■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 12月, 2014のデータ一覧

    「未」の巨大なオブジェ、御利益があるかも?

     津市美里町家所の辰水神社で、来年のえと「未(ひつじ)」にちなんだ巨大なオブジェが参拝者の目を楽しませている。

     地元住民らが奉納したこのヒツジは高さ約2.8メートル、幅約3.8メートル。鉄骨の骨組みと発泡スチロールで作られ、参道をまたぐように鎮座している。

     「メェーぶつ」をくぐってお参りすると御利益があるかも?

    0
    続き

    大納会のゲストは「マッサン」のフォックスさん

     東京証券取引所は大納会となった30日、特別ゲストにNHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」のエリー役である女優のシャーロット・ケイト・フォックスさんを招いた。

     フォックスさんは「私は、いつも日本の応援をしています」とあいさつ。日本取引所グループ(JPX)の起業体験プログラムで最優秀チームとなった中高生4人とともに1年の取引を締めくくる鐘を打ち鳴らし、参加者全員で恒例の手締めを行った。

    0
    続き

    来年は「ロケットイヤー」、油井さん初飛行も

     12月3日、小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げに沸いた鹿児島県・種子島宇宙センター。2015年はロケットの打ち上げが最大で5回予定されており、近年では06年の6回(うち種子島4回)以来の「ロケットイヤー」になりそうだ。

     種子島宇宙センターでは、15年1月29日に情報収集衛星(IGS)を搭載したH2Aロケット27号機の打ち上げを予定。IGSは3月までもう1機予定されている。

    0
    続き

    英ロンドン名物の衛兵が「後方」勤務に

     英ロンドンのバッキンガム宮殿などで王族の護衛任務を担う衛兵が、テロ攻撃の標的になる恐れがあることから、観光客から離れた「後方」に移動させられることになった。29日付デーリー・テレグラフ紙が報じた。

    0
    続き

    人気バーガー店「シェイク・シャック」上場へ

     米人気ハンバーガーチェーンのシェイク・シャックは29日、ニューヨーク証券取引所での新規上場を目指す方針を決め、米証券取引委員会(SEC)に申請書類を提出したと発表した。

    0
    続き

    龍柱建設、那覇市議会で追及

     那覇市が大型旅客船バースに隣接する若狭海浜公園に沖縄振興一括交付金を使って龍柱を建設することに反対する声が県内外から強まっている。こうした中、那覇市議会の12月定例会の代表質問で久高友弘議員(自民)が龍柱建設にみる中国の野望について言及しながら、「十分な住民説明もないまま建設を進めることは那覇市民の理解を得られない」と強調した。(那覇支局・豊田 剛)

     沖縄問題研究関係者によると、中国には「琉球国復国運動基本臨時綱領」と「琉球臨時憲法9条」と称する草稿が存在する。「綱領」は、「中国民間保釣連合会」という団体のウェブサイトに全文が掲載されており、1条には、琉球は古来より独立する主権国家であり「琉球の人民は日本の琉球群島に対する植民地統治を承認しない」と明記されている。

    0
    続き

    辺野古に始まり辺野古で終わった年

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     今年一年を振り返ると、1月の名護市長選に始まり、2月の石垣市、4月の沖縄市の市長選、9月の市町村議会選挙、11月の知事選と那覇市長選、そして最後は12月の衆院選と「選挙の年」だった。同時に、17年間動かなかった米軍普天間飛行場の名護市辺野古沖への移設工事が動きだした年だった。

    0
    続き

    今年後半には大物俳優、芸能人が鬼籍に入る…

     今年後半には大物俳優、芸能人が鬼籍に入るというニュースが相次いだ。その話題性には及ばないが、多くの人々に親しまれて大衆演芸界を支え続け、12月4日亡くなった漫談家の原一平さん(享年76)も忘れられない。

