■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 6月, 2014のデータ一覧

    膨張する中国の対外政策、習近平政権のジレンマ 拓殖大学客員教授 石 平氏

     拓殖大学の石平客員教授はこのほど、世界日報の読者でつくる「世日クラブ」(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)で講演し「習近平政権は胡錦濤政権より危険」と指摘し、軍をバックにした習政権の暴走に警鐘を鳴らした。本記はその講演要旨。

    目的はアジアの覇権/周辺国と連携し防げ

    限界を迎える成長路線/破裂した不動産バブル

    3
    続き

    タイのコーヒー生産者に苦い試練

    地球だより

     タイの路傍にはドリンク専門の屋台がある。コーラなどの炭酸飲料やコーヒーなどが主な商品だ。コーラの味はどこでも一緒だが、ことコーヒーとなると味も味わいも一変する。

     何しろ日本人がコーヒーに期待する酸味や苦味、こくといった味わいや香りを楽しもうとすると、間違いなく失望する代物だからだ。

    0
    続き

    日米同盟を深める後方支援

    軍事評論家 竹田 五郎

     第2次世界大戦による多大の戦禍は、世界の人々に戦争の悲惨さを体験させた。各国は平和への道を希求し、国連を創設し、集団安全保障を平和への道とした。集団安全保障とは、多数の国家が相互間で戦争その他の武力行使を禁止し、これに違反して戦争その他の武力行使を行う国に対し、その他の全ての国が集団で防止し、または鎮圧することである。

    0
    続き

    W杯、ブラジルがチリとのPK戦制し準々決勝へ

     サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は28日、決勝トーナメント1回戦の2試合が行われ、6度目の優勝を目指す開催国ブラジルはチリと対戦。1-1の後のPK戦を3-2で制し、6大会連続で準々決勝に進出した。

     コロンビアは前回南アフリカ大会4位のウルグアイを2-0で破って初の8強入り。7月4日にブラジルと4強を懸けて対戦する。

    0
    続き

    小澤征爾さん気迫の指揮、スイスの聴衆魅了

     世界的指揮者の小澤征爾さん(78)が28日、自身が創設した音楽塾「スイス国際音楽アカデミー」の若手弦楽奏者を率い、スイス・ジュネーブのビクトリアホールで公演を行った。小澤さんの本格的な海外公演は3年ぶり。

     曲目はバッハとバルトークの弦楽合奏曲。指揮棒を持たず全身を使った迫力のある指揮に、楽団員28人の息がぴったりと合い、美しい調べが約20分間ホールを満たした。

    0
    続き

    炎熱のキャンプ、断食入り

     イスラム世界はラマダン(断食月)を迎え、過激派の脅威から逃れてきたイラク人が暮らす避難民キャンプでも29日、多くの人々が断食を始めた。「日中50度、夜間も40度」(援助関係者)という過酷なテント暮らしの中、日中の飲食を一切絶つ。しかし、宗教心の高まりもあってか、「命に感謝する」と語ったり笑顔を見せたりする人もいた。

    0
    続き

    ホンダ、小型ジェット機が初飛行に成功

     ホンダが米国で開発している小型ジェット機「ホンダジェット」の量産1号機が初飛行に成功した。

     乗員を合わせ6~7人乗り。エンジンを主翼の上に置く独自の設計で、燃費が良いのが特長だ。価格は450万ドル(約4億5000万円)。企業や富裕層から既に100機を超える注文を受けている。

    0
    続き

    手震えた最後のパット

     プレーオフ2ホール目、入れば優勝のパーパット。50センチほどの距離が、酒井には1メートルぐらいに感じられた。「あれぐらいのパットはすごく苦手」。打った後に手が震えたものの、ボールがカップに消えると、うれし涙が止まらなかった。

    0
    続き

    備前焼の箸置き付きパンフレットを作製

     岡山県備前市は、特産の「備前焼」に親しんでもらい、市の魅力を発信しようと、備前焼の箸置き付きパンフレットを作製した。パンフレットをスマートフォンで見られる無料アプリの配信も始めた。

     パンフはA4サイズ13ページ。市内の観光情報に加え、若者らにも備前焼をアピールするため、つぼや皿だけでなく、コーヒーカップやブレスレットなど新しい備前焼グッズを紹介している。

    0
    続き

    ベトナムの伝統衣装「アオザイ」で領有アピール

     ベトナムのファッションデザイナー、トゥアン・ベト氏が、南シナ海の西沙(英語名パラセル)、南沙(同スプラトリー)両諸島の古地図をあしらった伝統衣装のアオザイを発表し、話題を呼んでいる。(国営紙トイチェ提供=時事)

    0
    続き

    読書好きの子供を増やそう

     青森県八戸市は先月、市内の書店で使える独自の「マイブッククーポン」を市内の全児童に配布した。「本のまち八戸」を掲げる市のマイブック推進事業の一つで、読書に親しむ環境づくりとして、児童が自ら書店で本を選び購入することを体験してもらうのが狙いだ。全国でも例がない。(市原幸彦)

    0
    続き

    親との関わり深いほど育てられる子供の道徳観

     保護者の関わりが深いほど、子供の自己肯定感や道徳観を育てる――。国立青少年教育振興機構が3月に公表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成24年度実施)で、このような結果が出ている(小中高の児童生徒約1万8000人と保護者約1万6000人対象)。

    0
    続き

    世界で戦える人材育成

     サッカーのW杯関連テレビ番組が開催地ブラジルの子供たちの遊び風景を映し出していた。貧困地区の路上で、裸足(はだし)でボールを追い回す子供が「将来はネイマールのような選手になりたい」と夢を語っていた。

