■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 8月, 2015のデータ一覧

    潘基文氏「中立性原則」違反の常習者

     国連の潘基文事務総長は、9月3日北京で開催される「抗日戦争勝利70周年式典」に参加する。「事務局長は参加するだろう」と考えていた当方は、「やっぱり」といった思いが湧いてきた。

     「抗日戦争勝利70周年式典」は中国共産党政権の歴史観に立脚して祝賀されるイベントだ。193カ国の加盟国を抱える国連の事務局トップが参加すべきではないことは通常の外交官ならば分かる。韓国外相などを歴任した職業外交官出身の潘基文氏が知らないはずはない。国連は世界の平和と紛争解決を明記した国連憲章を掲げているが、その原則は「中立性」だ。

    0
    続き

    金井宣茂さん「日本の実験、全て自分がやる」

     2017年11月からの国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在が決まった金井宣茂さん(38)が30日までにインタビューに応じ、「私に求められているのは科学実験。宇宙に上がったときには、日本の実験は全て自分がやる」と意欲を示した。

    0
    続き

    安倍首相、「女性の課題を考える良い機会に」

     女性の地位向上に取り組む国連機関「UN Women(ウィメン)」日本事務所の開所式が30日、東京都文京区の複合施設「文京シビックセンター」で行われた。

     安倍晋三首相も出席し、「若い人たちにも日本や世界の女性をめぐる課題について考え、行動していただく良い機会になる」と期待を示した。

    0
    続き

    U18野球W杯、A組の日本は3連勝

     野球の18歳以下(U18)ワールドカップ(W杯)第3日は30日、大阪・舞洲ベースボールスタジアムなどで1次リーグが行われ、A組の日本はオーストラリアに10-1で大勝し、3連勝とした。

    0
    続き

    横綱白鵬、宮城野部屋で「最後」の綱打ち

     大相撲の白鵬の横綱を新調する綱打ちが30日、東京都墨田区緑にある宮城野部屋で行われた。部屋は築35年で老朽化しているため、近く同区八広に移転する予定。白鵬にとって、今の部屋で行う最後の綱打ちとなった。

     白鵬は「特別というか不思議な感じ。恋人と別れるようなね」。綱打ちを終えると、15年間過ごしてきた稽古場の空気をかみしめるように四股やてっぽうを繰り返した。

    0
    続き

    熊野本宮大社「大斎原」で厳かな八咫の火祭り

     和歌山県田辺市の熊野本宮大社「大斎原(おおゆのはら)」で29日、八咫(やた)の火祭りが行われた。

     薄暮の中、山伏を先頭に、平安装束の女性やみこしを担いだ男衆など約100人からなる時代行列が、ろうそくに照らされた参道約800メートルを厳かに進んだ。

     この後、神事が執り行われ、和太鼓の演奏や踊りなどが披露された。

    0
    続き

    大衆文化で「ワクワク」してね

     アニメやファッション、食などの分野で日本の大衆文化に接してもらうイベント「ワクワク+NYC」が29日、米ニューヨークのブルックリンで始まった。日程は30日までの2日間。

    0
    続き

    ペティヨン作「心臓の鼓動」、風船10万個の芸術

     26日、ロンドンの繁華街コベントガーデンに浮かぶ10万個の白い風船。

     長さ54メートル、幅12メートルに渡って連なる風船は、フランスの芸術家シャルル・ペティヨンの作品「心臓の鼓動」。9月27日まで展示される。(EPA=時事)

    0
    続き

    金第1書記の不安あらわ? 地雷事件から緊張続く南北関係

     南北軍事境界線付近での地雷爆発事件に端を発した韓国と北朝鮮の軍事的緊張とその後の高官協議での合意に至る、8月に起こった一連の南北危機は終始、北朝鮮が何らかの必要性に迫られ慌てて動いたという印象を強く残した。そこには極端な恐怖政治で周囲を従わせる最高指導者・金正恩第1書記の不安な心理が隠れているとの見方が出ている。(ソウル・上田勇実)

     「地雷事件の伏線として注目すべき行事が今年6月平壌であった」

    0
    続き

    安保法成立で日本はどう変わるか

    世日クラブ

    自民党政務調査会調査役 田村重信氏

    0
    続き

    総務省 海外子女教育で実態調査

     日系企業の海外進出に拍車がかかる中、海外で生活する義務教育段階(小・中学校)の日本人児童生徒(以下、海外子女)の数が増加している。総務省はグローバル人材育成に役立てるため、海外子女・帰国子女に対する教育の実態調査を行い、このほどその結果を報告書にまとめるとともに必要な改善措置を勧告した。海外子女教育に絞って検討してみた。(武田滋樹)

     報告書によると、平成26年10月1日時点で海外の日系企業の総数(拠点数)は、アジアを中心に6万8573拠点で17年(3万5134拠点)の約2倍に増加。それに伴い、海外子女の数も5万5566人から7万6536人と約1・4倍、2万人以上増加した。

    0
    続き

    メコン上流 中国のダム問題

    歴史家 金子 民雄

     ゆく川の流れは絶えずしてしかも元の水にあらず、淀(よどみ)に浮かぶ泡沫(うたかた)はかつ消えかつ結びて久しくとどまることなし――とは、たしか古典の方丈記の書き出しの名文だったと思うが、もう続きは忘れて思い出せない。ところが、なぜか最近になってこの文言を思い出すことが多くなった。それは日本中のあちこちの川を見ても、かつてのような心を洗ってくれるような気分が、さっぱりなくなってしまったからだ。

