■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 11月, 2014のデータ一覧

    東日本大震災や原発事故に負けず、宇宙へ

     宇宙に出発する小惑星探査機「はやぶさ2」には、新しい探査機器が搭載されている。その一つ、爆薬で弾丸を加速させて小惑星に打ち込み、人工のクレーターをつくる衝突装置(インパクター)は福島県で製造された。開発中に東日本大震災と原発事故が起き、東北のものづくりは大きな打撃を受けた。担当者らは「福島や東北の製造業の力を世界に見せる」と意気込んでいる。

    0
    続き

    「はやぶさ2」見学客ら、再挑戦に「今度こそ」

     日曜日の打ち上げ予定が延期になった小惑星探査機「はやぶさ2」。29日午後、1日遅れの打ち上げが発表され、発射場のある鹿児島県・種子島では見学客たちが「今度こそ上がって」と期待を込めた。

    0
    続き

    NHK杯で伏兵の村上大介が初優勝

     フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯第2日は29日、大阪・なみはやドームで男女フリーなどが行われ、男子はショートプログラム(SP)で3位につけた伏兵の村上大介(陽進堂)が1位となり、合計246・07点でGP初優勝を果たした。

    0
    続き

    神宮外苑の絵画館前にクラシックカーが集結

     東京・明治神宮外苑で29日、「クラシックカー・フェスティバル」が開かれ、訪れた人たちの目を楽しませた。

     聖徳記念絵画館前には約100人のオーナー自慢のクラシックカーがずらりと集結。車種を紹介後、往年の名車は銀座までの公道往復約11キロを走り抜けた。

     初参加の東京都在住の弓削康史さん(60)は「あいにくの天気でしたが、イチョウ並木沿いを走っているときは気持ちよかった」とご満悦の様子だった。

    0
    続き

    ドイツ・エアフルトで「クリスマス市」始まる

     ドイツ中部のエアフルトで始まったクリスマス市。

     164回目となる今年は100万人を超える来場者を見込んでいる。(EPA=時事)

    0
    続き

    フィリピン南部で爆弾事件相次ぎ厳戒態勢

     フィリピン南部ミンダナオ島中部で、爆弾事件が相次ぎ緊張が高まっている。死傷者の合計は40人近くに達しており、イスラム過激派の犯行が疑われるなど、地元当局は厳戒態勢を敷いて、新たな犯行を阻止する構えだ。また国軍によるイスラム過激派、アブサヤフへの掃討作戦も激化しており、双方に多数の死傷者が出ている。(マニラ・福島純一)

    0
    続き

    「アベノミクス解散」の選挙争点に憲法改正を浮上させる「サンモニ」

     衆議院が21日に解散し、23日、日曜朝の報道番組も選挙モードに入った。安倍晋三首相が自らの経済政策を問う「アベノミクス解散」だが、消費税再増税先送りの「GDPショック」は不利なタイミングだ。

     案の定、フジテレビ「新報道2001」やNHK「日曜討論」で行われた各党の討論では、野党側からアベノミクスに批判が集中した。首相自身が当初記者会見で勝敗ラインを「過半数」とハードルをぎりぎりまで下げるなど、穏当ではない。

    0
    続き

    「水底の岩に落つく木の葉かな」(丈草)…

     「水底の岩に落つく木の葉かな」(丈草)。蛇口をひねって水道の水に手を浸すと冷たさが一段と強く感じられる。そろそろ手や顔を洗うにも、温水が欲しくなってくる。水温は季節の変わり目をよく示していると言える。

     雨などはその代表的なもの。慣用的な表現に「一雨ごとに寒くなる」がある。冬に近づくと、雨が降るたびに、その温度が低くなるのが実感される。

    0
    続き

    災害に向き合う覚悟を持て

    拓殖大学日本文化研究所客員教授 濱口 和久

     東日本大震災以降、日本列島では自然災害が頻発している。今年に限ってみても、毎月のように日本列島のどこかで自然災害が起きている。2月に東日本を襲った記録的な大雪、8月の広島での集中豪雨による土砂災害、9月の御嶽山の噴火、10月には2週連続での大型台風の日本列島への接近・上陸。一番新しいところでは、犠牲者こそ1人も出なかったが、11月22日に長野県北部を襲った長野県神城断層地震。

    0
    続き

    「和紙」文化遺産、価値を再認識し需要高めよう

     国連教育科学文化機関(ユネスコ)が、日本政府が提案していた「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」を無形文化遺産に登録した。我々日本人が和紙の価値、素晴らしさを再認識し、世界に広める契機としたい。

    社会的結び付きも育む

     クワ科の樹木、コウゾだけを原料に、手すきによる伝統的な技術、知識、工程が継承されていることが評価された。

    0
    続き

    NHK杯で羽生結弦、悔しい結果に苦笑い

     中国杯の悪夢の衝突事故から20日で、本人でさえ「ここにいること自体が奇跡に近い」と話すほど。約3分間のSPを演じ切っただけで安堵(あんど)してもいいはずだが、羽生は違った。「本当に悔しい。(出来は)30点」

    0
    続き

    はやぶさ2、天候悪化のため打ち上げを延期

     三菱重工業と宇宙航空研究開発機構は28日、小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載し、30日午後に鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げる予定だったH2Aロケット26号機について、天候条件の悪化が予測されるため、12月1日以降に打ち上げを延期すると発表した。新たな打ち上げ日は未定。

    0
    続き

    フィンランド公認のサンタが成田空港に登場

     フィンランド公認のサンタクロースが28日、成田空港着の航空機で来日した。成田では2年前まで、年末に向けた風物詩としてサンタ訪問が定着していたが、他空港への到着が増えたこともあって昨年はゼロだった。羽田空港の国際線増便で成田の存在感低下が懸念される中、空港関係者は復活に胸をなで下ろしている。