     サラリーマン生活が長く、36歳で芸人に転じた。物まねが得意で、寅さん役の渥美清さんから「もう一人の寅さん」とお墨付きをもらいブレーク。本人からだぼシャツ、帽子、腹巻きを譲り受け、声も仕草も寅さんになり切った。

    0
    続き

    民主主義が失ってきたもの

     今年の政治分野での最大の出来事はやはりロシアのウクライナ・クリミア半島併合だろう。ロシア側の一方的な国境線変更に対し、欧米社会は「戦後の国際秩序を破壊する行為」として、ロシアを批判し、対ロシア制裁を実施中だ。

    0
    続き

    14年の日本、平和への脅威の中での選択

      今年の日本は、世界秩序が「法と正義」ではなく武力で国境線を変更・拡大する「ジャングルの掟」に逆戻りする横暴を目の当たりにしてきた。よそ事ではない。ロシアはウクライナ南部クリミア半島を掠め取り、南シナ海でベトナム、フィリピン相手にそれを仕掛ける中国は、日本にも沖縄・尖閣諸島周辺の領海で公船による度重なる侵入を行い緊張を高めた。小笠原諸島近辺では多数の中国のサンゴ密漁漁船が出没し、地元漁師らの生活を不安にするなど、足元の安全保障が脅かされている。

     第3次安倍内閣が発足

    0
    続き

    変化するフランスの家族観

    地球だより

     2001年に公開されたフランス映画「タンギー」はパラサイト症候群を題材にした映画だった。生まれたばかりのタンギーに向かって両親は、「もし居たかったら、いつまでも家に居ていいのよ」と語り掛けたのだが、それが現実になって戸惑うという話だった。

    0
    続き

    ベトナム政府が「赤ひげ先生」に友好勲章

     ベトナム政府は29日、同国で約12年ボランティアの眼科治療を続け、「赤ひげ先生」と呼ばれる服部匡志医師(50)に、外国人に対する最高位の「友好勲章」を授与した。

     服部氏は2002年からベトナムで活動を始め、これまでに1万人以上の患者を無償で治療。12年には内閣府が「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」として表彰した。

    0
    続き

    名古屋の「羊神社」、参拝は例年の10倍に

     来年のえと、未(ひつじ)の名が付く「羊神社」が名古屋市北区にある。境内にはこま犬ならぬ「こま羊」が鎮座。未年の正月の参拝者は例年の約10倍、数万人に上るといい、絵馬を多く用意するなど、いつもと違う新年の準備を進めている。

     JR名古屋駅の北東約6キロ、戸建てやアパートが多い住宅街の一角。木々に囲まれ創建1000年を超えるが、境内は約600坪とこぢんまりした印象だ。

    0
    続き

    福島・川内村、年越しそばを今年は地元産で

     東京電力福島第1原発事故で多くの住民が避難した福島県川内村。事故から4回目の大みそかを前に、村内のそば店では29日、事故後初めて地元産のそば粉を使った年越しそばの準備に追われた。

    0
    続き

    廣前心齋・恩田侑布子さん「陶・俳二人展」

     陶芸家の廣前心齋さんと俳人の恩田侑布子(ゆうこ)さん夫妻による「陶・俳二人展」が東京・渋谷のBunkamura Box Galleryで開催中(1月4日まで)。廣前さんは静岡県随一の古窯、志戸呂焼の復興を目指し、茶陶を中心に制作。

     陶芸の道を志していた廣前さんに故郷の志戸呂焼を紹介したのは恩田さん。その魅力に取りつかれて、廣前さんは独特の天目釉(ゆう)を作り上げた。

    0
    続き

    気温0度、水温6度の寒さ、恒例の寒中水泳

     26日、チェコの首都プラハを流れるブルタバ川で、クリスマスの時期恒例の寒中水泳が行われた。

     この日は気温0度、水温6度の寒さ。想像するだけで体が震えそう。(AFP=時事)

