■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 1月, 2015のデータ一覧

    気象庁、大雪や暴風や高波に警戒を呼び掛け

     気象庁は30日夕、前線を伴う低気圧が急速に発達しながら北日本(東北と北海道)の太平洋側を北上し、強い冬型の気圧配置となるため、北日本と北陸では2月1日にかけて大雪や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。北海道では猛吹雪が予想され、交通の乱れにも注意が必要。

    0
    続き

    天野さん「若者の応援団として精進したい」

     青色発光ダイオード(LED)の開発でノーベル物理学賞を受賞した赤崎勇名城大教授(86)と天野浩名古屋大教授(54)の祝賀会が30日、名古屋市内のホテルで開かれた。天野さんは「これからは若者の応援団として精進していきたい」と決意を語った。

    0
    続き

    けがで引退、錣山部屋の元小結・豊真将

     美しい手刀、勝っても負けても変わらない深々としたお辞儀。誠実な土俵態度と真っ向勝負で人気を集めた元小結豊真将(33)が1月の初場所中に引退を表明した。「もっともっと頑張れたんじゃないかと思う」。けがに苦しんだ土俵人生に未練は残るが、立田川親方として後進を育てる第二の人生を歩み始めた。

    0
    続き

    「日韓パラリンピックセミナー」を開く

     2018年冬季の平昌、20年夏季の東京で開催されるパラリンピック大会が、障害者により開かれたものになることを目指して話し合う「日韓パラリンピックセミナー」(主催、日本財団パラリンピック研究会、早大スポーツ科学学術院)が30日、早稲田大学・小野梓記念講堂で開かれた。

    0
    続き

    トヨタ自動車、17年から世界ラリー選手権復帰

     トヨタ自動車は30日、東京都内で2015年のモータースポーツ活動発表会を開き、世界ラリー選手権(WRC)に2年後の17年から参戦することを正式発表した。通算43勝を挙げた1973~99年(96~97年は休止)の第1期以来、18年ぶりの復帰となる。

    0
    続き

    Gen. James Mattis criticizes Obama defense, security policies 前中央軍司令官がオバマ氏の国防・安保政策を批判

    Retired Marine Corps Gen. James Mattis, former commander of the U.S. Central Command, delivered a harsh critique of the Obama administration’s defense and national security policies this week – without ever mentioning the president or his security team by name.

    0
    続き

    英国の湖水地方は、湖と小高い丘が織り成す…

     英国の湖水地方は、湖と小高い丘が織り成す美しい風景が人気の観光スポットだ。それとともにこの地方の魅力となっているのは、ベアトリクス・ポターの絵本シリーズ「ピーター・ラビット」の舞台であることだ。

     とくに日本人観光客は、このいたずら好きの仔ウサギに引かれて訪れる場合が多い。仔ウサギ恐るべしである。

    0
    続き

    戦後70年談話、未来志向の真意を伝えよ

     安倍晋三首相が8月に発表する予定の戦後70年談話の文言をめぐり、野党や一部メディアから「歴史修正主義」などの批判が上がっている問題について、首相は歴代内閣の立場を継承すると明言した。

     談話は過去に真摯(しんし)に向き合った上で、未来志向的な協力関係を呼び掛けるという、これまで首相自身が語ってきた所信に沿ったものとすべきだ。

    中韓の懸念払拭は必要

    0
    続き

    起訴された神父たちの「性犯罪」

     スペイン南部グラナダのローマ・カトリック教会の10人の神父と2人の信者が未成年者への性的虐待とその事実隠蔽の容疑で起訴された。起訴状が28日公表された。

     聖職者の性犯罪は10年前、未成年者の侍者(祭壇奉仕者)に対して行われたもので、犠牲者が昨年11月、ローマ法王フランシスコに書簡を送ったことから明らかになった。以下、オーストリア通信(APA)の記事内容を報告する。

    0
    続き

    「日本の美・富士と花」

     絵画と写真という二つの表現方法による「日本の美・富士と花」が、茨城県笠間市の笠間日動美術館で3月1日(日)まで開かれている。

     日本には自然を崇(あが)め敬う文化があり、美術作品にも大きな影響を与えてきた。特に富士は日本の象徴として多くの名作に登場し、季節ごとに咲き誇る花は人々をひきつけて代表的な題材とされてきた。

    0
    続き

    気持ち高ぶるイチロー、マーリンズ入団会見

     会見中、何度もお茶を口に運んだ。あまり感情を出さないイチローに高ぶりが見えた。昨年ヤンキースからフリーエージェントとなり、ようやく決まったマーリンズ入団。「ペットショップで大きくなった犬が売れ残った。でも、買ってくれる人はいる。だから忠誠を尽くす。そんな感じ」。契約を交わすため、米マイアミから18時間かけて来日した球団社長らの熱意に感謝した。

    0
    続き

    「感謝で涙が止まらない。有終の美を飾れた」

     演歌歌手の北島三郎さん(78)の舞台公演が29日、福岡・博多座で千秋楽を迎え、1968年以来続けてきた座長公演に終止符を打った。北島さんは「感謝で涙が止まらない。有終の美を飾れた」とあいさつし、会場は拍手と「サブちゃん」の掛け声に包まれた。

