■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 9月, 2014のデータ一覧

    「イスラム国」封じ込めを

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】いつまでたっても煮え切らないオバマ大統領がようやく、「イスラム国」に対する効果的な戦略を出し始めた。これは、世論に押し出されたためで、首切り動画が公表されなければ、イラクでの嫌がらせ程度の空爆にとどまっていたことだろう。今後、世論が変わってもぶれることがなければ、戦略が成功する可能性はある。

    0
    続き

    島の人口問題は日本の縮図

    沖縄大学教授 宮城 能彦

     8月、9月は大学の夏休みを利用して可能な限り多くの島を巡っていた。島へ渡り、たくさんの人々の話を聞いたり行事に参加させてもらったりするのには、私なりの理由がある。

     ちなみに、私は「離島」という言葉はあまり使わないようにしているが、同じような方も多いだろう。「離島」と表現するよりも、「島」あるいは「島嶼(とうしょ)」という表現の方が私にはしっくりくる。

    0
    続き

    ディズニーの営業、ミッキーとミニー海外出張

     ミャンマー・ヤンゴンにある仏塔の前で、ポーズを決めるミッキーマウス(左)とミニーマウス。

     「白雪姫」や「シンデレラ」などディズニーの定番作品を広めようと、ただ今、出張中だ。営業手腕やいかに?(EPA=時事)

    0
    続き

    スイス国交150周年、光の芸術で日本との友好を

     日本とスイスの国交樹立150周年を記念し、スイスの首都ベルンの連邦院(国会議事堂)前広場で28日、世界初の野外映像技術を使った日本文化の紹介イベントが行われた。人の動きに反応して映像が動くユニークな光の芸術で、両国の友好関係を祝った。

    0
    続き

    家族が基盤、世界平和も家庭の平和から始まる

     1カ月でインドの23州の大学で開かれた平和指導者会議(UPF主催)が8人の日本人ボランティアも参加して開かれた。8月25日から始まり9月24日に終了した。ボランティアのカヨさん(24)は「インドは経済的に発展していますが、そういうときにこそ家族の重要さに対する認識を高め、家族を基盤とした倫理道徳を維持することが大切だと思います」と語った。

    0
    続き

    米FRBの美術品展示会に浮世絵「錦絵」出品

     日銀は29日、米連邦準備制度理事会(FRB)の美術品展示会に浮世絵を出品すると発表した。出品するのは、「錦絵」と呼ばれる多色刷りの浮世絵で、日銀の貨幣博物館所有の46点。日銀が海外で貨幣博物館の所蔵品を展示するのは初めてという。

    0
    続き

    ウイスキー人気回復へ、高級品の生産・販売強化

     国内ウイスキー市場を再び活性化しようと、国内大手2社が生産や販売を強化する。質を高めた自社の高級品をてこに、新たな顧客層として若者や外国人観光客を取り込む考えだ。

    0
    続き

    常陸宮殿下ご夫妻、御結婚50年

     常陸宮殿下ご夫妻は30日、御結婚から50年を迎えられた。文書で感想を公表し、天皇陛下の弟の常陸宮殿下(78)は「二人揃って金婚式を迎えることが出来て嬉しく思います」、同妃華子殿下(74)は「記念日をお元気な宮様と共に揃って迎えられます事を深く感謝いたします」とつづられた。

    0
    続き

    counterinsurgency operatives deployed to Ukraine 武装勢力対策チームをウクライナに派遣

    The Pentagon has dispatched eight military personnel to Kiev this week to provide tips to Ukrainian security forces on counterinsurgency and military planning tactics.

    0
    続き

    “批判”のち“エール”が大半の筋 朝日新聞 大虚報の“ツケ”(中)

     朝日新聞は9月11日夜に、「吉田調書」記事への「説明の場を設け」るとして行った緊急記者会見で、木村伊量(ただかず)社長が吉田調書報道の誤りを認めて5月20日の当該記事を取り消し読者と東電関係者に謝罪した。ついでに8月5、6日の検証特集で、「慰安婦を強制連行した」とする吉田清治氏(故人)の証言に基づく16本の記事について、証言は虚偽と判断して取り消したが、このときにしなかった謝罪と、訂正が著しく遅れたことを初めて読者にお詫びした。

    0
    続き

    「慰安婦」「原発」誤報の対処でもイデオロギー優先体質が露呈した朝日

     9月中旬のことだが、神奈川県在住の知人から、郵便ポストに入っていたという読売新聞社のB5判の小冊子を頂いた。タイトルには「朝日『慰安婦』報道は何が問題なのか」とある。

     カラー版19ページで、表紙をめくると「はじめに」との一文に「今は日韓の相互理解と友好のために、また我々に着せられた汚名をそそぐため、一連の報道は何が間違っていたのか、なぜそれは起きたのか、そして我々は何をなすべきかを冷静に検証することが重要だと考えます」とある。

    0
    続き

    首相所信表明、道半ばの改革を加速させよ

     第187臨時国会が召集され、安倍晋三首相が所信表明演説を行った。首相は「地方創生国会」と位置付け、地方の現状への危機感をにじませて解決への意欲を示したが、対処すべき課題は他にも多い。首相は与野党の対決を避けて手堅い国会運営をしたいという消極的な姿勢ではだめだ。国内外の情勢に対応できるよう道半ばの改革を加速させるべきである。

