■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 2月, 2015のデータ一覧

    実証と心をつなぐ交流と 「KANO」を観て感じたこと

     台湾映画「KANO」を観た。1931年、日本統治下の台湾から甲子園の全国中等学校野球大会に出場し、準優勝した嘉義農林学校の実話である。

     当時そのまま、せりふの90%が日本語で、台湾の出演者も懸命に日本語を話している。日本人、台湾人、台湾先住民の若者が民族の壁を越え、心をつないで甲子園の夢に挑んだ。同じ頃、八田與一(はったよいち)氏が台湾南部に東洋一のダムと用水路を建設し、100万農民を支えた実話も盛り込んでいる。

    0
    続き

    ウィリアム王子、英連邦戦死者墓地で献花

     日本を公式訪問中の英国のウィリアム王子(32)は27日午前、横浜市保土ケ谷区の英連邦戦死者墓地を訪れ、献花した。墓地には第2次大戦中に日本で死亡した英連邦の軍人ら約1800人が埋葬されており、王子は黙とうをささげた。

    0
    続き

    四代目中村鴈治郎さんが浅草寺で「お練り」

     昨年末に上方歌舞伎の大名跡を襲名した四代目中村鴈治郎さん(56)が27日、東京・浅草の浅草寺で「お練り」を行い、4月2日から歌舞伎座で始まる襲名披露興行の成功を祈願した。

    0
    続き

    錦織圭、粘り強く好調を維持、準決勝に進出

     第1セット第1ゲームからラリーの応酬。6度のジュースの末、錦織がブレークした。いきなり長いゲームになり、試合がもつれる雰囲気も漂ったが、終わってみればストレート勝ち。「1ゲーム目を取れてリラックスしていいテニスができた」

    0
    続き

    豪研究チーム、「ドローン」でコアラ探し

     オーストラリアのクイーンズランド工科大学の研究チームは26日、小型無人機(ドローン)を使って野生コアラを探し出す技術を開発したと発表した。絶滅も危ぶまれるコアラの生息数をより正確に把握できると期待されている。

    0
    続き

    尾を引く彗星、鮮明な画像を撮影

     謎の暗黒エネルギーの解明を目指す超高性能なデジタルカメラで、尾を引く彗星(すいせい)の鮮明な画像を撮影したと、米フェルミ国立加速器研究所が27日までに発表した。このカメラは南米チリの高地にある口径4メートルの望遠鏡に設置され、画素数が5億7000万ピクセルもある。

    0
    続き

    John Kerry’s shock claim: Cold War was simple compared with Islamic State fight 冷戦はイスラム国対策に比べればシンプル―国務長官

    Secretary of State John F. Kerry drew heat from from one Republican lawmaker Wednesday when he said the task of providing American leadership in the world is far more complicated today than it was during the Cold War era – particularly in the face of religious extremism emerging in the post-Arab Spring Middle East.

    Mr. Kerry said “the greatest generation” put the U.S. on “a course to win the battle against tyranny, dictatorship and to win the battle for democracy and human rights and freedom for a lot of people.” But given the complexities of today’s world, he said, “the Cold War was simple compared to this.”

    0
    続き

    両陛下、ウィリアム王子と昼食

     天皇、皇后両陛下は27日、来日した英国のウィリアム王子と皇居・御所で昼食を共にされた。午後には皇太子殿下御夫妻が東京・元赤坂の東宮御所で懇談された。

     正午ごろ御所に車で到着した王子は出迎えた両陛下と笑顔で握手し、「またお会いできてうれしいです」とあいさつ。引き続き訪れた東宮御所では皇太子殿下が玄関で出迎えて握手を交わし、雅子さまも交えて懇談した。

    0
    続き

    日本赤軍逮捕、苦い教訓をテロ対処に生かせ

     1986年にインドネシア・ジャカルタの日米両大使館に迫撃弾が撃ち込まれた「ジャカルタ事件」で、米国から強制送還された日本赤軍メンバー城崎勉容疑者が警視庁公安部に逮捕された。