    0
    続き

    夕暮れに浮かび上がる温かな和紙のツリー

     「和紙」のユネスコ無形文化遺産登録が決まり、喜びに沸く岐阜県美濃市で27日、和紙でできたクリスマスツリーが夕暮れの中浮かび上がった。

     和紙の街ならではのこのツリーは高さ約4メートル、幅約2メートルの美濃和紙製。和紙に特殊な加工を施し、雨が降る屋外でも設置できるようになったという。展示は12月25日まで。

    0
    続き

    27日感謝祭の夕方、米年末商戦が本格スタート

     米国の消費動向を占う年末商戦が27日の感謝祭の夕方、本格的にスタートした。今年はガソリン価格の下落や株価の上昇で家計に余裕が生まれ、消費意欲が高まるとの期待が強く、全米小売業協会(NRF)は11~12月の売上高は前年比4・1%増と3年ぶりの高い伸びになると見込む。

    0
    続き

    Grand jury files show Ferguson cop shunned Taser, renewing debate over nonlethal weapons テイザー銃を避けるファーガソンの警官、非致死性の武器めぐり議論再燃

    Buried in the vast grand jury files about the Ferguson shooting, Officer Darren Wilson acknowledged that on the fateful night he killed Michael Brown, he was not armed with a Taser because he considered the weapon clunky and heavy.

    It’s a revelation certain to renew the debate over whether more police departments should require all officers to carry the nonlethal weapon as an additional tool to prevent confrontations from escalating.

    0
    続き

    中央アジアのウズベキスタンを4月に訪ねた時…

     中央アジアのウズベキスタンを4月に訪ねた時、美しいミニアチュール(細密画)が驚くほど安い値段で売られているので、土産に数枚購入した。飴色がかったつるつるした紙に描かれていたが、後でこれが「サマルカンドペーパー」であることを知った。

     紙は2世紀初頭、中国の蔡倫が紙すきによる製法を開発し、610年には韓半島を通じて日本にもたらされた。一方、西方に紙の製法が伝わるのは、751年に中央アジアのタレス河畔でのイスラム軍との戦いで捕虜となった唐人を通してである。

    0
    続き

    法王のトルコ訪問とその目的

     ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は28日、3日間の日程でトルコ訪問を開始した。ローマ法王のイスラム教国トルコ訪問は2006年の前法王べネディクト16世以来で8年ぶりだ。28日に首都アンカラでエルドアン大統領らと会談し,29日には今回のトルコ訪問の主要目的、イスタンブールで東方正教会の精神的指導者(エキュメニカル総主教)バルトロメオス1世と会談し、キリスト教分裂(シスマ)以来の正教徒カトリック教会の再統合を目指す共同声明を公表する予定だ。キリスト教は1054年、ローマ法王を指導者とするカトリック教会(西方教会)と東方の正教会とに分裂(大シスマ)し、今日に到る。

     フランシスコ法王は正教会の祝日、聖アンドレアス祭に参加する。法王はバルトロメオス1世を「私の兄弟、アンドレアス」と呼びかけている。聖アンドレアスは聖ペトロの兄弟だ。聖アンドレアスはコンスタンティーノポリスの守護聖人、聖ペテロはローマの守護聖人だ。 なお、両者は、パウロ6世と正教会のコンスタンディヌーポリ総主教アテナゴラスが1964年、会合し、1054年以来続いていた東西教会の相互の破門宣告を取り消した歴史的な出来事を記念する。

    0
    続き

    実効ある温暖化対策に向けた議論を

     地球温暖化対策を話し合う国連気候変動枠組み条約第20回締約国会議(COP20)が12月1日から南米ペルーの首都リマで開かれる。実効性ある対策の策定に向け、実のある議論を求めたい。

    米中両国が前向きに

    0
    続き

    龍山公園と韓米連合司令部、配慮欠く国防部の残留計画

    韓国紙セゲイルボ

     首都ソウルにある龍山公園が“虫食い”状態になりそうだ。先月、戦時作戦統制権を協議した韓米両国は突然、韓米連合司令部を龍山米軍基地内に残すことで合意した。

     4カ月前の公式ブリーフィングでは、「連合司令部を龍山基地にそのまま置くことはあり得ない」と言っていた国防部の突然の方向転換だ。

    0
    続き

    未明の決定に職人ら歓喜、埼玉・岐阜の生産地

     「和紙」のユネスコ無形文化遺産登録を受け、埼玉、岐阜両県の生産地では27日、未明まで決定を待ちわびた関係者らが喜びを分かち合った。「技術が世界に認められた」「力になる」。守り続けた伝統が世界に認められ、歓喜の輪が広がった。

    0
    続き

    責任者の国中さん「いざ、フロンティアへ」

     フロンティアへ、こぎ出して行け-。30日に打ち上げられる小惑星探査機「はやぶさ2」。プロジェクトを率いる宇宙航空研究開発機構の国中均教授は「見たことがない、行ったことがないフロンティア(未開拓の場所)へ進出する乗り物を作るのが人類の夢。さらに遠くへ行きたい」と開発に込めた思いを語る。

    0
    続き

    感謝祭を控え、ホワイトハウスで七面鳥に恩赦

     オバマ米大統領は26日、米国の各家庭で七面鳥を食べる習わしになっている感謝祭を翌日に控え、食卓に上るはずだった2羽の七面鳥に「恩赦」を与える恒例行事をホワイトハウスで行った。

    0
    続き