■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 5月, 2015のデータ一覧

    中南米の新貿易ルート狙う中国

     昨年7月の習近平国家主席歴訪に続き、中国の李克強首相は18日から26日まで中南米4カ国を訪問し、インフラ投資で関係を強化して浸透を図っている。キューバとの国交回復交渉を進める米国が中南米で拡大する親中路線を親米に引き戻そうとする米中争奪戦に乗じ、「米国の裏庭」と呼ばれる中南米各国は両天秤(てんびん)外交でインフラ整備と資源開発による巨額投資を引き出そうと外資獲得に重点を置いている。(香港・深川耕治)

    0
    続き

    今年で5回目、秋田市で「東北六魂祭」始まる

     東日本大震災からの復興と犠牲者の鎮魂を願い、東北6県の夏祭りが一堂に会する「東北六魂祭」が30日、秋田市で始まった。今年で5回目、被災3県以外での開催は昨年の山形県に続き2回目。31日まで行われる。

     今年のテーマは「輝」。「夕闇に輝く竿燈(かんとう)のように、東北の希望や実りが感じられる祭りに」との思いが込められた。

    0
    続き

    大分市、職員向け限定ポロシャツでクールビズ

     大分市は、若者らに人気のセレクトショップ「SHIPS(シップス)」と共同で、職員向けの限定ポロシャツを製作した。同社の三浦義哲社長が小学校時代を同市で過ごした縁で、市が企画を持ち掛けて実現。購入した職員は、5月から始まった夏場の軽装「クールビズ」で着用している。

    0
    続き

    三井アウトレット、マレーシアでモールを開業

     三井不動産とマレーシア現地企業との合弁会社が運営するモール「三井アウトレットパーク・クアラルンプール国際空港セパン」が30日、オープンした。三井が海外で手掛けるアウトレットモールは中国・寧波に次いで2カ所目で、東南アジアでは初進出となる。

     モールは首都クアラルンプール郊外の空港の敷地内にあり、フライトを待つ空港利用者や地域の消費者を中心に年間800万人の利用を見込んでいる。

    0
    続き

    コードレス式のスティック掃除機が人気

     コードレス式のスティック掃除機の販売が好調だ。コンセントにつながなくても使える上、弱点とされた吸引力はモーターの性能向上で大幅にアップ。ハンディー掃除機としてノズルを取り換えて、机の上や自動車の車内、布団にも使えるなど幅広い用途が人気を呼んでいる。

    0
    続き

    こんにちは、バスケットからひょっこりと

     27日、ドイツ北部ニーダーザクセン州の野生動物公園で、生後2週間を迎えたユキヒョウの子ども。

     バスケットからひょっこり顔を出す姿が愛くるしい。(EPA=時事)

    0
    続き

    政府観光政策の後押しで増える中国人客のマナー提起した「新報道」

     円安メリットのうれしい悲鳴が観光業界から聞こえるようになった。ただ、その悲鳴も客数がサービスの対応能力を超えてしまうと本物の悲鳴になりかねない。

    0
    続き

    「草笛や雲の流れはほしいまま」(楠本憲吉)…

     「草笛や雲の流れはほしいまま」(楠本憲吉)。自然が遊び場だった気流子の少年時代、野山の草が食べ物になったり、楽器となったりした。「草笛」は、そんな玩具の一つで、そこらに生えていた草をむしり取って口に当て、適当な音階で吹いて遊んだ。

     草笛を吹くと、どこかもの悲しい気分になった。ビブラートの効いた音のせいかもしれない。おなかが空けば、田畑のあぜ道などに生えているスカンポの赤い茎を折り取って噛むと酸っぱい味がした。