    地方の衰退は国の危機

    0
    続き

    一連の朝日新聞の問題について、同紙の…

     一連の朝日新聞の問題について、同紙の紙面審議会(19日)で交わされた4人の委員の発言は同紙26日オピニオン面で公表されている。委員の一人、奥正之氏(三井住友フィナンシャルグループ会長)の批判や提言は、良識に裏打ちされた正論である。

     その一つは「9月11日の木村伊量(ただかず)社長の謝罪の記者会見は、吉田調書についての謝罪が主で、従が慰安婦問題だった。事の重さからすれば主従が逆ではないか」というもの。

    0
    続き

    未来に残したい郷土の浜辺  いしかり海浜ファンクラブ事務局長 石井滋朗氏に聞く

     札幌に隣接する石狩市。日本海に面した石狩湾には北海道の母なる川・石狩川が流れ込む。また、延々と続く自然のままの砂浜と海浜植物が生い茂る砂丘、さらに約20㌔㍍にも及ぶ天然のカシワ林は圧巻。一方、夏場になれば近郊の市町村から多くの人が海水浴に訪れるが、心ない人によって海岸が荒らされているのも事実。そうした中で石狩浜を守ろうと石狩市内の複数のボランティア団体の有志が集まり「いしかり海浜ファンクラブ」を結成した。郷土の海を守る意味と活動の内容について、「いしかり海浜ファンクラブ」の石井滋朗事務局長に聞いた。(聞き手=湯朝肇・札幌支局長)

    植生の連続性が残る海岸 植物茂る砂丘は天然の防波堤

    0
    続き

    大相撲秋場所、逸ノ城が最速タイで三賞

     大相撲秋場所の三賞選考委員会が28日に開かれ、新入幕で1横綱2大関を破った逸ノ城が殊勲、敢闘の両賞を受賞した。初土俵から5場所目での三賞受賞は、雅山に並ぶスピード記録。

     技能賞は35歳の安美錦が6度目の受賞で、11度目の三賞は豪栄道に並び現役最多となった。

    0
    続き

    大手小売り各社が地域密着で商売繁盛を図る

     カジュアル衣料品店「ユニクロ」が地元の人を地域の広告に載せたり、店舗に近くの飲食店を紹介するコーナーを設けたりするなど、大手小売り各社は地域密着を強めている。かつては大型スーパーと商店街が対立した時代もあったが、両者が一体となって商売繁盛を図る構図だ。

    0
    続き

    京都市東山の高台寺で「門前マルシェ」

     京都の食の魅力を存分に味わってもらおうと、府内の人気飲食店が京都市東山の高台寺の駐車場に集まり、「門前マルシェ」を開いた。

     高台寺は清水寺にも近く、多くの参拝者が訪れる。34店が出店した会場には、ハモカツバーガーやみたらし団子、京風だし巻きなどが並び、多くの観光客や住民が舌鼓を打った。

    0
    続き

    吉田沙保里「終わりと思った」、薄氷の4連覇

     本調子でない中、最後は代名詞のタックルで決めた。55キロ級の吉田は、決勝で圧勝を収めたが、薄氷を踏んだ4連覇に「ほっとしている」と2度繰り返した。

    0
    続き

    パキスタン・カラチの動物園に半人半獣?

     体はキツネで頭部が人間の女性という神話の中の動物「ムンタズ・ベガム」が、パキスタン・カラチの動物園で来訪者を楽しませている。

     ただ、実際は男性がムンタズ・ベガムに扮(ふん)している見せ物。

     そうと知りつつも、見物客は機知に富んだ話や占いを楽しんでいるそうだ。(EPA=時事)

    0
    続き

    リモコン使わず、話し掛けて動くテレビ

     パナソニックは、画面に話し掛けるだけでリモコンなしで電源を入れたりチャンネルを切り替えたりできる高画質の4K対応テレビ「ビエラAX900シリーズ」4機種を10月17日に発売する。

    0
    続き

    英の有志連合参加、「イスラム国」打倒は不透明

     キャメロン英首相が求めたイラク空爆の動議が英下院で26日承認されたのを受けて、英軍はオバマ米大統領が呼び掛けたイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」打倒の有志国連合に参加した。英国はシリア空爆には加わらず、地上軍投入も排除した形で参戦する。だが、英国内では2003年のイラク参戦での反省から、今回の参戦に関しても不透明感が払拭されないでいる。(ロンドン・行天慎二)

    識者見解要旨

    0
    続き

    「昭和天皇実録」の問題点

    麗澤大学教授・評論家 松本 健一

     この9月9日、宮内庁は昭和天皇の生涯の公式記録である「昭和天皇実録」の内容を公表した。これは、宮内庁によると、国内外の公文書や元側近の聞き取りなど3152件の資料をもとに編さんしたもので、そのうち約40件は未公表のものである。

    0
    続き

    沖縄報道の違和感

     イベントが開催されると、必ず主催者から参加者の人数が発表される。

     9月20日に沖縄県名護市辺野古の浜で開催された県民集会「みんなで行こう、辺野古へ。止めよう新基地建設!9・20県民大行動」では、主催者発表で5500人が参加したとして、マスコミ各社もその数字をそのまま報道していた。

     筆者は、上空から撮影した集会のニュース映像を見たとき、主催者発表の人数に疑問を感じた。

    0
    続き