    超法規的措置で釈放

     日本赤軍は過激派のテロ組織で、前身は共産主義者同盟赤軍派。71年にレバノン入りした重信房子受刑者らが、日本国内の赤軍派組織と一線を画し、名称を「日本赤軍」とした。

    0
    続き

    イスラム過激派のタリバンは2001年3月12日…

     イスラム過激派のタリバンは2001年3月12日、国際社会からの批判を無視して、予告通りにアフガニスタン、バーミヤン遺跡の大仏を破壊した。米国で9・11テロが起きたのは、それから6カ月後。今から振り返ると、これはイスラム過激主義の破壊活動の狼煙だったと言える。

     過激派組織「イスラム国」(IS)は、彼らの拠点とするイラク北部モスルの博物館で、収蔵品を破壊する映像をインターネット上に公開した。石像を引き倒し、ハンマーで無惨に打ち砕く映像だ。

    0
    続き

    不祥事多い米スポーツ界

    地球だより

     熱烈な巨人ファンだった子供のころから、新聞のスポーツ欄を読むのが大好きだった。そのせいか、米国の新聞を読む時も、スポーツ欄から目を通すのが習慣になってしまっている。

    0
    続き

    ウィリアム英王子が公式訪問のため初来日

     英国のウィリアム王子(32)が26日午後、日本公式訪問のため、羽田空港に到着した。3月1日までの滞在中、東京都内で各種行事に参加するほか、東日本大震災の被災地を訪れ、被災者と交流する。ウィリアム王子の来日は公私を通じて初めて。4月に第2子を出産予定のキャサリン妃は同行しなかった。

    0
    続き

    ケネディ駐日米大使、松本艶子さんに礼状

     ケネディ駐日米大使は26日、53年前に父のジョン・F・ケネディ大統領(当時)にひな人形を贈った北海道北見市の松本艶子さん(92)に対し、札幌総領事館関係者を通じて礼状を手渡した。贈り主はこれまで所在不明だったが、報道機関を通じて6日に判明していた。

    0
    続き

    J2横浜Cの三浦知良選手、「1点でも多く」

     サッカーJ2横浜Cの元日本代表FW、三浦知良が26日、48歳の誕生日を迎えた。練習後、横浜市内のクラブハウスで取材に応じた三浦は、ケーキと48本のバラに満面の笑み。「今季は1試合でも多く試合に出て、1点でも多くゴールを挙げられるよう全力を尽くしたい」とプロ30年目の抱負を述べた。

    0
    続き

    映画「サムライフ」

     不登校やひきこもりなど、学校教育の現場では、深刻な問題を抱えている。この映画の原作は、長岡秀貴著の同名の自叙伝で、地元・長野県で自分の学校を作り上げるという夢を実現させた教師の物語だ。

    0
    続き

    うつのみや大道芸フェスティバル

     栃木県宇都宮市の中心市街で、第8回うつのみや大道芸フェスティバルが3月14日(土)と15日(日)の二日間、開催される。

     地元の大道芸人たちが企画したイベントで、オリオンスクエア、東武宇都宮百貨店ほか、オリオン通り各所で、バルーンアート、パントマイム、ジャグリングなど総勢25組のパフォーマーが自慢の芸を披露する。

    0
    続き

    科技機構、細野秀雄東工大教授に知財貢献賞

     スマートフォンやパソコンなどの高精細ディスプレーに適した酸化物半導体を開発した東京工業大の細野秀雄教授(61)が25日、科学技術振興機構から「知的財産特別貢献賞」を受賞した。細野教授は同機構のプロジェクトで、インジウムとガリウム、亜鉛から成る酸化物半導体を使った薄膜トランジスタ(IGZO-TFT)を開発。同機構が基本特許を保有してメーカーにライセンスを提供している。

