■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 7月, 2014のデータ一覧

    日経と読売が処罰の公平性重視し裁判員判決破棄した最高裁を支持

    「厳罰化」傾向に判断

     幼児を虐待死させた事件の裁判員裁判が下した、検察側の求刑の1・5倍に当たる判決の是非が争われた大阪1歳児虐待死事件(2010年1月)の上告審判決。最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)はこの24日に「裁判員裁判の量刑判断は尊重されるべきだが、他の裁判の結果との公平性が保たれた適正なものでなければならない。過去の量刑傾向を共通認識として評議を深めることが求められる」との初判断を示した。

    0
    続き

    北朝鮮急変事態とともに中長期的計画策定を

    韓国紙セゲイルボ

     北朝鮮の核とミサイル問題を未来の交渉可能議題に設定する既存のアプローチは、軍事的にも政治的にも望ましくない。新統一方案では北朝鮮の実質的核脅威を前提に、これを抑制する具体的で説得可能な方式が含まれなければならない。

     その実質的解決法が提示されてこそ、米国、中国など周辺国は、核を保有した北政権に“免罪符”を与えないよう圧迫するはずだ。

    0
    続き

    米国の対中牽制姿勢を反映、中国が初参加のリムパック2014

     ハワイ沖で22カ国が参加して行われている環太平洋合同演習(リムパック)が終盤に入っている。今回は初めて中国が参加し、演習への国際的関心も高い。(久保田秀明)

    0
    続き

    気掛かりな浅草寺仏像破壊

    歴史家 金子 民雄

     この地球上に生まれた人類(ホモサピエンス)は、動物では同じであっても、哲学的に言えば「叡知人」ということになり、最もすぐれているということらしい。ところがそうは言っても、人は生まれた土地や国柄が違えば、もう互いの理解は容易なことでない。

    0
    続き

    「大和魂貫く」、「大関豪栄道」が誕生

     緊張した表情で使者を迎えた豪栄道。実直な性格を表すように、口上は簡潔だった。「これからも、大和魂を貫いてまいります」。はっきりと大きな声を響かせ、大関を務め上げる覚悟を示した。

     「大和魂」という言葉は、師匠やおかみさんと相談して決めた。豪栄道は「日本人の我慢強さや潔さなど、いろんな意味が込められている。自分の気持ちをシンプルに伝えた」。

    0
    続き

    ギリシャで来月から太陽光船で先史時代を調査

     太陽光だけが動力源の船「プラネット・ソーラー」号がこの夏、ギリシャで先史時代の調査に協力する。スイスとギリシャの科学者による合同調査団が28日、発表した。

     プラネット・ソーラー号はドイツで建造され、約500平方メートルの太陽光パネルを背負う全長31メートルの双胴船。スピードは時速7・5ノット(時速約14キロ)だが、2012年にはこの種の船としては初めて世界一周に成功した。

    0
    続き

    親子で「世界に一つ」の化粧品箱作りに挑戦

     コーセーは30日、東京都中央区の本社で、社員の子供に会社の様子や業務内容を知ってもらう見学会を開いた。自分で描いた絵を用いた「世界に一つ」の化粧品箱作りに挑戦。その後、商品パッケージの作製を見学するなどして、夏休みの1日を楽しんだ。

     子供たちは、自分が描いた絵や名前がデザインされた化粧品箱の型紙を使い、親に手伝ってもらいながら箱を完成させた。見学会では、子供たちから歓声が上がる場面もあった。

    0
    続き

    山梨大、「宇宙マウス」が初めて誕生

     山梨大学は30日、フリーズドライ(真空凍結乾燥)にして国際宇宙ステーション(ISS)で9カ月間保存したマウスの精子から、赤ちゃんが誕生したと発表した。同大生命環境学部の若山照彦教授らと宇宙航空研究開発機構などの共同研究。魚類や両生類では成功例があるが、哺乳類では世界初という。

    0
    続き

    ドイツのミュンヘンで「一足先にいただきます」

     28日、ドイツのミュンヘンで、大きなライオンの像にビールジョッキを持たせる男性ら。

     9月中旬に始まるビールの祭典「オクトーバーフェスト」の準備の一こまだ。

     ライオンの口からは「待ちきれない」との声が聞こえてきそう。(EPA=時事)

    0
    続き

    中産層の危機

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     米国のあるメディアは数年前、中産層を「所得は暮らしていくには十分であり、退勤途中にピザを1枚買ったり、映画・演劇を観(み)たり、国際電話をかけるためにカネを使う時に、何も考えずに使える人」だと描写した。余裕があるが、経済的な条件を見ながら、そしてやたらにカネを使わない人だと言いたいようだ。

    0
    続き

    John Kerry: Millions displaced by religious fighting in 2013 2013年の宗教的紛争で大量の避難民-国務長官

    Christians facing death threats from Islamic extremists flee their homes in Mosul, Iraq. The death toll continues to rise as Israel and Hamas bombard each other with mortar fire. In China, police officers remove landmark crosses from the Christian churches.

