■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 4月, 2014のデータ一覧

    北朝鮮の「正恩式暴走」は予測不可能?

     オバマ米大統領のアジア歴訪で日米韓3カ国による対北朝鮮包囲網の強化が確認されたが、その結果を見極めるように北朝鮮が武力挑発をまたエスカレートさせている。「核以上の脅威」をちらつかせ、黄海では約1カ月ぶりとなる砲撃を行った。血気盛んな“最高司令官同志”(最高指導者・金正恩第1書記)の暴走はとどまる所を知らない。(ソウル・上田勇実)

    0
    続き

    Voting with one’s feet shows folly of liberal economic policies 足による投票はリベラル派の経済政策の愚かさを示す

    Once-big and powerful states are shrinking. Suffocating under the weight of liberal policies, powerhouse states have atrophied into uncompetitive and unwelcoming weaklings.

    It’s all laid out in a report by the American Legislative Exchange Council. Co-authored by Arthur Laffer, a Reagan economic adviser, and Stephen Moore, an economist at the Heritage Foundation, the report titled “Rich States, Poor States” identifies key ingredients of a thriving economy: low personal and corporate income-tax rates, reasonable property- and sales-tax burdens, restraint on the number of government employees and curbs on state spending.

    0
    続き

    日本はオバマ氏を信頼できるか

     オバマ米大統領のアジア4カ国歴訪は無事終了した。ワシントンは大統領のアジア歴訪を、日本を含むホスト国アジア4カ国は米大統領の訪問を、それぞれどのように評価しているだろうか。世界唯一の大国・米国の大統領公式訪問はアジア4カ国にとって大きな政治的価値があったことはいうまでもない。

     最初の公式訪問先・日本では、オバマ大統領は安倍政権が願っていた「尖閣諸島に日米安全保障条約第5条が適用される」という内容を明記した日米共同声明を発表した。訪韓では、北朝鮮の核脅威に対して米韓両国の協力強化、訪問4カ国で唯一イスラム教国マレーシアでは27日、環太平洋経済連携協定(TPP)の早期妥結を確認し、フィリピンでは28日、米比の新軍事協定を調印するなど、ビジネスライクの米大統領らしく課題を次々とこなしていった。

    0
    続き

    衆院鹿児島補選、勝って驕らず懸案に対処せよ

     衆院鹿児島2区補欠選挙で、自民党新人で公明党推薦の候補が勝利した。消費税率が8%に引き上げられてから初の国政選挙だっただけに注目されたが、安倍晋三首相は勝利を自ら進める経済政策への信任と受け止め、引き続き景気回復に最優先で取り組む方針だ。

     ただ、争点は消費増税だけだったわけではない。驕(おご)らずに山積する重要懸案の解決に対処しなければならない。

    安倍政権への中間評価

    0
    続き

    「起業」といえば、わが国では野心はあるが…

     「起業」といえば、わが国では野心はあるが経営の先行きが不透明――と見られがちだった。だが、景気の回復傾向を追い風に、政府も起業を後押しする取り組みを進めている。

     前駐日米大使ジョン・ルース氏は昨年、東日本大震災後の復興のために「起業の阻害要因を取り除く政策変更が必要だ」と強調。米シリコンバレーでベンチャー支援に携わってきた同氏ならではのメッセージを残した。

    0
    続き

    福島・郡山市で「東京ガールズコレクション」

     若い女性に人気のファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」が29日、福島県郡山市で開催された。東日本大震災の被災地での開催は初めて。人気モデルのほか一般公募で選ばれた県内の小学生も参加し、9800人の観客に笑顔を振りまいた。

     原発事故に苦しむ福島に元気を与えようと、TGC実行委員会が県などに呼び掛け実現した。

    0
    続き

    安倍首相、昭恵夫人とともに欧州歴訪へ出発

     安倍晋三首相は29日昼、欧州歴訪の最初の訪問国ドイツに向け、昭恵夫人とともに政府専用機で羽田空港を出発した。30日にベルリンでメルケル独首相との首脳会談に臨み、安全保障や経済関係で連携を強めるほか、ウクライナ情勢について意見交換する。

