■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 10月, 2014のデータ一覧

    米の一極支配を痛烈に批判 プーチン露大統領、バルダイ会議で演説

     ロシアのプーチン大統領は24日、同国南部のソチで開催された国内外のロシア研究者、国際政治専門家らを集めた会議(バルダイ会議)で演説し、「米国は自らを冷戦の勝者と称し、自分に都合よく世界を変えようとしている」などと痛烈に批判し、これに対抗する姿勢を改めて表明した。もっとも、欧米を強く批判する一方で、ウクライナ問題で「われわれは帝国を築くつもりはない」などとも語った。国内の強硬派に配慮しながら、欧米との関係改善を模索する姿勢を示したもの、との見方が出ている。(モスクワ支局)

    0
    続き

    潘基文氏の「名文」とその胸の内

     国連社会人道文化委員会は昨年11月、満場一致で11月2日を「ジャーナリストへの犯罪を追及する日」(the International Day to End Impunity for Crimes against Journalists)に制定する決議を採択した。今月2日は制定されて最初の記念日だ。それを祝って、潘基文・国連事務総長は以下のメッセージを発表した。

     「自由でオープンな報道は民主主義と開発の根本だ。しかし、過去10年間で700人以上のジャーナリストがその職務を履行する中で殺害されている。あるケースは国際的に知られ、別のケースでは知られないものもあった。昨年1年間だけで少なくとも17人のイラク人ジャーナリストが処刑された。世界で多くのジャーナリスト、メディア関係者が脅迫、殺人や暴力の脅威にさらされている。10件のうち9件は犯罪人は処罰されずに終わっている。その結果、犯罪人は益々いい気になっている。人々は腐敗や政治的弾圧や他の人権蹂躙について語ることを恐れ出した。これをストップしなければならない。これが国連が11月2日を記念日として制定した目的だ。われわれはジャーナリストやメディア関係者が世界至る所で安全で活動できる環境を作るために支援する国連行動計画を構築してきた。犯罪人が刑罰を受けないような状況を終わらせことで、表現の自由を深め、対話、人権を促進する社会を構築する。ニュースを報道するため命を危機に落とすようなジャーナリストを出してはならない。共にジャーナリストを支援しよう。正義のために立ち上がろう」

    0
    続き

    冬時間移行2度寝の幸せ

    地球だより

     長年ロシアに住んでいると毎年この時期、「今夏時間だっけ?冬時間だっけ?」と戸惑うことがある。ロシアは以前「夏時間」と「冬時間」を使っていたが、メドベージェフ前大統領(現首相)が2011年、夏時間に一本化した。だが、長年の習慣は簡単に変わらないのだ。

     一本化の理由について当時、「季節によって時間が変わることがストレスの原因になる」などと説明されていた。

    0
    続き

    集大成で虎の子の1点、つなぐ攻撃、締めは松田

     秋山監督が10度、ソフトバンクナインの手によって宙を舞った。今季限りで退任する指揮官は、「本当に素晴らしい選手たち。みんなが一生懸命やってくれた」。声を上ずらせながら、たたえた。

     リーグ優勝を決めた2日のオリックス戦でサヨナラ打した松田が、日本一を決める一打を放った。「今年最後のヤフオクドーム。監督を胴上げしたい」。強い気持ちが、気迫の適時打につながった。

    0
    続き

    安倍首相、オランダ国王夫妻と会談

     安倍晋三首相は30日、東京・元赤坂の迎賓館でオランダのウィレム・アレクサンダー国王夫妻と会談した。

     首相は「日本とオランダは長い友好関係がある。(夫妻の)ご訪問は両国の関係をさらに飛躍させる契機になる」と述べ、関係発展に期待を示した。

    0
    続き

    マララさん、ガザの学校に寄付

     国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は29日、今年のノーベル平和賞受賞が決まったパキスタンの教育活動家マララ・ユスフザイさん(17)が、イスラエル軍の攻撃で荒廃したパレスチナ自治区ガザの学校再建のため、5万ドル(約540万円)を寄付すると発表した。

    0
    続き

    映画「鳥の道を越えて」

     作品の舞台になっているのは岐阜県東白川村。美濃地方の東部で、緩やかな山々に囲まれ、人々は平地で作物を育て、林業、炭焼き、狩猟などで生活を営んできた。

     伝統文化の記録に携わってきた今井友樹監督は、この土地の出身者で、祖父から、かつて故郷の空が渡り鳥の大群で埋め尽くされたという話を聞く。そこは”鳥の道”となっていて、猟師たちはカスミ網猟によって鳥を捕まえ、商い、食べたりしていたという。

