■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 8月, 2014のデータ一覧

    女優・吉永小百合さんに万雷の拍手

     カナダで開催中のモントリオール世界映画祭で、ワールドコンペティション部門に出品された女優の吉永小百合さん(69)が主演する「ふしぎな岬の物語」の公式上映が、現地時間29日夜に行われた。上映後は約1000人の観客から万雷の拍手が起こり、共演の阿部寛さん(50)と舞台あいさつに立った吉永さんは感激の表情を見せた。

    0
    続き

    ボランティアが続々「自分にできることを」

     広島市の土砂災害から2度目の週末となった30日、続々とボランティアが支援に駆け付けた。「何か自分にできることをしたい」。晴れた空の下、土砂やがれきの撤去に汗を流した。

     同市安佐南区のボランティアセンターでは午前8時前、300~400人が列を作った。受け付けを1時間早め、開始約1時間20分で約2000人が集まったため締め切った。

    0
    続き

    東京都と杉並区が首都直下地震想定で防災訓練

     防災週間初日の30日、東京都は杉並区と合同で、震度6強の首都直下地震が発生したという想定の防災訓練を実施した。老朽化した木造住宅が密集する地域に重点を置き、防災力強化を図る。

    0
    続き

    七戸龍、世界柔道選手権で大健闘の銀メダル

     25歳には最高の財産になった。男子100㌔超級の銀メダル。日本の重量級に一筋の光が差す大健闘だった。

     世界最強リネールとの決勝。七戸は諦めていなかった。指導3を重ねたのは痛かったが、見せ場は残り41秒。場外際で得意の右大内刈り。リネールの巨体が畳に落ちた。有効かと思われたが、リネールは腹から落ちたと判定され、ノーポイント。だが、王者への果敢な攻めに、会場は判定を不満とするブーイングに包まれた。

    0
    続き

    「かわいい」御朱印帳に人気が集まる

     寺社参拝の証し「御朱印」をもらうための帳面「御朱印帳」に、鮮やかな色やドット柄を使うなど若い女性向けのものが登場している。従来は寺社で販売される落ち着いた色柄のものが主流だったが、御朱印集めの裾野の広がりを受け、織物会社や文具メーカーが独自の御朱印帳を作り始め、人気を集めている。

    0
    続き

    エアギター世界選手権、名倉七海さんが優勝

     フィンランド中部オウルで29日夜(日本時間30日未明)に開かれたエアギター世界選手権で、日本人女性、名倉七海さん(19)が優勝した。日本エアギター協会がサイト上で発表した。

     名倉さんは、5人組アイドルグループ「テレパシー」(4月解散)の元メンバー。フェイスブックによると、7月に宮城県で行われたエアギター日本大会で優勝、世界選手権出場権を得ていた。

    0
    続き

    カボチャの芸術、スキー・ジャンプ選手の人形

     ドイツ・ベルリン郊外クライストウの農場に、数百個のカボチャでつくったスキー・ジャンプ選手の人形が登場した。

     カボチャ生産が有名なクライストウでは、30日からの「カボチャ祭り」開幕に合わせた準備作業が急ピッチで進んだ。(EPA=時事)

    0
    続き

    中国「外資たたき」は習主席の人気取りと「プライムニュース」が分析

     中国国家発展改革委員会(発改委)が日本の自動車部品メーカー12社に対し、独占禁止法に違反したと認定し、うち10社に対して計12億3540万元(約200億円)の罰金を科したことが波紋を広げている。中国が独禁法で罰金を科した額としては過去最高額とされるからだ。

     これ以外にも、外資系企業に対する中国当局の独禁法による摘発、調査はここ1年半で相次いでいる。

    0
    続き

    眞子さま、手話であいさつされる

     秋篠宮殿下御夫妻の長女眞子殿下(22)は30日、東京都内で開かれた高校生の手話スピーチコンテストに出席し、手話を交えてあいさつされた。

     「手話を学び始めたところです」と切り出された眞子さまは、一部を手話通訳者に任せたものの、大きくはっきりした手ぶりと共に「出場される皆さまには、自分の思いや考えを豊かな手話で表現していただきたいと思います」と述べられた。

    0
    続き

    防災・減災に知災・備災を

    拓殖大学日本文化研究所客員教授 濱口 和久

     8月19日深夜から20日未明にかけて広島市に降り続いた豪雨により引き起こされた土砂災害(土石流や土砂崩れが発生)によって、多くの尊い命が犠牲となった(8月30日時点で72名の死亡が確認されている)。

    0
    続き

    子供の学力向上、4家庭と学校の一体化が課題に

     小6と中3を対象にした全国学力テストによって、地域格差の解消が進んだことが明らかになった。日教組を支持基盤とする民主党への政権交代に伴い、抽出方式になるなど曲折はあったが、全員参加のテストによって、各学校の課題とそれを克服するための対策が明確になるとともに、教師の意識改革が進んだ結果だと評価できる。

    沖縄の小学校が大幅改善

    0
    続き

    「鰤(ぶり)寄せの撒き餌はじまり島九月」…

     「鰤(ぶり)寄せの撒き餌はじまり島九月」(前島たてき)。あすから9月になるが、この夏の暑さを振り返ると、残暑がぶり返す恐れがあって油断できない。それでも、8月に比べると9月は視覚や語感の上でも秋という感が深い。

     暑さはここ数日の雨で少しばかり収まったが、気温の低下で体調を崩す人も少なくないようだ。気流子の周囲でも、風邪を引いたり、コンコンとセキをしたりする人を見かける。人間の体は、気温が急に大きく変わると対応できないということだろう。