    0
    続き

    広がる「陣痛タクシー」、妊婦向けサービス急増

     「陣痛が始まってからタクシーを呼んでいいだろうか。途中で破水してしまったら…」。妊婦のこうした不安を解消するため、防水シートなどを車両に装備し、研修で出産の専門知識を身に付けたドライバーが、自宅から病院まで妊婦を送迎するタクシーサービスが広がっている。

    0
    続き

    新横綱の鶴竜は備え順調、白鵬は軽めの稽古

     大相撲夏場所(5月11日初日、東京・両国国技館)を控えた29日、横綱審議委員会による稽古総見が同国技館の本土俵で一般に公開して行われ、新横綱の鶴竜は日馬富士、稀勢の里と取って順調な調整ぶりを示した。

    0
    続き

    三毛猫の「たま」駅長、喜寿の祝い

     和歌山電鉄貴志川線貴志駅の駅長を務める三毛猫の「たま」が29日、15歳の誕生日を迎えた。

     人間に例えると77歳に当たることから、喜寿の祝いを開いた。プレゼントは、健康長寿祈願の札やジャガイモでできた生地に肉や魚を詰め込んだ特製ケーキ。

     高齢ながら毛の艶が良く歯も丈夫なため、今後も元気な姿を見せられるという。

    0
    続き

    ローマ法王の「韓国国民への伝言」

     中央日報日本語電子版(26日)によると、韓国の天主教(カトリック教会)大田教区長のユ・フンシク主教は24日、バチカンでフランシスコ法王を謁見した。ユ主教は、韓国の珍島沖で起きた旅客船「セウォル号」沈没事故の犠牲者を哀悼した法王の祈祷に感謝の意を伝えたという。

    0
    続き

    特攻隊員の慰霊に心遣いを

    元統幕議長 杉山 蕃

     今年も北の郷を残し、桜の季節が過ぎて行った。絢爛と咲き誇り、未練気もなく豪華に散っていく桜を見るたび、「靖国神社の桜と成って、咲いて会おう」と健気に散って行った特攻隊の若き戦没者に万感の思いを馳せざるを得ない。筆者の年代からは「お兄さん」世代にあたり、一段と近い感覚がある。隣のお兄さんも、学徒出陣され、飛行訓練を受け、特攻隊員として出撃直前宮崎で終戦、尾羽打ち枯らして復員、「死にそびれました」と両手をついて号泣されていた姿を思い出す。

    0
    続き

    与那国が埋める空白

     台湾と海を挟んで国境を接する日本最西端の与那国島(沖縄県与那国町)で、4月19日、陸上自衛隊の沿岸監視部隊が常駐する駐屯地施設の起工式が行われた(朝雲新聞4月24日付)。

     沖縄県内の自衛隊駐屯地・基地の設置は昭和47年の本土復帰以来、初めてとなる。

    0
    続き

    米大統領の「尖閣に安保適用」明言にもピントを外して社説書く朝日

     「米大統領『尖閣に安保適用』」。オバマ大統領の単独書面インタビューが読売23日付1面トップを飾った。スクープと言ってよい。中国が挑発行動を続ける尖閣諸島に対して、歴代大統領として初めて日米安保条約第5条(米国の対日防衛義務)の適用範囲にあると言明したからだ。

     この日にオバマ大統領は訪日した。尖閣をめぐる発言が注目されていただけに他紙は出し抜かれた格好だ。インタビューを申し込んだのは読売だけなのか、それとも米国側が日本で最大部数を誇る読売を選定したのか。いずれにしても他紙の臆測記事を一挙に吹き飛ばした。

    0
    続き

    感謝される植民地教育

    地球だより

     ルイスさん(58)一家は数年前にインドのゴアからロンドンに移住してきた。故郷ゴアのことやインドの話を聞く機会がよくあるが、先日はインドの教育の問題点が話題になった。インドはヒンズー教の文化では共通しているものの、大きくは28州に分かれていて言語も各地方別に幾つもあり、統一した共通言語がないことがまず大問題ということだ。

