■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 6月, 2015のデータ一覧

    テロに動揺するパリ市民

    地球だより

     パリで1月にテロが発生して半年、またもフランスでテロ事件が起きた。1月にパリで起きたテロは、風刺漫画週刊紙シャルリエブドの編集部とパリ郊外のユダヤ食料品店が襲撃され計17人が犠牲となった。そして今回は仏南東部リヨン郊外の米系企業のガス工場で爆発テロが起き、1人が残虐な方法で殺害され、2人が負傷した。

    0
    続き

    日本相撲協会、名古屋場所の新番付を発表

     平成生まれ初の大関となった照ノ富士は新番付に載ったしこ名を指さし、「自分の名前が大きくなってうれしい」と笑顔を振りまいた。名古屋場所に向け、「大関の地位は、横綱と優勝争いをしなきゃいけない。当然それを目指して頑張ります」と威勢よく宣言した。

    0
    続き

    安倍首相「男性の育休取得の雰囲気醸成を」

     安倍晋三首相は29日、男性の育児休暇取得を官民共同で促進する「さんきゅうパパプロジェクト」メンバーである岡本国衛経団連副会長、内堀雅雄福島県知事の表敬を受けた。首相は「一番大きなものは職場の雰囲気。企業にとっても中長期的にはプラスになるという認識を持つことが必要だ」と語った。

    0
    続き

    チェス「多面指し」総対局数で、世界記録達成

     ハンガリーの87歳の女性が28日、一度に複数の相手とチェスを指す「多面指し」の総対局数で、1920年代に活躍したキューバのチェス名人を上回り、世界記録を達成した。

    0
    続き

    「ソーラー・インパルス2」が名古屋空港を離陸

     太陽電池だけで初の世界一周を目指しているスイスの飛行機「ソーラー・インパルス2」が29日午前3時すぎ、予定外で駐機していた愛知県営名古屋空港(同県豊山町)を離陸した。翼の修理が完了し、天候に問題がないと判断したためで、米ハワイまでの太平洋横断を目指す。

     ハワイまでの飛行は行程で最難関となり、5日間かかるとみられている。

    0
    続き

    米マイアミでスター・ウォーズに乾杯

     25日、米フロリダ州マイアミで開かれたポップカルチャーの祭典「フロリダ・スーパーコン」で、映画「スター・ウォーズ」のキャラクターに扮(ふん)したファンたち。(AFP=時事)

    0
    続き

    両陛下、海保船長ら招き茶会

     天皇、皇后両陛下は29日午後、4月に戦没者慰霊のためパラオ御訪問の際に尽力した人たちを皇居・宮殿に招き、茶会を催された。

     出席したのは安倍晋三首相や外務省、厚生労働省などの関係者約330人。両陛下が宿泊された海上保安庁の巡視船「あきつしま」の船長らも招かれた。

     天皇陛下は出席者を前に「皆さんに対し深く感謝いたします」とねぎらいの言葉を述べ、グラスを手に懇談された。

    0
    続き

    ヒョウタンから学んだこと

    歴史家 金子 民雄

     ヒョウタンが実る季節を迎えた。プラスティック製品が世界に蔓延してしまった現代では、ヒョウタンなどと言ったところで気にもかけない人が多いだろう。第一これが植物なのか知らない人も、きっといるにちがいない。「瓢箪(ひょうたん)から駒」、「ひょうたん鯰(なまず)」などといった日本の諺はあるものの、もうこんな古くさい譬え話など、いまではめったに聞くこともない。

    0
    続き

    百田氏の軽口を朝日が“言論弾圧”にすり替え沖縄紙が呼応する騒動

     テレビに「秘密のケンミン・ショー」というバラエティー番組がある。その地方だけの行事や習慣を紹介する企画で、なぜだか大阪がよく登場する。マイクを向けると、ノリよく喋(しゃべ)ってくれ、話が盛り上がるからか。