    0
    続き

    両陛下傘寿記念の古式馬術、三権の長らと観覧される

     天皇、皇后両陛下がともに80歳の傘寿を越えられたことを記念して、平成以降の三権の長や閣僚らを招いた古式馬術の観覧会が30日午後、皇居の埒(らち)馬場で開かれた。

     両陛下は、安倍晋三首相や衆参両院の正副議長、最高裁長官のほか、元首相ら計160人らとともに日本に古くから伝わる馬術を楽しまれた。

    0
    続き

    大訪中団歓迎に騙されるな

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     中国はまたもや日本を騙(だま)そうとしている。3000人の大代表団を率いて北京を訪問した二階自民党総務会長たちの歓迎会に習近平主席自ら出向き、「日中関係発展を重視する基本方針は終始変わらず今後も変わらない」と述べたことで、一部の日本の政治家や言論人、マスコミはほっと安堵(あんど)を覚える形で中国は日中関係の改善に意欲を示していると評価し、中国側が一歩譲ってきたような解釈をしている。

    0
    続き

    突然の噴火に備えの充実を

      鹿児島県・口永良部島の新岳(標高626㍍)の噴火はきのう午前11時前には停止したもようだ。  だが今後、同規模の噴火が起こる可能性もあり、引き続き厳重な警戒が必要だ。

     避難訓練実施が奏功

     29日の新岳の噴火は、噴煙が火口上空9000㍍まで上昇し、全方位に火砕流が発生、一部は北西約2㌔の海岸に達した。火口付近では約1㍍の噴石が確認された。

    0
    続き

    「美しくなるビアガーデン」がオープン

     今年で開店90周年となる松屋銀座(東京都中央区)の屋上で28日、「ソラトニワGINZA 美しくなるビアガーデン」のオープニングレセプションが行われた.

    同店は会社帰りのOLや買い物に訪れた女性客の来店を見込んだユニークなメニューをそろえる。ビールのほかに、コラーゲンを使ったカクテル、銀座で採れたハチミツを使用したデザートやドリンクも提供する.

    0
    続き

    王貞治氏が甲子園で始球式、アマとの懸け橋に

     創設100年を迎える今夏の甲子園で始球式を務めることになったソフトバンクの王貞治球団会長は、今後の発展を願い、「もう一つ弾みをつけられたら」と語った.

    0
    続き

    日本郵便、物流大手へ船出

     日本郵便によるオーストラリア物流大手トール・ホールディングス買収が28日、完了した。国際物流大手への脱皮を目指し、世界的な物流拠点網を持つトールの融合を急ぐ.

    0
    続き

    激しい火山爆発に続いて立ち上る圧倒的な…

     激しい火山爆発に続いて立ち上る圧倒的な量の黒々とした噴煙。鹿児島県・口永良部島の新岳の噴火映像は、大自然の計り知れない威力をまざまざと見せつけた。これを、近くで体験した島の人々は、どうだったろう。この世の終わりと思ったとしてもおかしくない。

     噴火が起きたのが昨日の午前9時59分。それから7時間半後の午後5時半、住民ら島にいた人々137人全員がフェリーなどで隣の屋久島に避難した。噴火の熱風で男性1人が軽い火傷を負うだけで済んだのは、まさに不幸中の幸いと言っていい。

    0
    続き

    U.S. allies not waiting for Iran’s sanctions to come down イランの制裁解除が待てない米同盟国

    Italian oil executives visit Tehran, scouting out deals. French farmers and fisheries discuss technological exchanges with their Iranian counterparts. Pakistan prepares to lay down a major oil pipeline through Iran, while rival India opens talks with Iranian officials about developing a major port in the Gulf of Oman to ship Indian goods to Afghanistan.