    0
    続き

    昭和の日、五輪を再び飛躍につなげたい

     きょうは「昭和の日」。昭和天皇の誕生日である。その遺徳を偲びつつ、激動の日々を経て復興を遂げた昭和の時代を改めて顧み、この国の未来に思いを致したい。

     経済大国への歩みに弾み

     昭和が終わってから既に四半世紀が経過し、日々遠くなっていく。「記憶」から「歴史」になりつつあると言えるが、偏りのない昭和史が語り継がれていくことの重要性を痛感する。

    0
    続き

    初夏間近のゴールデンウイークは紅、白、…

     初夏間近のゴールデンウイークは紅、白、ピンク色も鮮やかなツツジが葉を覆うばかりに咲き乱れる季節である。小社前の都道447号沿いにある歩道の生垣ツツジも、今が花盛り、わがシーズンと自己主張する。

     そのツツジにとり囲まれて立つ街路樹ハナミズキも、紅、白、ピンクと色はツツジと同じだが、こちらは淡い小ぶりの花を息長く咲かせて楽しませてくれる。桜のあとの花は盛りを過ぎ、次のツツジに押されて少し遠慮気味に咲く趣で、そのぶん爽やかな風に揺れる様に気品が漂う。

    0
    続き

    東京・文京区の根津神社でツツジが見頃

    東京・文京区の根津神社でツツジが見頃

     東京都文京区の根津神社で、ツツジが見頃を迎えている。

     赤や白、紫など色とりどりに咲き誇ったツツジは約100種3000株。

     訪れた人たちは、境内を散策したり、撮影を楽しんだりしていた=28日午後

    0
    続き

    錦織が苦手のクレー克服、バルセロナOPで優勝

     苦手だったクレーで、最後までどっしりとしていた。格下ヒラルドとの決勝。相手のバックがネットにかかると、錦織はしゃがみ、そして右拳を何度か握り、抑えていた感情を解き放った。

     第1セット、いきなりブレークを許した。ヒラルドにスピンを多用され、跳ねるボールやスライスを織り交ぜて揺さぶられた。だが、慌てなかった。0-2からブレークバックして6ゲーム連取。主導権を奪い返すと、そのまま押し切った。

    0
    続き

    広島は快進撃、ユニークな苦労人たちが貢献

     プロ野球セ・リーグは広島が16年ぶりの貯金11で首位に立っている。ドラフト1、2位で入団した大瀬良(九州共立大)と九里(亜大)の両投手は、ともに先発陣の一角を担い2勝ずつを挙げる期待通りのスタート。2人だけでなくユニークな経歴を持つ新戦力も快進撃に貢献している。

    0
    続き

    高梨沙羅選手「子どもの笑顔を力に頑張りたい」

     ソチ五輪に出場したノルディックスキー・ジャンプの葛西紀明(土屋ホーム)、高梨沙羅(クラレ)両選手らが28日、岩手県山田町の船越小学校を訪れた。

     同小学校は津波で全壊し、今月から新校舎での生活をスタートさせたばかり。葛西選手らは真新しい体育館で全校児童137人とボールを使った運動で汗を流したり、笑顔で声を掛け合ったりして交流を深めた。

    0
    続き

    「ルービックキューブ」発明から40年

     米東部ジャージーシティーで、巨大な六面立体パズル「ルービックキューブ」に興じる女性。

     世界中の老若男女が頭を悩ませてきた名玩具は、今年で考案から40年となる。(EPA=時事)

    0
    続き

    離島防衛と自衛隊、迅速な対応体制の整備急げ 拓殖大学客員教授 濱口和久氏

     本紙のコラム「防衛レーダー」の執筆者である濱口和久拓殖大学客員教授は17日、世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の第154回定期講演会で、「離島防衛と自衛隊」をテーマに講演した。以下はその要旨。

    増強目覚ましい中国海軍/南西諸島にヘリ空母、原潜を

    海保巡視船の火器は貧弱/第15旅団を師団規模に

    0
    続き