■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 4月, 2015のデータ一覧

    混迷の度増すイエメン情勢

     イエメン情勢が混迷の度を増している。首都サヌアを占拠し、ハディ暫定大統領を辞任に追い込んだ、イランの支援を受けるイスラム教シーア派ザイド派のフーシ派の壊滅を目指し、同大統領の復権を意図して空爆を開始したはずのサウジアラビア主導の連合軍は4月21日、突如、空爆終了を宣言、政治解決へと方針を転換した。しかし、その後すぐ、空爆を再開するなど、迷走状態が続いている。(カイロ・鈴木眞吉)

    0
    続き

    国民が期待する鉄道インフラの安全確保を

    韓国紙セゲイルボ

     セウォル号惨事から1年が過ぎた。深い傷は相変わらず社会の各所に残っている。いま私たちができる最善のことは、再びセウォル号のような事故が発生しないよう、韓国社会全般の安全を振り返ってみることだ。特に、鉄道は多くの人員を一度に輸送する大型交通手段であり、より徹底した安全点検と予防が必要だ。

    0
    続き

    中国にへつらう国益毀損者

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     日本には中国共産党の権力者と会うことに熱心で、神仏を拝むくらい御利益があると信じている人たちがいる。村山談話、小泉談話を繰り返すことにも題目を唱えるほどのご加護があると信仰している人もいる。その人々にはどうやら真の中国を見ることよりも、自分たちが見たい中国しか目に入らないようである。最近のアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加についても、日本はバスに乗り遅れないようにと騒いでいる。

    0
    続き

    グエン・ドク氏「未来へ向かっていきたい」

     「過去を振り返るのではなく、未来に向かっていきたい」。1975年4月30日のベトナム戦争終結から40年。結合性双生児「ベトちゃんドクちゃん」の弟グエン・ドク氏(34)は、サイゴンが陥落して改名されたホーチミンのツーズー病院で、自分に言い聞かせるように話した。

    0
    続き

    東京・日本橋に「日本橋ふくしま館MIDETTE…

     東京・日本橋に「日本橋ふくしま館MIDETTE(ミデッテ)」がある。福島県の情報発信の拠点として昨年4月12日にオープン。今月10日には1周年の記念行事が開かれた。

     当初の目標は年間20万人だったが、その倍近い39万人が来館した。取り扱っている商品は日本酒や果物、工芸品など特産品2500点で、年間の売り上げは目標の3億円を上回り3億3000万円に上った。

    0
    続き

    白鵬、三役に復帰した逸ノ城をさばく

     大相撲夏場所(5月10日初日、東京・両国国技館)を控えた29日、横綱審議委員による稽古総見が東京・両国国技館で一般に公開して行われ、白鵬、日馬富士らが調整ぶりを披露した。

     約7000人が見守る中、白鵬は、三役に復帰した小結逸ノ城と8勝1敗。右四つがっぷりに組んで残したり、相手をさばいたりと、逸ノ城に稽古をつけるような内容だった。

    0
    続き

    官邸ドローン侵入/機体操縦電波の遮断技術の開発求めた産経、日経

     国家の中枢である首相官邸の屋上で小型無人ヘリコプター(ドローン)が落下していることが見つかった事件は、日本の危機管理やテロ対策警備などに重大な欠陥があることを浮き彫りにした。搭載容器から微量の放射性セシウムが検出されたドローンが見つかったのは今月22日だが、その後「官邸にドローンを飛ばした」として威力業務妨害の疑いで25日に逮捕された無職の容疑者(40)の供述から、ドローンを飛ばしたのは9日未明で、「反原発を訴えるため」であると分かった。他にも九州電力川内原発への侵入を計画していたことなどが分かるにつれ、こうした「悪意」への対策があまり取られていない深刻な実態が露呈した。

     官邸や警備当局はドローン侵入を全く察知できなかったが、それだけでない。ドローンは2週間近くも屋上に放置されていた。ドローンが微量でない放射性物質や爆発物、化学兵器を積載していれば、大惨事を引き起こす可能性も否定できない。早急な対応が急務である。

    0
    続き

    ムササビみたいな羽毛恐竜、飛膜広げて飛ぶ

     中国河北省のジュラ紀中・後期(約1億6000万年前)の地層から、現代のムササビのように飛膜で飛んだと推定される小柄な羽毛恐竜の化石が見つかり、新属新種に分類したと、中国科学院古脊椎動物古人類研究所などの研究チームが29日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

    0
    続き

    Bury the death tax 相続税を葬るべし

    The House of Representatives approved legislation last week to abolish the death tax, and the vote was not close – 240 to 179. Democrats joined Republicans for the first vote on the death tax in nearly a decade. This is an issue that must come up every year until the tax is killed permanently and decisively until it is graveyard dead.

    0
    続き

    ユニクロ、自作Tシャツをアプリ上で販売

     ユニクロはこのほど、オリジナルTシャツを作れるスマートフォンアプリ「UTme!(ユーティーミー)」でデザインしたTシャツを、アプリ上で販売できる新サービス「UTme!マーケット」を始めた。1枚売れると、出品者に300円が支払われる。

    0
    続き

    ロンドン・マラソンで走る電話ボックス?