    1
    続き

    「自分で親の世話したい」日本の高校生、4割切る

     国の違いや宗教の違いに関わらず、親孝行は大切な徳目になっている。特に高齢化が進む日本では、家族が高齢者を支えることの重要性が増している。

     だが、国立青少年教育振興機構が公表した「高校生の生活と意識に関する調査報告―日本・米国・中国・韓国の比較―」によると、将来、高齢の親を世話したいという割合は、日本が4カ国中もっとも低かった。

    0
    続き

    「家族の病」を越えて

     お盆の休み、二つの家族本を読んだ。下重暁子氏の『家族という病』、もう一つは発達障害の専門医・星野仁彦氏の『家族と言う病巣』だ。

     前者は下重氏の家族史であり、家族が互いに何をしているか知らない、希薄な家族関係だったと吐露している。家族団欒(だんらん)なんて幻想と言い放ち、家族への恨み節にも受け取れる。

    0
    続き

    観光客乗せた象暴走

    地球だより

     タイ北部のチェンマイで下旬、象に乗ったトレッキングツアーの最中、中国人観光客3人を乗せたオスの象が暴れだし、タイ人男性の象使いを牙で突き殺した上にジャングルの中に走り去った。

     放っておけばさらに犠牲者が増すことになると、直ちに象使い仲間が逃げた象を追跡。結局、以前にこの象を担当していた象使いが、メスの象に乗って近づいて乗り移り、なだめすかせて落ち着かせ、象園に連れ帰った。

    0
    続き

    戦後70年エコノミストの経済特集は検証は妥当でも未来図を描けず

     今年は戦後70年。経済誌で戦後70年を検証し特集を組んでいるのは、今のところ週刊エコノミスト(8月11、18日合併号)のみである。もっとも、特集といっても30㌻ほどで分量としては物足りず、過去の検証と同時に今後の30年を読み解くとしているが、未来の日本経済の姿という点については残念ながら描き切れているという印象はない。それでも戦後70年を経済的な面から検証するのは意義のあることだ。

    0
    続き

    高齢者移住、希望実現に向けた環境整備を

     都市部の高齢者に地方に移住してもらい、周辺住民との交流で地域活性化を目指す構想「生涯活躍のまち」の在り方が検討されている。

     構想は地方創生の一環

     この構想は人口減少の抑制と東京一極集中の是正を図る地方創生の一環で、政府は2015年度からのモデル事業実施に向け、移住する高齢者や受け入れ自治体向けの支援策を年内にまとめる予定だ。

    0
    続き

    もう30年も前のことだが、ある事件に関連し…

     もう30年も前のことだが、ある事件に関連し横浜・関内の盛り場を取材したことがある。その時、赤提灯の露地で小学生ぐらいの子供たちとよく出くわしたのには驚いた。

     夜、子供たちが平気で親と一緒に飲み屋へ入っていく。親たちが一杯飲むその傍で、子供たちが寿司を食べたり漫画を読んだり、何か用を足しに外に出てまた帰ってきたりする。

    0
    続き

    フィリピン南部でアブサヤフ掃討作戦

     フィリピン国内最大のイスラム武装勢力のモロ・イスラム解放戦線(MILF)と政府の和平枠組合意により、安定化しつつあるフィリピン南部情勢だが、その他のイスラム過激派や共産ゲリラなどの反政府勢力の活動は依然として続いており、現地の住民や企業、外国人滞在者にとって大きな脅威となっている。特にイスラム過激派のアブサヤフは、外国人などを狙った身代金目的の誘拐を繰り返しており、国軍が掃討作戦に力を入れている。(マニラ・福島純一)

    0
    続き

    心が躍る、夏の風物詩「浅草サンバカーニバル」

     夏の風物詩「浅草サンバカーニバル」が29日、東京都台東区で行われた。

     34回目の今回は計23団体の約5000人がパレードに参加。雷門で有名な浅草寺周辺の沿道にはあいにくの雨の中、大勢の観客が集まり、大歓声を上げた。

     同区の会社員生井清志さん(27)は「心が躍る。見入ってしまって食事やトイレに行けない」と笑顔を見せた。

    0
    続き

    農水省、「ドローン」活用へ基準を作成

     農薬散布など農業への小型無人機「ドローン」の活用に関心が高まっている。現在使われている産業用無人ヘリコプターに比べると、「導入費用が安く、作業の効率化が見込める」(北海道の農業関係者)という。

     専業農家の減少や農業者の高齢化を背景としたドローンの普及を見込み、農林水産省は年内にも農業向けの運用基準を策定する方針だ。

    1
    続き

    谷井孝行が歴史刻む表彰台、荒井と誓ったメダル

     猛暑のサバイバルレース。32歳の谷井が50キロを耐え抜き、日本の競歩の歴史に名前を刻んだ。過去5度の世界選手権では届かなかった表彰台。「メダルを狙ったレースができた。やり切った」と感慨に浸った。

     「僕は粘ることは得意」と高温多湿のレースに適応。序盤から2位グループに加わり、20キロ付近で集団がペースアップしても問題なく付いた。

    0
    続き

    ルービックキューブ世界最速記録保持者が来日

     ルービックキューブ日本発売35周年を記念したイベント「ルービックキューブデー2015」(日本ルービックキューブ協会主催)が29日、東京都江東区のパナソニックセンター東京スタジオで開催され、ルービックキューブ世界最速記録(5秒25)保持者のコリン・バーンズさん(16)が米国から来日した。30日まで。

    0
    続き