    0
    続き

    「新聞をなくして政府を残すべきか、政府を…

     「新聞をなくして政府を残すべきか、政府をなくして新聞を残すべきか、そのどちらかを選ばなければならないとしたら、私はためらうことなく後者を選ぶだろう」という言葉を米国の第3代大統領のトーマス・ジェファーソンが残している。

     ジェファーソンは一方で、当時の新聞の実態を厳しく批判している。「わが国の新聞がたどってきた堕落した状態、執筆者たちの悪意ある言動、下劣な品性、偽りに満ちた精神を遺憾に思う」とも語った。

    0
    続き

    「中立性の原則」を破った潘基文氏

     米連邦最高裁判所が26日、同性婚を合憲と認めた、というニュースが流れると、バチカン放送は「悲劇的な過ち」と批判した米国カトリック教会司教会議のコメントを掲載する一方、「米国の勝利だ」と述べたというオバマ米大統領のメッセージも伝えた。立場と信念が異なれば、評価も異なるが、同性婚問題で一方は「悲劇的ミス」と評し、他方は「米国の勝利」と称えたのだ。これほど好対照な評価は珍しい。

    0
    続き

    児童ポルノ、子供を守る決意新たにしたい

     児童ポルノの「単純所持」に対して来月15日から、罰則が適用される。所持を容認するわが国には、児童買春・児童ポルノ禁止法の成立当時から国際的な批判が出ていたが、これで児童ポルノ撲滅への努力は一歩前進することになる。これを契機に、この卑劣な犯罪から子供を守る決意を新たにしたい。

    「単純所持」に罰則適用

    0
    続き

    存在感揺らぐ国際都市 国際機関の転居話相次ぐウィーン

     音楽の都ウィーンはベートーベン、シューベルト、モーツァルトなど大作曲家の足跡が残る街だが、同時に、国連を含むさまざまな国際機関の本部がある国際都市だ。そのウィーンの国際都市としての評判が揺れだす気配が見え始めたのだ。(ウィーン・小川 敏)

    0
    続き

    広がるソフトパワーで存在感増す台湾(下)

     ひと口にソフトパワーといっても一朝一夕になるものではない。独自のソフトパワー形成の背景には、当然、長い歴史の上に積み重ねられた伝統文化や国民的気質の存在が不可欠だ。東アジアの一角に位置する台湾もまた今、悠久なる歴史の中でソフトパワーを増幅させ、独自の発展と繁栄を遂げようとしている。そのソフトパワーの源を探ってみた。(湯朝 肇)

    0
    続き

    拳銃社会

    地球だより

     せんだってタイのカムロンウィット前首都圏警察長官が成田空港で拳銃所持により逮捕された。これに関しプラチン運輸相は、前長官の出国時にスワンナプーム空港の検査では手荷物から拳銃は見つかっていなかったと説明した。

     なお前長官が捕まったのは、入国時ではなく入国して数日後に帰国しようとして成田国際空港で手荷物から拳銃と実弾が見つかったからだ。

    0
    続き

    ガラス吹きや絵付けなど、涼を求めて風鈴作り

     本格的な夏の到来を控え、江戸風鈴の篠原風鈴本舗(東京都江戸川区)ではガラス吹きや絵付けなどの製作体験が人気を集めている。

     絵付けではガラスに色とりどりの絵を描いて自分だけの風鈴を作ることが出来る。

     参加した小学6年生の田中萌奈未さん(11)は「家で(音色を)聞くのが楽しみ」と笑顔で話す。

    0
    続き

    さよなら「たま駅長」、貴志川線貴志駅で社葬

     和歌山電鉄は28日、ネコの駅長として人気を集め、22日に16歳で死んだ貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)の「たま」をしのぶ社葬を同駅で開いた。関係者やファンら約3000人が駆け付け、「招き猫」として乗客の増加に貢献した功績に感謝した小嶋光信社長は「鉄道だけでなく、多くの人に喜びや幸せを与えてくれた。たまちゃんの精神はずっと生き続けるので、一緒に頑張りたい」と弔辞を述べ、「名誉永久駅長」の辞令を交付した。社葬には和歌山県の仁坂吉伸知事や和歌山市の尾花正啓市長も参加した献花台にたまへの手紙を供えた同市の奥野柊斗君(5)は「『たまちゃん長生きしてくれてありがとう』と書きました」と話した。同電鉄によると、8月11日にたまを「大明神」として同駅内の神社に祭る予定という。