    0
    続き

    栃木市最大の祭り「とちぎ秋まつり」

     栃木県栃木市の蔵の街大通りで、二年に一度開催される栃木市最大の祭り「とちぎ秋まつり」が、11月14日(金)から16日(日)まで開かれる。

     この祭りは彫刻と金糸・銀糸の刺繍(ししゅう)がほどこされた絢爛(けんらん)豪華な江戸型人形山車が蔵の街を巡行するもので、明治7年から慶事や祝典にあわせて行われ、市制施行を境に5年ごとに開かれてきた。

    0
    続き

    日本郵便、お年玉付年賀はがきの販売を開始

     日本郵便は30日、2015年用のお年玉付年賀はがきの販売を全国で開始した。総発行枚数は前年並みの34億2000万枚の見込み。年賀状の受け付けは12月15日からで、元日に届けるために同25日までの投函(とうかん)を呼び掛けている。

    0
    続き

    八ツ場ダム建設で移転の川原湯温泉駅が開業

     八ツ場ダム(群馬県長野原町)建設で水没するため高台に移転したJR吾妻線の川原湯温泉駅が開業した。ダム湖に架かる三つの橋のうち、最後に完成した八ツ場大橋も開通。今秋の本体工事の着工に向け、ダム周辺の鉄道や道路の整備は最終段階を迎えている。

     吾妻線は、ダム建設に伴い水没する旧駅を含む岩島駅-長野原草津口駅間が新線に付け替えられた。旧駅は1946年に開業した木造平屋建ての建物で、先月末に閉鎖された。

    0
    続き

    両陛下、オランダ国王夫妻と昼食会

     天皇、皇后両陛下は30日、国賓として来日したオランダのウィレム・アレクサンダー国王夫妻を皇居・御所に招き、昼食会を催された。皇太子殿下御夫妻も昼食後に歓談する「後席」から加わり、最後は両陛下と一緒に国王夫妻を見送られた。

    0
    続き

    7・1閣議決定の曲解 「イスラム国」関与はない

     安倍内閣の7月1日閣議決定「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」は、集団的自衛権に関係する部分だけと思っている方が多い。

     今回は、切れ目のない防衛を考えた場合の15事例の中に個別的自衛権、グレーゾーン、集団的自衛権、集団安全保障に関するものがあり、それらを検討したものである。

    0
    続き

    “朝日応援団”の視点、固執する「国家=悪」論

     いわゆる「吉田証言」「吉田調書」に関する朝日新聞の誤報問題で、同社の木村伊量社長が謝罪会見を行ってから、もうすぐ2カ月になる。月刊誌の11月号には、10月号に続いて朝日問題をテーマにした論考が並ぶが、朝日の誤報、そして誤報を生んだ朝日の体質に対する批判については小紙の「メディア・ウォッチ」やこの欄でも取り上げてきたので、ここでは逆に、朝日の誤報に対する保守派の論調を「朝日バッシング」と表現しながら、誤報よりもそれを批判する側を問題視する論考を取り上げてみたい。

     こうした論考については、ライターの辻堂雄一は「人徳というべきか、朝日新聞には今なお応援団が多く存在している」(「朝日新聞が怯える『今そこにない危機』」=(「新潮45」)と揶揄(やゆ)しているが、左派ジャーナリズムの歪(ゆが)みを表しているのも事実だ。

    0
    続き

    朝鮮半島の動向を読む 拓殖大学大学院特任教授 武貞秀士氏

     朝鮮半島問題の専門家で拓殖大学大学院特任教授の武貞秀士氏はこのほど、政治評論家の長野祏也氏が主宰する第13回内外時流研究会セミナーで「朝鮮半島の動向を読む」をテーマに講演し、最近の2度の訪朝で得た最新情報をもとに①北朝鮮の社会は確実に変化しつつあり、中国偏重外交を修正している②日本は戦略的な観点で対北朝鮮外交を進めていくべきだ――などと指摘した。以下は、講演要旨。

    0
    続き

    「不通」の影濃厚な朴大統領

    韓国紙セゲイルボ

     世宗(セジョン)(1397~1450年、朝鮮第4代国王)は疎通の達人だった。臣下の話にいつも聞く耳を持った。明らかな懸案であっても、臣下の意見を聞いた後に決定を下した。

