■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 7月, 2015のデータ一覧

    不十分な北朝鮮の歴史と現実情報

    韓国紙セゲイルボ

     高麗王仁宗(インジョン)(在位1123年~46年)の命によって、金富軾(キムブシク)が「三国史記」を書いたのは、高句麗、新羅、百済の領地を統治することになった高麗王朝として、統一国家の政治を遂行する上で、各々異質だった地域と人に対して深層から理解する必要からだった。

    0
    続き

    司法の前に無力な国民

    地球だより

     米連邦最高裁は先月、合衆国憲法には結婚について何も書かれていないにもかかわらず、同性婚を憲法上の権利と認め、全米50州で合法化させた。同性婚反対派が批判するように行き過ぎた「司法積極主義」の印象は否めない。米社会における最高裁の絶大な影響力を示す最新事例となった。

    0
    続き

    安倍首相、福島の桃「食べて応援を」

     安倍晋三首相は30日昼、首相官邸で福島県産の桃をPRする「ミスピーチ」の片桐彩花さんらの表敬を受けた。

     今が旬の桃を試食した首相は「甘くてジューシー」と絶賛。東京電力福島第1原発事故の風評被害にも触れ、「農家の皆さんを応援したい。被害を払拭(ふっしょく)して、全国の皆さんに食べてもらいたい」と安全性のアピールに努めた。

    0
    続き

    「セサミストリート」45周年イベントが開幕

     米国で誕生した子供向け人気教育番組「セサミストリート」の45周年記念イベントが30日から、東京・日本橋の高島屋で始まった。主催者側は5万人の来場を見込んでいる。

    0
    続き

    映画「バケモノの子」

     日本アニメ界の巨匠、宮崎駿監督が引退を表明し、ポスト宮崎を巡って注目を集めているのが細田守監督。「時をかける少女」「サマーウォーズ」を手掛けたのち、4年前に映像製作会社スタジオ地図を設立し「おおかみこどもの雨と雪」を発表した。その卓越した脚本と色彩・演出によって世界の映画祭でさまざまな賞を受賞してきた。  現在公開中の「バケモノの子」は、その宮崎の淡い色彩を踏襲した、力強く優しさあふれる物語で多くの人々の心をひきつけている。

    0
    続き

    沖縄の「言論空間」 真実知る機会閉ざされる

     本誌の「ビューポイント」の執筆陣に今月から加わった元在沖縄米軍海兵隊政務外交部次長で、現在エルドリッヂ研究所代表のロバート・D・エルドリッヂ氏が複数の月刊誌のインタビューを受け、また自身の論考を寄せている。たとえば、「米軍ヘイト報道が奪う沖縄の未来」(「正論」8月号)、「沖縄が分離してもいいのか」(「Voice」8月号)などがある。

    0
    続き

    「ジャパン・タイムズ」の偏向 政府の広報外交力問われる

     「正論」8月号の論考で、ロバート・D・エルドリッヂ氏が「自浄作用のないメディアをチェックすべきだ」と訴えたのは、沖縄の地元紙についてだけではない。英字紙「ジャパン・タイムズ」の報道姿勢も批判している。「毎日のように普天間飛行場近くで海兵隊員に汚い言葉を投げつける『プロ市民』の実態を指摘したことで、なぜか個人攻撃を受けたこともある」と、自身の体験を披露した。

     ジャパン・タイムズの偏向報道については上智大学名誉教授で弁護士の花見忠氏が「WiLL」9月号に、論考「朝日新聞よりひどいジャパン・タイムズの反日、侮日報道」を寄せている。

    0
    続き

    北陸ベンチャーの落日 雪国まいたけの悲劇に学ぶ

     北国のベンチャー企業で知られる「雪国まいたけ」が、近年、お家騒動で揺れている。最近もこんな派手な出来事を、越後の里から伝えてきた。

     それはさる6月27日のこと―。同社は新潟・南魚沼市のホテルで株主総会を開いた、それは朝から波乱含みの様相で、まず創業者で前社長の大平喜信が手を上げ口火を切る。それは議長の座を求める発言だった。

    0
    続き

    長野市で七夕飾りの中に安全保障関連法案…

     長野市で七夕飾りの中に安全保障関連法案などに反対する垂れ幕を設置したものの、市民の批判が寄せられた市からの連絡を受け、設置者が撤去するという珍事が起こった。

     七夕祭りでこうしたことをするのは異様な話で、祭り全体が特定の政治思想に従って行われたと誤解される可能性もある。もっとも市は批判があったことを伝えただけで、撤去を要請したわけではない。

    0
    続き

    ミシェル夫人の過去 反米・反白人学生組織に所属

    再考 オバマの世界観(19)

     バレリー・ジャレット米大統領上級顧問と共に、オバマ大統領がシカゴで出会ったもう一人の「女性同志」がミシェル・オバマ夫人だ。

     オバマ氏がミシェル夫人に初めて会ったのは1989年。当時、ハーバード大学ロースクールの学生だったオバマ氏が、夏休みにシカゴの法律事務所でインターンをした時、指導役を務めた先輩弁護士がミシェル夫人だった。

    0
    続き

    北の「核保有国」化は容認できぬ

     イラン核協議の合意を受け、北朝鮮の核開発問題が世界の耳目を再び集め始めた。しかし、北朝鮮政府の高官らは相次いで核放棄を拒否する発言をしている。そこには核保有国の地位を世界に認めさせようという思惑がにじんでおり、国際社会は結束してこれを阻む必要がある。