    0
    続き

    経産省、スマホ向け日本酒の無料アプリを開発

     経済産業省は、日本酒の瓶のラベルにスマートフォンをかざすと、アルコール度数や使用しているコメ、蔵元に関する情報などが読み取れる無料アプリを開発する。日本文化を海外に発信する政府の「クールジャパン戦略」の一環で、情報は日本語に加えて英語でも表示し、輸出拡大につなげる。10月中の完成を目指しているアプリはまず10銘柄程度を対象に実証実験した上で、2016年度以降に他の銘柄へも拡大する。同省によると、国内に現在ある日本酒銘柄は1700~1900程度。国内の日本酒用ラベルの7割を製作する高桑美術印刷(金沢市)が協力し、必要な情報をラベルに載せることになっており、同省の担当者は「1000銘柄以上を対象にしたい」と話す度数、コメ、お勧めは「熱かん」か「冷や」かなど銘柄自体に関する情報に加え、蔵元がある地域の情報も提供。酒造りのストーリーが分かる動画も表示できるようにする予定で、海外から現地への誘客も狙うワインのラベル表示の内容が使用するブドウ品種や産地など統一されているのと異なり、日本酒のラベル表示内容はばらばら。さらに用語の定訳もないことが、海外での販売促進の障害になっていた。同省は国税庁の協力を得て、訳語の整理を進めており、アプリで情報発信の統一を図る。

    0
    続き

    10ヘクタールの田んぼに巨大なヤギ

     25日、中国遼寧省瀋陽市の田んぼで3D(3次元)のように浮かび上がる巨大なヤギ。

     異なる色や種類の苗を植えることで、立体的に見せる工夫をしている。10ヘクタールの田んぼでは動物や人物など合わせて13の図案が楽しめる。(EPA=時事)

    0
    続き

    バランス感覚を失う日本人

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     かつて国際政治学者の高坂正堯先生は、その著書「国際政治」で勢力均衡について「均衡という考え方は、ただ国際政治において使われるだけでなく、国内政治においても使われる。それだけでなく経済においても医学においても使われている。人間の身体を構成する多くの器官が均衡を保ててこそ人間は健康であると考えられるし、経済についても均衡が破壊されることが種々の弊害を引き起こすと見られる」と述べた。更に先生は「国際政治における勢力均衡は、その目的として各国の独立の維持と無秩序の状態(即ち全体戦争)の回避という二重の目的を持っていた」と記している。

    0
    続き

    秋田県立美術館がアートスクール 多彩な内容に多くのリピーター

     秋田県立美術館(秋田市)がアートスクールを定期的に開催している。平成26年(2014年)度は5回開いた。秋田県出身の幕内力士・豪風のデッサンや粘土での表現、電気スタンド制作など各回とも多彩な内容だ。募集人数は小学生以上一般の20人だが、リピーターも多い。アートスクール「ぼくの森わたしの森」を取材した。(伊藤志郎)

    0
    続き

    秋篠宮殿下御夫妻、御結婚25年

     秋篠宮殿下御夫妻は29日、御結婚から25年を迎えられた。宮内庁を通じて文書で感想を公表された。御夫妻が対談形式で25年を振り返られる異例の形で、「ほとんど言葉に出さないので不満かもしれませんが、感謝の気持ちもきちんともっています」(秋篠宮殿下)、「お役にたっておりますなら幸せです」(紀子殿下)と感謝の言葉を述べ合われた。

    0
    続き