    0
    続き

    2014年の東アジア国際政治

    東洋学園大学教授 櫻田 淳

     2014年もまた、国際政治の浮沈の風景が繰り広げられた。国際政治分析は「怖い」ものを扱っている営みであるけれども、そうしたことが鮮明に現れたのが、今年の風景であったといえるであろう。日本を含む東アジア関係6カ国の政治指導者の置かれた立場は、それぞれの国々の浮沈に明らかな影響を及ぼしている。

    0
    続き

    慰安婦報道で第三者委員会報告を受け、…

     慰安婦報道で第三者委員会報告を受け、見解と取り組みを発表した朝日新聞・渡辺雅隆社長会見を報じた新聞から。「朝日新聞は1997年と今年の2度、検証記事を掲載しましたが、いずれも誤りを率直に認めて謝罪し、わかりやすく説明する姿勢に欠けていました」(渡辺社長)。

     「(深く反省し)改革に取り組みます」と言うが、委員の一人、波多野澄雄氏(筑波大名誉教授)は「(取り組みの内容は)第三者委の提言や意見の含意を十分にくみ取っているとは言いがたい」。

    1
    続き

    あくまで「朝日批判対策」だった誤報検証の第三者委員会報告書発表

     どうやらこれでケリを付けたつもりらしい。朝日の慰安婦報道をめぐる虚偽問題についてだ。朝日報道を検証していた第三者委員会は22日に報告書を発表し、これを受け渡辺雅隆社長が26日に記者会見し、改めて謝罪した。

     だが、その中身は「国際社会への影響 明言せず」(本紙)「社の認識 明確に示さず」(読売)「『強制性』見解示さず」(産経=いずれも27日付)と、歯切れの悪い内容だった。 そもそも社長会見が26日の金曜午後というのが疑問だ。各紙が論評するのは土曜日付になる。それも年末休みに入った日だ。テレビにも朝日問題を追う番組がない。そう言えば、第三者委の会見は天皇誕生日の前日だ。こうした話題になりにくい日程を計算し尽くして決めた? そう考えるのは穿(うが)ちすぎか。

    1
    続き

    佳子内親王殿下、成年祝賀行事に

     秋篠宮殿下御夫妻の次女佳子内親王殿下は29日、20歳の誕生日を迎え、皇居で行われた成年祝賀行事に出席された。

     佳子さまは午前中、宮中三殿に参拝。続いて宮殿「鳳凰の間」で天皇陛下から宝冠大綬章を授けられた。午後には同じ鳳凰の間で天皇、皇后両陛下にあいさつ。

    0
    続き

    14年の世界、具体性欠けた米のアジア政策

     建国以来、米大統領は欧州を中心に世界を見据えてきた。だが、オバマ大統領は初の「太平洋大統領」だと宣言し、太平洋を挟むアジアを重視する姿勢を明らかにしてきた。

     しかし、実際は米国のアジア・シフトが十分に進んでいるとは言えない。日本が中国の蛮行に対処するためにも、オバマ大統領の残り任期の2年間、より実質的な形となって表れることを強く求めたい。

    掛け声倒れのオバマ氏

    0
    続き

    宮原知子が力強く新女王、決断実った逆転劇

     一つの重い決断がタイトルを引き寄せた。宮原は難易度が高い冒頭の2連続3回転ジャンプを捨てて臨んだ。

     3回転ルッツと3回転トーループの組み合わせは、金妍児(韓国)が得意とする連続ジャンプ。決まれば大きな得点になるが、宮原は回転不足になる試合が続いていた。

    0
    続き

    錦織圭が米国で練習公開、全豪オープンへ順調

     男子テニスで今年、大躍進を遂げた錦織圭(日清食品)が27日、米フロリダ州ブラデントンのIMGアカデミーで年明けの新シーズンに向けた練習を公開し、「より高いランキングとグランドスラム(四大大会)や大きな大会で、いい成績を残すことが目標」と抱負を語った。

    0
    続き