    0
    続き

    外国人客も成田空港で「KABUKI」を体験

     成田国際空港会社は29日、第1旅客ターミナルビルに3月27日、歌舞伎に関連した商品の販売や衣装展示などを行うショップ「Kabuki Gate」をオープンさせると発表した。「くまどり」を自分の顔写真と合成できるアプリも用意する。

     こうしたタイプの常設店は全国初という。年間1000万人以上の外国人が利用する同空港では、「世界に向けて日本の伝統文化を発信したい」(夏目誠社長)としている。

    0
    続き

    植村隆・元朝日記者VS西岡力教授

     前回のこの欄で、慰安婦報道と原発事故に関わる「吉田調書」についての誤報問題で、反省しない朝日OBについて書いた。この点に関して、ジャーナリストの田原総一朗が興味深いことを指摘している。

     慰安婦報道をめぐる朝日新聞社の第三者委員会メンバーとして、同社の記者たちをヒアリングして感じたことの一つとして、「朝日がエリート・優等生集団であること」を挙げている(「わがメディア生活60年 パリのテロ事件と朝日第三者委員会」=「WiLL」3月号)。

    1
    続き

    香港に及ぶ共産党支配 国際法を守らない中国

     2014年9月27日より始まった香港民主派のデモは12月11日、警察の強制排除で終了させられたが、重大なメッセージを世界に発信した。

     中華人民共和国は、“極少数の共産党リーダーが憲法と法律を支配”する“共産党の支配”を信仰する国家であり、当然、他国との条約や国際法も中国共産党が支配する。中国は“法の支配”という「自由と民主主義の伝統」を“敵の中の敵”としている。このことは、中国が「世界の平和秩序に貢献する国家」になれるどころか、逆に、信念をもって紛争や戦争を起こす国であることを意味する。

    0
    続き

    老子が諭した「直枉新敝」、朴大統領は不偏不党人事を

    韓国紙セゲイルボ

     韓国歴代大統領はなぜ家族と親族・姻戚、そして側近の不正に対応できなかったのだろうか。さまざまな理由の中で、主な原因は主要業務の核心的な地位に不適任者を座らせたためということができる。

     換言すれば、大統領は血縁・地縁・学縁などで近い人物を責任者に任命した。そうすれば、信用でき、大統領に正しい報告をし、機密も漏れないという理由からだ。

    0
    続き

    「西郷隆盛は漠然とした男、対して大久保…

     「西郷隆盛は漠然とした男、対して大久保利通は截然(せつぜん)としていた」と勝海舟が語っている(『氷川清話』)。「漠然」たる大物である西郷が勝っていて「截然」と細かい大久保は劣る、というのが彼の評価だ。

     こんな言葉を真に受けてはだめだ、と江藤淳は言う(『海舟余波』)。彼は単に西郷を与しやすかった男と見て、高い評価を下しているだけだからだ、というのが江藤説だ。

    0
    続き

    認知症予防のための啓発も重要だ

     政府は「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」を決め、省庁横断で認知症患者や高齢者に優しい地域づくりを進めることになった。

     最近の認知症患者の増加率は顕著で、その対策は差し迫った課題だ。総合戦略の推進は、本格的な高齢化社会を迎えたわが国の今後の福祉の在り方を見極める試金石でもある。

     25年に730万人に

    0
    続き

    保育園の児童虐待を根絶するためには

    韓国紙セゲイルボ

     仁川保育園で起きた保育士の児童虐待事件は全国民の怒りを買っている。より深刻なことは、これが偶発的蛮行ではなく、全国の保育園で類似の事例が普遍的に発見されていることだ。

    0
    続き

    同性婚拡大で強まる「宗教迫害」

     キリスト教徒が国民の8割近くを占める米国で、キリスト教徒に対する「宗教迫害」とも呼べる状況が生まれている。同性結婚の拡大に伴い、伝統的な宗教道徳に基づき同性愛や同性婚に反対する保守的なキリスト教徒が「偏見の持ち主」と糾弾され、社会的制裁を受ける事例が相次いでいるためだ。米社会は同性愛者の権利に寛容になる一方で、建国の理念である言論・信教の自由に不寛容な風潮が強まっている。(ワシントン・早川俊行)

    1
    続き

    中国大使の悪意に満ちた反日発言

     1月27日は国連の「ホロコースト犠牲者を追悼する国際デー」だった。今回はウィーンの国連で開催された追悼集会で中国大使の場違いな反日発言を読者に報告するのが目的だ。多分、日本のメディアでは全く報道されていないと思うからだ。

    0
    続き

    児童が和紙を使った卒業証書の用紙作り

     昨年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された「本美濃紙」の里、岐阜県美濃市で28日、市立牧谷小の児童が和紙を使った卒業証書の用紙作りを行った。本美濃紙の職人の大部分が同校区内に住んでおり、文化の継承を目的に、統廃合で校名が変わる前の1989年から続いているという。

    0
    続き

    川成改め天風、堀切改め阿炎、石浦が新十両に

     日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で春場所(3月8日初日、大阪・ボディメーカーコロシアム)の番付編成会議を開き、川成改め天風(23)本名川成健人、香川県出身、尾車部屋、堀切改め阿炎(20)堀切洸助、埼玉、錣山、石浦(25)石浦将勝、鳥取、宮城野の3人の新十両昇進を決めた。

    0
    続き