年度「琉球国王、王妃」選出の大会を開催

     琉球王朝時代の儀式を再現するイベント「首里城祭」の一環で、2015年度の「琉球国王、王妃」を選ぶ大会が27日、那覇市内のホテルで開かれた。国王は那覇市の会社員伊良波孝仁さん(34)、王妃は豊見城市の大学4年池田吏花さん(21)に決まった。

     例年、市内の首里城公園で行われていたが、台風21号の影響のため会場を変更しての開催となった。一般公募で、国王は17人、王妃は45人の中から選ばれた。

    0
    続き

    「イードアルアドハー」、驚異の帰省ラッシュ

     バングラデシュの首都ダッカの駅の屋根で昼寝を続ける男性(手前)を見詰める、列車の屋根までいっぱいの乗客たち。

     イスラム教の祝日「イードアルアドハー(犠牲祭)」を迎えた帰省ラッシュが続いている。(AFP=時事)

    0
    続き

    祈りすら許されぬ北朝鮮

    地球だより

     国際宣教団体でキリスト者の迫害問題を訴えてきた非政府機関「オープン・ドアーズ」創設60周年の記念イベントが19日、ウィーン工科大学内で開かれた。

    0
    続き

    支持基盤を排斥する共和党

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】まずは民主党の話から。

     -大統領選で賃金の低迷、経済格差、広範囲に及ぶ景気低迷を非難しているが、過去7年間政権を担当してきたのは民主党だ。

     -最有力大統領候補の支持は27ポイント下がった。誠意を疑われ、機密情報の取り扱いを誤った疑いがあり連邦捜査局(FBI)が調査を行っている。

    0
    続き

    Obama meeting with Putin snubs ally Egypt オバマ氏がプーチン氏と会談、エジプトを冷遇

    Pity America’s embattled allies in Eastern Europe and the Middle East when President Obama and Russian President Vladimir Putin meet at the United Nations Monday.

    0
    続き

    翁長知事人権理発言を「プロ市民」の反響で針小棒大に扱う沖縄県紙

     「針小棒大」という四字熟語がある。故事ことわざ辞典を繰ってみると、「針ほどの小さいものを棒ほどに大きく言うこと」とあり、誇張して大げさに言うたとえとして使う。出典がなく、どうやら和製らしい。英語では「ハエで象をつくる」などと表現する。

    0
    続き