     26日、ロンドン・マラソンで、赤い電話ボックスに仮装したランナーが登場し、見事ゴールを駆け抜けた。

     完走の喜びは誰に電話で伝える?(AFP=時事)

    0
    続き

    泰山のように重い人生

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     「和尚も孤独を感じる時がありますか」。崔仁浩(チェイノ)(作家)が尋ね、法頂(ポプチョン)(僧、いずれも故人)が答える。「もちろん。孤独を知らなければ人生が鈍くなるよ。しかし、孤独にとらわれてしまうと沈滞する。孤独は脇腹をかすめて通る風のようなものだね」

    0
    続き

    「世界の日米同盟」へ歴史的一歩 両首脳がアピール

     【ワシントン早川俊行】安倍晋三首相とオバマ米大統領は28日、ホワイトハウスで行われた首脳会談後の共同記者会見で、日米防衛協力の指針(ガイドライン)の再改定を踏まえ、アジア太平洋地域だけでなく世界の平和と安定に寄与する「世界の日米同盟」に向けて歴史的一歩を踏み出したと強調した。

    0
    続き

    日米首脳会談、同盟のグローバル化を歓迎

     安倍晋三首相はオバマ米大統領との首脳会談に臨み、アジア太平洋地域のみならず世界の平和と安定に貢献するため、日米同盟を強化していくことを確認した。

     日米連携のグローバル化を目指すものとして評価される。

     ガイドラインを改定

    0
    続き

    甘い香りのシャワー、「大藤」が見頃を迎える

     28日、栃木県足利市の「あしかがフラワーパーク」で名物の「大藤」が見頃を迎えている。暖かい日が続いて一気に開花し、5月の大型連休には満開となる見通し。

     頭上に広がる藤棚からはシャワーのように甘い香りが降り注ぎ、来園者は写真を撮ったりして楽しんでいた。

    0
    続き

    春の叙勲、石原慎太郎元都知事に旭日大綬章

     政府は29日付で、春の叙勲受章者4087人を発表した。今回最高位の旭日大綬章は、石原慎太郎元東京都知事(82)ら10人が受章した。女性は386人で全体の9・4%に上り、2003年の制度改正以降、最多となった。

     旭日大綬章にはこのほか、保利耕輔元自治相(80)、米倉弘昌前経団連会長(78)、岡村正前日本商工会議所会頭(76)、高木剛前連合会長(71)、漆間巌元官房副長官(70)らが選ばれた。

    0
    続き

    無印良品の米旗艦店、NYの5番街にオープン

     良品計画は9月、無印良品の米旗艦店をニューヨークの5番街にオープンする。世界有数のショッピングエリアへの出店でブランドの知名度向上を図る。米子会社「MUJI・USA」の嶋崎朝子社長が27日までに明らかにした。

    0
    続き

    デパート屋上に屋台風小型店舗とレストラン

     西武池袋本店(東京都豊島区)は28日、屋上に屋台風小型店舗10店とレストラン1店が軒を連ねる庭園を完成させた。570席の椅子やテーブルを備え、青空の下、緑に囲まれて料理を楽しむことができる。29日にオープンする。

     屋台風店舗では、ホテルオークラのオムライスやソフトクリームなど有名店の軽食を販売。レストランはイタリア料理やスペイン料理など、季節によって異なるテーマの料理を提供する。

    0
    続き

    沖縄県最大級のショッピングモールが誕生

     沖縄県最大規模のショッピングモール「イオンモール沖縄ライカム」が25日、沖縄本島中部の北中城村(きたなかぐすくそん)にオープンした。米軍ゴルフ場跡地に建設されたもの。

     売り場面積は7万8000平方メートルで、延べ床面積(立体駐車場含む)は東京ドーム3.5個分。テナント数は220店。エントランス近くには巨大水槽が設置されており、リゾート感あふれるつくりになっている。

    0
    続き

    松本哲治浦添市長が那覇軍港移設を容認

     浦添市の松本哲治市長は20日、記者会見を開き、米陸軍那覇港湾施設(那覇軍港)を浦添埠頭(ふとう)地区に移設する計画を受け入れることを明らかにした。日米両政府が合意した空軍嘉手納基地(嘉手納町)以南の米軍施設の統合・返還計画の前進が期待される。翁長雄志(おながたけし)知事は軍港移設を推進する一方で、普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に強く反対する姿勢は変わっていない。(那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き

    沖縄2紙の偏向報道を正す

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     1週間前に結成されたばかりの「琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会」の第1回大会が26日、浦添市で行われた。

     「従軍慰安婦」に関する捏造(ねつぞう)報道で朝日新聞が集団提訴されている中、県内2紙の偏向報道をただしてほしいという県民の声に応える形で同会が発足した。

    0
    続き

    わが国ではともすると老人が家に閉じこもり…

     わが国ではともすると老人が家に閉じこもりがちとなって、近年、隣近所とトラブルを起こすようなケースが増えている。『高齢初犯』(ポプラ新書)によれば、老人がキレ、事によると事件に至るのは、その社会的孤立が大きく影響している。

     老人をよく見掛ける喫茶店や図書館も社交の場ではなく、息をひそめるようにしていることが少なくない。若者や家族連れが楽しむゴールデンウイーク前後は“憂鬱の季節”である。

    0
    続き

    昭和の日、復興と繁栄の時代語り継ごう

     きょうは「昭和の日」。激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、日本の将来に思いを致したい。

     歴史認識示す戦後の歩み

     今年は戦後70年の節目の年に当たる。昭和初期は、6年に始まった満州事変から15年間は戦争の時代であった。その時代を語り継ぎ、振り返り、改めてその意味を問う作業が続けられている。

    0
    続き