    0
    続き

    東京・上野にある不忍池では今、ハスの…

     東京・上野にある不忍池では今、ハスの開花時期を迎えて、薄紅色の大きな花を見ることができる。池は葉で水面が見えないほどだが、それだけ花の数も多い。俳人の篠塚しげるは「あめつちにかく微なる音蓮ひらく」と詠んだ。

     花は早朝に開いて午後つぼむので、観蓮会は午前中に開かれる。そこで句や歌にも詠まれるわけだが、引用句のようにハスに開花音があるという作品は、昭和30年代まで作られ続けたらしい。

    0
    続き

    危険ドラッグ、名称変更を根絶への第一歩に

     脱法ドラッグに代わる新しい呼称は「危険ドラッグ」に決まった。覚醒剤や大麻と同様の幻覚・興奮作用がある薬物であるにもかかわらず、「脱法」という表現が危険性を誤認させる恐れがあるため、警察庁などが代替案を公募していた。

     今回の名称変更を根絶への第一歩としたい。

     取り締まり強化の方針

    0
    続き

    韓国内乱陰謀事件で宗教指導者が「善処」の嘆願書

     北朝鮮の理念・体制に追従し、内乱陰謀を企てた罪で一審有罪を言い渡された韓国極左政党・統合進歩党の李石基議員の事件で、韓国の主要な宗教指導者らが最近、裁判所に「善処」の嘆願書を出していたことが明らかになった。控訴審判決直前であるため圧力説が飛び出すなど波紋を広げている。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    土用の丑の日、「今年は食べるぞ」

     土用の丑(うし)の日の29日、東京都目黒区の「八ッ目や にしむら 目黒店」では、ウナギを焼き上げる作業に追われた。

     「今年は豊漁で、脂の乗ったウナギを多くの人に食べてもらいたい」と店員の口も滑らか。30度を超える炎天下にもかかわらず、ウナギのかば焼きを買い求める客が長蛇の列を作った。

    0
    続き

    「豆記者」が菅義偉官房長官を表敬

     菅義偉官房長官は29日、首相官邸で、北海道函館市と沖縄県から上京した小中学生の「豆記者」62人の表敬を受けた。

     那覇市立松島中3年の高良力樹君(14)が「取材を通して私の将来の夢である政治家を実現したい」とあいさつすると、菅長官は「素晴らしいあいさつだ。政治家に間違いなくなれる。努力を積み重ね、日本の将来を担う大人になってほしい」と激励した。

    0
    続き

    ISS船長の任務に「重さ感じた」

     2013年11月から今年5月にかけ、国際宇宙ステーション(ISS)に約半年間滞在し、日本人初のISS船長を務めた若田光一さん(50)が29日、東京都内で記者会見し、「乗組員全員の安全管理やISSの機能維持など、任務の重さは感じたが、訓練で学んできたことを生かして対応できた」と振り返った。

    0
    続き

    都市対抗野球、西濃運輸が初優勝

     社会人野球の都市対抗大会最終日は29日、東京ドームで決勝が行われ、西濃運輸(大垣市)が富士重工(太田市)を2-0で破り、33度目の出場で初優勝を果たした。

     西濃運輸はこれまで都市対抗、日本選手権ともに準優勝が最高成績で、初めての社会人日本一。昨秋の日本選手権で準優勝の富士重工は、大会初制覇を逃した。

    0
    続き

    全国初、グループ学習に大型タブレットを活用

     宇都宮市教育委員会は、小中学校で行われているグループ学習に大型タブレット端末を試験導入する。児童や生徒が4人一組で大型タブレット1台を使えるようにする。

     グループ学習での大型タブレットの活用は全国で初めてという。今秋から小中学校の3校に、21・5インチサイズのタブレット10台を順次貸与。

    0
    続き

    「第37回浦添てだこまつり」で時代絵巻

     浦添市の夏の風物詩「第37回浦添てだこまつり」が7月18日から20日まで浦添総合公園などで開催された。

     浦添で誕生したといわれる琉球国王・英祖(神号「英祖日子(えそのてだこ)」)にちなんだ祭りで、メーンイベントの「浦添三大王統まつり」では戦乱の時代などをミュージカル風に再現した。

    0
    続き

    シドニーに巨大オブジェ「雲のアーチ」

     オーストラリア最大の都市シドニーのムーア市長は29日記者会見し、市庁舎前の繁華街に日本人建築家の石上純也氏がデザインした巨大オブジェ「クラウド(雲の)アーチ」を設置すると発表した。世界中から集まった約700の応募作から選出した。

    0
    続き

    皇太子殿下御一家、伊勢神宮を御参拝

     三重県を訪問中の皇太子殿下御一家は29日、伊勢神宮(同県伊勢市)の外宮と内宮を参拝された。20年に1度の「式年遷宮」が昨年終了したことに伴う御訪問で、長女愛子さま(12)は初めて。

     雅子殿下は前回式年遷宮後に皇太子殿下と訪れられて以来20年ぶりとなる。

    0
    続き

    沖縄県知事選、「保革対決」明らかに

     11月16日投開票の県知事選まであと3カ月半余り。自民党県連と地元有力経済界などが擁立する3選を目指す現職の仲井真弘多(ひろかず)知事(74)に対して、自民党県連に反旗を翻した一部の自民党那覇市議団と県政革新野党が相乗りして擁立する那覇市長の翁長(おなが)雄志(たけし)氏(63)が挑戦する「保革対立」の構造が明らかになってきた。第三の勢力として、地域政党そうぞう前代表で前衆院議員の下地幹郎氏(52)が「保革」に割り込む形で出馬表明の動きを見せており、知事選の前哨戦は、複雑な様相を呈してきた。(那覇支局=竹林春夫、豊田 剛)

    0
    続き