     最近帰省した折、東北の田舎で目にしたのは、これとは対照的な光景だった。外で遊ぶ子供の姿はまったく見あたらない。子供の数が減ったのと、ゲームで遊ぶ子供が増えたこと、さらには塾通いなどの要因が重なっているのだろう。その一方で、人口8000人足らずの農村なのに夜間照明付で人工芝のピッチというサッカー場ができていた。

    0
    続き

    首相の政権運営 内閣改造は秋に先送り

     いま永田町でどの党が「これでよし」と自己満足しているかと問われると、やはり自民党の名前を挙げないわけにはいかない。

     自民党はいうまでもなく政権党だ。政権党は数の上から言っても与野党を通じてナンバーワンの立場にある。群がる群小政党を眺め回して「文句あるか」と開き直ればそれまでだ。野党勢は「グー」の音も出ない。

    0
    続き

    「都議会やじ」で謝罪経緯は追ったがセクハラに関心薄い文春、新潮

     都議会セクハラやじ騒動は、予想通り、韓国や米国にまで拡大している。これは「慰安婦」攻撃に晒されているわが国にとって、もっとも起こしてほしくない問題だった。「性的虐待」「女性の人権を軽視する国」というイメージに繋げられやすいからだ。

     “犯人”がすぐに名乗り出て謝罪し、即座に処分が下されれば、ダメージは最小限で収められた。しかし、事態は逆の最悪の展開をする。“犯人”はしらを切り、詰められて一転白状し、“被害者”は海外に“告げ口”をした。

    0
    続き

    司法取引、治安の全体像見据え改革を

     容疑者や被告が捜査機関に協力し、他人の犯罪事実を明らかにすれば、起訴を見送ったり、求刑を軽くしたりする。そんな「司法取引」の導入が議論されている。汚職や詐欺、薬物などの組織犯罪などで適用するというのだ。

     取り調べ可視化に対応

    0
    続き

    「海がどんなものか、話で聞いただけでは…

     「海がどんなものか、話で聞いただけではだめ。海を体感し理解するために海に出てみよう」と海事に関する著書が多い山崎祐介・富山商船高専名誉教授。

     「海」をテーマに若者の情操育成を活動の一環とするNPO法人世界平和海洋訓練教育協会(本部・神奈川県横浜市)の講演会が一昨日行われた。冒頭の言葉は「海が好きだ」と題した山崎氏の講演の一節だ。

    0
    続き

    「韓国訪問」は法王の健康上リスクか

     ローマ法王フランシスコは27日、予定していたローマ市のガメリ病院創設50周年記念行事の参加を「体調不良」を理由に見合わせた。バチカン法王庁からの情報によると、予定された記念ミサはミラノのスコラ枢機卿が代行したという。フランシスコ法王の体調問題については、「法王が突然、体調の不良を訴えただけだ。法王の健康には問題がない(ロムバルディ報道官)というが、今年12月で78歳を迎える南米出身のフランシスコ法王はここにきて体調不良を訴える回数が増えている。

     フランシスコ法王は5月24日から3日間、ヨルダンの首都アンマンを皮切りに、ベツレヘムとエルサレムの中東の3都市を訪問し、その直後(6月8日)、ユダヤ教代表のイスラエルのペレス大統領(当時)とイスラム教代表のパレスチナ自治政府アッバス議長をバチカンに招いて中東和平の祈祷会を開いたばかりだ。そして8月14日から18日、韓国を公式司牧し、大田や忠清南道一帯で開かれる「第6回アジア青年大会」に参加する。来年初めにスリランカとフィリピンの訪問が控えている。年内にアルバニア訪問の話も流れている、といった具合だ。

    0
    続き

    香港民主派、普通選挙実施求め抗議行動

     香港の次期トップを選出する2017年の行政長官選に「普通選挙」を導入する制度改革をめぐり、民主派が長官になる可能性を強く懸念する中国政府は、親中派を巧妙に操って行政長官選から民主派を排除する選挙制度を練っている。民主派は反発し、「真の普通選挙」が実現されなければ金融ビジネス街の中環(セントラル)を占拠する街頭行動で抗議する計画を進めており、混乱と緊張が高まっている。(香港・深川耕治)

    0
    続き

    日本人女性が金賞と銀賞を獲得

     米ミシシッピ州ジャクソンで開かれていた若手バレエダンサーの登竜門「ジャクソン国際バレエコンクール」で27日、最終審査結果が発表され、19~26歳のシニア女性部門で日本の加瀬栞さん(22)と宮崎たま子さん(25)=いずれも東京都出身=がそれぞれ金賞と銀賞を獲得した。

    0
    続き

    スウェーデンのカール・フィリップ王子が婚約

     スウェーデン王室は27日、国王夫妻の長男カール・フィリップ王子(35)が、2015年夏に元モデルのソフィア・ヘルクビストさん(29)と結婚すると発表した。王室ホームページに掲載された声明によれば、日取りは今後決まるという。

     王子は声明で「彼女に残りの人生を私と過ごしたいか尋ねたら、イエスと答えてくれた」と報告。ソフィアさんは記者会見で、王子から指輪を受け取ったと明らかにした。

    0
    続き

    全国各地のローカル鉄道グッズがずらり

     全国各地のローカル鉄道グッズを集めて販売する「元祖・ローカル線本舗」が28日、東京都墨田区の東京スカイツリー前にオープンした。北は岩手県の三陸鉄道、南は熊本県と鹿児島県を結ぶ肥薩おれんじ鉄道まで、13社のオリジナル商品がずらりと並ぶ。

    0
    続き