    0
    続き

    ワオキツネザルの母親においで胎児の性別分かる

     白黒しま模様の長い尾が特徴のワオキツネザルの雌が妊娠すると、分泌物のにおい成分が変化して胎児の性別が分かると、米デューク大などの研究チームが26日までに英科学誌バイオロジー・レターズに発表した。

     ワオキツネザルにとってにおいは重要なコミュニケーション手段であり、群れの仲間が胎児の雌雄を察知することで影響を受けている可能性があるという。

    0
    続き

    両陛下、ポーランド大統領夫妻と御会見

     天皇、皇后両陛下は26日午後、ポーランドのコモロフスキ大統領夫妻と皇居・御所で会見された。

     宮内庁によると、東日本大震災の際に同国から義援金などの支援を受け、震災翌年に夫人が単身来日して被災地を訪問したことなどについて、天皇陛下が「感謝しています」と謝意を伝えられた。また、大統領から同国のアイヌ研究者ピウスツキの肖像画が贈られ、陛下がお礼を述べられたという。

    0
    続き

    慰安婦めぐる米調査、「強制連行」の資料なし

     慰安婦問題の主要な争点は「強制連行」があったかどうかだが、この問題についてはあったことを示す証拠はないという点で、国内の論壇での決着は付いている。しかし、朝日新聞が誤報を認めても、慰安婦は「強制連行された性奴隷」との言説が信じられている海外の状況は大きく変っていない。

     この問題で、米カリフォルニア州弁護士でタレントのケント・ギルバートは、英字新聞「ジャパン・タイムズ」の影響を指摘する(「日本がサンドバッグから脱するとき」=「Voice」3月号)。「慰安婦問題を引き起こしたのは日本のせい」とする同紙の論調が「日本の声」と判断されてしまっているというのだ。そればかりか、慰安婦テーマの、事実とはかけ離れた小説を、韓国系団体が売り込む活動を展開していると指摘する。

    0
    続き

    植村元朝日記者の訴訟 、法廷利用した「言論封殺」

     慰安婦問題に関して、事実誤認の記事を書いて保守系を中心にした論壇で批判を受け続ける元朝日新聞記者・植村隆による訴訟が拡大している。自身が書いた記事を「捏造」とされたことで名誉を傷つけられたとして訴えた相手は東京基督教大学教授の西岡力のほか、ジャーナリストの櫻井よしこ、そして彼らの論考を掲載した雑誌の出版社数社に増えた。

     当然ではあるが、論壇からは、法廷闘争に打って出た植村に対して「言論に対しては言論で戦うべきだ」との批判が巻き起こり、保守派論壇を逆に勢いづかせている。月刊誌の最新号でも、「総力大特集 植村隆元記者よ、言論で戦え!」(「WiLL」4月号)や、「私を訴えた植村隆・元朝日新聞記者へ」(「正論」3月号)のように、植村による訴訟をテーマにした論考が少なくない。

    1
    続き

    逞しき脱サラ画家 会社滅ぶとも己滅びず

     毎日新聞のPR誌「毎日夫人」に、毎月水彩画を連載している画家がいる。

     『あなたと歩きたい街』と題した、ペンと水彩で描かれたスケッチ画で、毎号、訪れた国内外の街の風景が描かれている。

     ある時はローマ・ギャラリー街、ある時は横浜関内の馬車道通り―、またある時は京都府・伊根の舟屋の風景といった具合で、どことなく旅情を感じさせるロマンチックな水彩スケッチ画である。そしてそこには短い文章が付されている。

    0
    続き

    「日本で文字の発達が遅れたのはなぜか?」…

     「日本で文字の発達が遅れたのはなぜか?」というのは、昔からの謎だった。その割には「こういう理由があったため」という説明が行われることは少なかった。

     そんな中、「話し言葉で十分だったから遅れた」という仮説に接した。40年前の講義を基にした川瀬一馬著『日本文化史』(講談社学術文庫)という本の中に書かれている。

    0
    続き