     「遺訓事業」の核開発

    0
    続き

    シベリウスの誕生150周年

     フィンランドが世界に誇る作曲家、ジャン・シベリウスの生誕150年を記念し、今年、フィンランド国内はもちろんのこと、国外においても様々なイベントが催されている。

     シベリウスは、1865年12月8日、首都ヘルシンキの北100キロの都市、ハメーンリンナで誕生した。シベリウスといえば、国外においては7曲の交響曲や第2のフィンランド国歌とも言われる「フィンランディア」などの作品でよく知られている。 

    0
    続き

    臨機応変な実用主義で対日外交を推進せよ

    韓国紙セゲイルボ

     韓日国交正常化50周年記念行事に両国首脳が参加することで、韓日関係に解氷ムードが流れた。しかし、ユネスコ世界遺産登録では日本側が強制労働を認めず、対立が再発したことで、安倍晋三首相の戦後70年談話内容への期待感は引き下げられている。

    0
    続き

    オバマ政権の対「イスラム国」戦略に批判強まる

     米軍主導の有志連合が昨年8月に過激派組織「イスラム国」(IS)への空爆を開始してから、まもなく1年。これまでに約5000回の空爆を実施したものの、ISは支配地域を広げるなど掃討作戦は大きな成果を上げているとは言えず、オバマ政権の対IS戦略に批判が強まっている。(ワシントン・岩城喜之)

     「我々は(ISとの)戦いに敗れつつある」

    0
    続き

    御嶽山で9カ月ぶりに捜索を再開

     57人が死亡し戦後最悪の火山災害となった御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火で、長野県は29日、行方不明者6人の捜索を約9カ月ぶりに再開した。期間は10日程度を見込み、県警や消防など後方支援を含め約600人態勢で臨む。初日の捜索は午前8時ごろ始まったが、天候悪化のため約4時間で終了。不明者は発見できなかった。30日も捜索する方針。

    0
    続き

    東京や神奈川の小学生20人が宅配を学ぶ

     小学生が物流の仕組みや、働くことについて考える職業体験プログラム(佐川急便など共催)が29日、東京都江東区の佐川急便東京本社で行われた。

     東京や神奈川などの関東圏から小学生20人が参加。また過去にこのプログラムに参加し、現在高校、大学生になった若者たちがボランティアスタッフとして手伝った。

    0
    続き

    歌舞伎の市川海老蔵さん、成田市を「御案内」

     「成田屋」の屋号で知られる歌舞伎市川宗家の市川海老蔵さんが29日、千葉県成田市の「御案内人」に就任し、同日午前、市内で任命式が行われた。3年の任期で、市の魅力や日本の伝統文化を内外に発信するイベントに参加する。

    0
    続き

    日本生命が都市対抗野球で激闘制して4度目V

     五回途中から9イニング余りを投げ抜いた藤井貴が最後の打者を投ゴロに打ち取る。その右腕を中心に日本生命ナインの歓喜の輪ができた。決勝では最長に並ぶ延長十四回の激闘を制し、就任2年目の十河監督は「勝利への執念が、うちの方が少し勝ったのかな」。

    0
    続き

    豪雨一過、照り付ける日差しの中を避難

     27日、パキスタン東部パンジャブ州で、豪雨が明けて照り付ける日差しの中、洪水の被災地から避難する人々。

     豪雨による被災者は、災害当局によるとパンジャブ州だけで20万人に上る。(EPA=時事)

    0
    続き

    ゴルバチョフ氏の新回想録

    日本対外文化協会理事 中澤 孝之

     ノーベル平和賞受賞(1990年)のミハイル・ゴルバチョフ氏(1931~)は、91年末のソ連解体直後に大統領職を辞した。その後、設立した「ゴルバチョフ財団」を基盤にして執筆や講演をこなしてきた。国際「緑の十字」会長として国際環境保護活動も積極的に展開、近年は病気がちながら各国を飛び回っている。

    0
    続き

    瀋陽を思う

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     瀋陽は遼東の中心部だ。西に遼河、南に太子河が流れ、渾河は瀋陽を横切っている。三つの河の名前は外来語表記法に従って、それぞれリャオホ、タイツホ、フンホと呼ぶ。本当に複雑にしてしまった。地名、河の名前を全て中国語の発音だけで表記するので、わが国の歴史に登場する北方の地名は死語になりつつある。瀋陽(シミャン)、遼河(ヨハ)、太子河(テジャハ)、渾河(ホナ)…。こんな名前は韓国史の試験の時に1度ぐらい使う“試験用語”になってしまった。

    0
    続き

    皇后陛下、心筋虚血の疑い

     宮内庁は29日、皇后陛下について、心臓の筋肉に血流が不足する心筋虚血の疑いがあるため、8月9日に東大病院で冠動脈のコンピューター断層撮影(CT)検査を受けられると発表した。

    0
    続き

    Obama denies sacrificing Kurds to gain Turkey’s help in Islamic State fight クルド人犠牲に対「イスラム国」でトルコの協力獲得か、米政府は否定

    Turkey has finally entered in force into the U.S.-led fight against the Islamic State group, but the move also has exposed the contradictions and confusion at the heart of U.S. policy, with the Obama administration struggling Monday to balance its promises to warring allies in the region and to prevent a deeper U.S. ground force engagement in the fight.

    0
    続き