    0
    続き

    空き家対策の特別措置法の積極活用へ発想の転換を

     空き家対策の特別措置法が施行された。

     これに合わせて国土交通省は、周辺環境に悪影響を及ぼし撤去命令の対象となる「特定空き家」の判断基準を示したガイドラインを公表した。空き家対策が本格的に動き出すことを期待したい。

    全住宅の7軒に1軒

     空き家は住宅の供給過多や地方の人口減などを背景に増加し、大きな社会問題となっている。一昨年10月の時点で820万戸に達し、全住宅の7軒に1軒が空き家という状況だ。

    0
    続き

    韓日中首脳会談の定期開催

    韓国紙セゲイルボ

     韓半島をめぐる国際情勢が激動している。1999年から毎年定例的に開かれていた韓日中首脳会議が12年5月の会議を最後に開催されていない。特に12年12月、日本で第2次安倍内閣がスタートして以後、靖国神社参拝で冷却した3国関係は領有権問題、軍慰安婦強制動員否定および独島(竹島)領有権主張などで、なかなか解氷の兆しを見せていない。

    0
    続き

    北でも「3度目の正直」は本当?

     北朝鮮朝鮮中央通信(KCNA)は9日、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の水中発射実験に成功したと報じだが、米国や韓国から早速、「実験に成功しておらず、SLBMの開発レベルに過ぎない」という懐疑的な反応が聞かれた。そこで北は27日、SLBMの水中発射実験を映した動画を公開して、「それ見たことか」と胸を張った直後、今度は「その動画はユーチューブに掲載された米国のSLBM発射場面を編集したものだ」という声が上がってきた。

     韓国の聯合ニュースによると、「北朝鮮が公開した動画は、画面の構図や背景、ミサイルの様子などから、ユーチューブに掲載されている米のSLBM『トライデント1』の水中発射シーンと同様のものとみられる」と報じている。北がSLBM発射実験成功に拘るのは、「米国の核の傘を無効にし、米本土への直撃が可能となることで、米国の安全を脅かすことが可能となる」からだという。    それにしても、北側が大成功と誇示する度に、米国からその真偽を疑う声が飛び出してくるのだが、そのパターンは今回も同じだ。想起してほしい。北は1998年8月、最初の試験衛星「光明星1号」を打ち上げ、宇宙軌道に乗せたと主張したが、同衛星から信号がキャッチできないこともあって、国際社会は「北朝鮮の初の人工衛星打ち上げ成功」説を否定した。そこで北は2009年、再び人工衛星「光明星2号」の打ち上げに成功したと表明し、宇宙から革命讃歌「金日成将軍の歌」や「金正日将軍の歌」が流れていると報じた。しかし、国際機関が北の人工衛星を必死に探したが、見つからなかった。人工衛星から発信される信号をキャッチできない場合、その人工衛星は墜落したか、軌道に乗らなかったことになる。

    0
    続き

    両陛下、こどもの国式典に

     天皇、皇后両陛下は28日午後、横浜市青葉区の自然公園「こどもの国」を訪れ、開園50周年記念式典に出席された。

     天皇陛下は式典で、「この『こどもの国』が、自然に恵まれた遊びの広場として多くの子供たちに愛され、ここで育まれた経験が子供たちの人生を豊かにしていくことを願い、お祝いの言葉といたします」と述べられた。

    0
    続き

    宝生流能楽師の辰巳氏が「平和」の舞を披露

     エルサレムの植物園で27日夜、宝生流能楽師の辰巳満次郎氏による能の特別公演が行われた。辰巳氏は「世界の聖地エルサレムで、世界の平和を祈るためにやってきた」と語り、暗闇の中に浮かぶ舞台の上で「平和」の舞を披露した。

    0
    続き

    なでしこがイタリアを下す、大儀見が決勝点

     点差は1点でも試合を支配した時間は圧倒的に長かった。なでしこジャパンがイタリアを1-0で下し、W杯本番前の最後の一戦で白星。本大会に大きな弾みをつけた。

    0
    続き

    ふじ同窓会の新垣道子会長「広く知って」

     太平洋戦争末期の沖縄戦で傷病兵の看護などに当たった女子学徒らの姿を描いた短編ドキュメンタリー映画「ふじ学徒隊」が、戦後70年となるのを機にDVD化された。制作した「海燕社」が28日、那覇市内で発表した。

    0
    続き