    0
    続き

    「めぐみさんウィーン滞在説」の真偽

     産経新聞電子版(8月29日)をフォローしていたら、「石井一民主党元国家公安委員長(80)が29日、神戸市であった自身の旭日大綬章受章記念パーティーで、北朝鮮による拉致問題に触れ『日本政府はいまだに横田めぐみさんらを返せと騒いでいるが、もうとっくに亡くなっている』と発言した」という記事が目に入った。元公安委員長を務めた政治家であり、自身も「北朝鮮事情に精通している」と豪語しているから、その情報にはかなり自信があるのだろう。

     めぐみさんの生死については、北朝鮮側が2002年、日朝首脳会談で拉致を認め、「遺骨」を提出したが、日本側が鑑定した結果、別人のDNA型が検出された。そのため、北側の発表にもかかわらず、「めぐみさんは生きている」といった期待が膨らんだ経緯がある。ご家族がめぐみさんとの再会を願って、帰国を待っておられるときだけに、やたらな情報を流すことは慎むべきだろう。めぐみさんは北朝鮮の日本人拉致事件のシンボル的な存在だ。そのめぐみさんが石井元国家公安委員長がいうように、すでに亡くなっているとしたら、拉致問題の全面的解決を目指す安倍晋三政権にとってはかなりショックとなることは間違いない。

    0
    続き

    厚労省、子宮頸がんワクチンの副反応報告の収集強化

     子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に体の痛みなどを訴える人が相次ぎ、接種勧奨が一時中止されている問題で、厚生労働省は29日、副反応報告の収集を強化すると発表した。対象とする症状を拡大するほか、転院した患者の追跡調査も徹底する。

     厚労省によると、これまで医療機関に報告を求めていた症状は、急性アレルギー反応の「アナフィラキシーショック」など5症状で、接種後の発症期間も限定。その他の症状については医師の判断に任せていた。

    1
    続き

    米アカデミー名誉賞、宮崎駿監督に授与

     アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーは28日、アニメ映画監督の宮崎駿さん(73)にアカデミー賞名誉賞を授与すると発表した。映画界への長年の貢献をたたえる同賞を日本人が受賞するのは1990年の黒沢明監督以来24年ぶり2人目。11月8日に米ハリウッドで授賞式が行われる。

    0
    続き

    首都直下型地震に備え、東京・銀座で震災訓練

     東京都中央区銀座で29日午前、震度6強の首都直下型地震を想定した防災訓練が行われた。地元町会で組織する銀座震災対策委員会が主催。東京消防庁と警視庁、住民やデパートの従業員を含め計約5000人が参加した。

    0
    続き

    米グーグル、配達用無人機を開発

     米IT大手グーグルは28日、物品の配達を行う無人飛行機を開発中だと発表した。数年以内の実用化を目指す。米アマゾン・ドット・コムも無人機を使った商品の宅配をテストしており、本格的な商業利用に向けた研究が加速している。

    0
    続き

    Summer of GOP flip-flops: Jindal, Paul, Rubio change course on key issues ジンダル、ポール、ルビオ各氏が重要課題で方針転換

    Louisiana Gov. Bobby Jindal’s lawsuit Wednesday challenging the federal Common Core education curriculum makes him the latest GOP presidential hopeful to use the dog days of August to recalibrate himself toward the conservative voters who will decide the 2016 Republican presidential nominee.

    0
    続き

    「なつめはまだ小学校の二年生だけれども、…

     「なつめはまだ小学校の二年生だけれども、夏休みが終わりに近づくのを憂鬱な気持ちで待つという経験は、早くも始まろうとしていた」。講談社文芸文庫に収められた庄野潤三の長篇家庭小説『ザボンの花』の一節だ。

     夏休みも、きょうを入れてあと2日。この時期の子供たちの心境は、庄野がこの小説を書いた昭和30年頃とほとんど変わっていないだろう。なつめちゃんと同じように、夏休みも終わりかと思う子もいれば、もうすぐ友達と会えると思う子もいるだろう。

    0
    続き

    インド首相訪日、日印関係の一層の発展を期待

     インドのモディ首相がきょう、公賓として来日し、9月1日にモディ政権発足後初の日印首脳会談を開く。

     かねて親日家と言われているモディ首相の来日を機会に、日本とインドの関係のさらなる発展が求められる。

     当初の予定を1日前倒し

    0
    続き

    ローマ法王訪韓と映画「鳴梁」

    韓国紙セゲイルボ

     セウォル号特別法の国会通過は五里霧中にあり、巻き添えを食っている民生法案の審議も止まったままだ。

     その渦中にフランシスコ法王が韓国を訪問した。光化門で開かれた殉教者124位施福式を挙行するなど、4泊5日間、連日「ビバ、パパ」の叫び声が響いた。

    0
    続き

    アギーレ監督「ゼロからのスタート」

     サッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督(55)メキシコは28日、東京都文京区の日本サッカー協会で、就任後初采配となる国際親善試合のウルグアイ戦(9月5日、札幌ドーム)とベネズエラ戦(同9日、神奈川・日産スタジアム)の日本代表メンバー23人を発表した。

    0
    続き

    西之島に「溶岩マウンド」、爆発的噴火の恐れも

     海上保安庁は27日、噴火活動が続く小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)の火口に、湧き出した溶岩が積み上がった「溶岩マウンド」ができたと発表した。溶岩の通り道がふさがれて爆発的な噴火につながる可能性があり、海保は島から半径6キロには入らないよう引き続き呼び掛けている。

    0
    続き