     ある時、刑曹参判(司法長官に相当)の高若海(コヤッケ)が御前会議で世宗と言い争いをし、「本当に残念です。殿下(王)が正しく見ることができずに、どうして臣が朝廷に奉職できますか」と大声を張り上げた。

    0
    続き

    昭和天皇御製(ぎょせい)。「山百合の…

     昭和天皇御製(ぎょせい)。「山百合の花咲く庭にいとし子を車にのせてその母はゆく」。御製とは天皇の作られた歌のこと。昭和天皇が、現在の皇后陛下の皇太子妃時代を詠まれたものだ。

     「いとし子」は現皇太子殿下。山百合の咲く庭での光景を歌われている。「車」はベビーカー。ごく日常的な題材だ。

    0
    続き

    ウクライナ東西分断の固定化を許すな

     ロシアによるクリミア編入や東部地域での親露派武装勢力との紛争で揺れるウクライナで、最高会議(議会、定数450)選挙が行われ、親欧米派勢力が圧勝した。

     一方、分離独立を掲げる東部の親露派武装勢力が予定する来月2日の選挙について、ロシアが「結果を承認する」と表明した。ウクライナの東西分断が固定化しかねない事態であり、こうしたロシアの態度を容認することはできない。

     親欧米派が議会選勝利

    0
    続き

    米韓、半島有事の指揮権移譲に待った

     現在、米軍が持っている韓半島有事の軍事指揮権に当たる戦時作戦統制権を来年末に韓国軍に移譲させる予定だった米韓両国が、北朝鮮による軍事的脅威が引き続き高い現実を念頭に移譲時期を延期することで合意した。韓国独自のミサイル防衛体系などが確立される2020年代半ばをめどにするという。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    インターネット上で「サイバー亡命」騒動

    韓国紙セゲイルボ

     最近、韓国政府が国民のインターネット上のコミュニケーションへの統制を強化するというメッセージを出し、国民が最も多く使うメッセンジャーサービスの「カカオトーク」がその対象となってマスコミを騒がせている。

    0
    続き

    中国の法制重視を見誤るな

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     最近、中国共産党の第18期中央委員会第4回総会が開催され、今後は法制度を重視することを決定したと大きく報道された。

    0
    続き

    北朝鮮を脅せ?

    地球だより

     ソウル駐在期間中、北朝鮮の地に足を踏み入れたことが2度だけある。金剛山観光と開城観光に参加した時だ。陸路、軍事境界線を越え、しばらく行くと目に入ってきた光景にわが目を疑ったのを覚えている。樹木がない山、古びた瓦屋根の家や舗装されていない埃(ほこり)だらけの道路、ボロ服に身をまとい真っ黒に日焼けした住民たちの姿は、白黒フィルムを見るようで、優に半世紀以上は昔にタイムスリップした錯覚に陥るほどの衝撃だった。「こんな国に誰がした」という怒りにも似た思いが沸々とわいたが、ツアーバスに同乗していた韓国人観光客の感想は違った。「統一したら絶対ダメ」と真顔で答え、こんな貧乏な国と一緒になったら自分たちが経済的に苦労すると言う。普段は同民族云々する韓国人の「別の顔」を見る思いだった。

    0
    続き

    Tobacco neo-Prohibitionists at the U.N. 国連で禁酒法ならぬ禁煙法の支持者が新たに台頭

    The world, or a good part of it, struggles to cope with Ebola, and the United Nations continues to be obsessed by tobacco. The World Health Organization, meeting in Moscow, came up with a treaty imposing a global tax on cigarettes and delegates of 179 nations signed it.

    The United States isn’t a party to the agreement, but the drive toward global governance and taxation is a disturbing sign of much more to come. The delegates promised to raise taxes in their countries on tobacco products, ranging from cigarettes to snuff, to pipe tobacco and even electronic cigarettes with no tobacco. The idea is to price tobacco out of reach of ordinary people.

    0
    続き

    試験管内でミニサイズの立体的な胃組織

     ヒトの万能細胞を試験管内で約1カ月培養し、ミニサイズの立体的な胃組織を初めて作ったと、米シンシナティ小児病院医療センターなどの研究チームが29日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。この組織は直径約3ミリと小さいが、本物の胃のように粘膜などの複雑な多層構造を備える。

    0
    続き