■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 3月, 2014のデータ一覧

    中国の脅威に一致団結せよ

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     相変わらず中華人民共和国は日本の領海、領空を侵して挑発行為を続けている。過去26年間は軍事費を2桁で増額し続けている。直近の全国人民代表大会における李克強首相は、更に軍事力を強化し強い海洋国家を目指すと声高に宣言している。彼は「海洋は我々の大切な青い国土だ。海洋経済を発展させ、国家の海洋権益を断固として守り、海洋強国作りに力を入れる」と発言した。

    0
    続き

    コミュニティー文化で心の復興を 京都大学名誉教授 秩父神社宮司 薗田稔氏に聞く

     東日本大震災から3年を経て復興が進む被災地では、被災者の心の復興が課題になっている。この間、被災各地では祭りや郷土芸能が地域の人たちを元気にしていた。そこで、自身も社殿や鎮守の森の再生などに尽力している秩父神社の薗田稔宮司に、大震災で発現された日本人の霊性と復興への課題について伺った。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    培われた立ち直る文化力/死者を含めた地域共同体

    0
    続き

    フランスで右派躍進、欧州議会選に影響

     フランスでは30日、統一地方選挙の決選投票が行われた。23日の第1回投票では右派・国民戦線(FN)が過去最高の得票率を記録した一方、与党・社会党などの左派候補が苦戦した。FN候補の当選阻止のため左派政党と中道右派政党が共闘するなど、なりふり構わぬ選挙戦で決選投票にもつれ込んだ。FNの躍進の背後に何があるのか仏国民の複雑な事情が浮かび上がってくる。(パリ・安倍雅信)

    0
    続き

    フィリピンで相次ぐ交通機関の事故

    地球だより

     このところ、フィリピンでは交通機関の事故が相次ぎ、杜撰(ずさん)な安全対策が浮き彫りとなっている。

    0
    続き

    「アジアのデトロイト」争奪戦

     「アジアのデトロイト」を目指して走ってきたタイを2番手のインドネシアが急追している。世界最大のイスラム国家であるインドネシアの強みは、中東マーケットへのパイプがあることだ。自動車会社は国内市場をにらむだけでなく、インドネシアを海外輸出基地として活用することを考えている。(池永達夫)

    0
    続き

    「質的優位」維持に逆行する米 米大西洋評議会上級研究員 ロジャー・クリフ氏に聞く(上)

    新QDRと米中軍事バランス

     オバマ米政権が発表した「4年ごとの国防計画見直し(QDR)」の下で、米国は軍拡に邁進(まいしん)する中国に対し優位を維持できるのか。アジア太平洋地域の軍事バランスが崩れつつある中で、日本は何をすべきなのか。中国軍事動向に詳しい米シンクタンク、大西洋評議会のロジャー・クリフ上級研究員に聞いた。(聞き手=ワシントン・早川俊行)

    0
    続き

    渡辺氏の借入問題で疑惑解明に自ら積極姿勢を

     「政治とカネ」をめぐる疑惑がまた浮上した。みんなの党の渡辺喜美代表が化粧品会社会長から8億円を借り入れていた問題で、使途が不明なため法に抵触する可能性がある。

     同党が主導して調査をするというが、それで疑惑を晴らせるのか。渡辺氏本人が「違法性はない」と主張するなら、自ら衆院政治倫理審査会の開催を申し出るなどしてでも身の潔白を証明すべきである。

     法に抵触の可能性も

    0
    続き

    15周年を迎えた京都市学校歴史博物館

     京都の学校の歴史に関する資料の保管や展示を行っている京都市学校歴史博物館(同市下京区)が15周年の節目を迎えた。平成10年の開館以降、さまざまなテーマの展示を行い、体験教室や講座も人気だ。新年度は企画展「小学校の戦前・戦中・戦後」を皮切りにスタートするなど、展示・企画内容の充実を図っている。(池田年男)

    0
    続き

    大学生8人に1人が中退/理由は不適応や無気力

     フリーターの増加につながる大学生の中退増加が問題となっている。中退者の正確な数値は公表されていないが、学校基本調査の大学入学者数と4年後の卒業者数から概算すると、毎年約5万人、大学生の8.2%が退学あるいは転学などで途中で辞めていることになる。

    1
    続き

    家庭の収入と学力

     卒業式シーズンが終わった。数日前までは、駅や電車の中で、袴(はかま)姿に着飾った大学卒業生の姿をよく見掛けた。フォーマルウエアながらもコサージュで華やかさを醸し出す母親と一緒の場合も少なくなく、そこに父親も加わっていることもあった。

     昨年、長女が大学を卒業したのに続き、今年は次女が中学を卒業した。来年は長男が大学を卒業する。いずれも本人たちから「お父さん、卒業式に来る必要ないよ」と煙たがられた身としては、両親ともども子供の卒業式に出席する姿は羨(うらや)ましくもある一方、父親までついていくことは過保護にも思える。

    0
    続き

    国民の命守った自衛官

     防衛大学校の卒業式が3月22日、安倍晋三首相を迎えて行われ、本科58期生448人が小原台を巣立った。

     安倍首相は訓示の中で、平成11年11月22日午後、埼玉県狭山市の入間川河川敷に航空自衛隊入間基地所属のT33Aジェット練習機が墜落、乗っていた故中川尋史2等空佐、故門屋義廣3等空佐の2人の自衛官が即死した(殉職後、2階級特進)事故を取り上げた 。

    0
    続き

    大学本来の在り方の追求ほしい毎日、朝日「大学合格者ランキング

     サンデー毎日、週刊朝日が毎年恒例の「大学合格者高校別ランキング」を掲載している。先週に続いて今週号は、東大や京大などの後期試験の結果、旧帝大、合格発表の早い早慶など私立大学の高校別の合格者数をランクしている。来週、再来週号とその他の大学の発表が続いていくことになるのだろう。

    0
    続き

    集団的自衛権論議 石破幹事長の腕の見せ所

     永田町では敵は反対党だけではない。毎日寝食を共にしている自党の隣人が実は最大最強のライバルだったとの例は決して稀ではない。

     政治家の多くは考え方が違う。政策も異なる。主張もてんでんばらばらだ。同じ党の同志といえどもアテにはならない。いつでも足を引っ張られる可能性がある。昨日の味方は今日の敵どころではない。朝肩を叩き合って意気投合していた同志が夕べには仇敵になって睨み合っている。こんな例は挙げるに暇がない。

    0
    続き

    調査捕鯨船「日新丸」を保有する共同船舶…

     調査捕鯨船「日新丸」を保有する共同船舶株式会社が先日、東京都渋谷区のトルコ文化センターで「クジラ料理試食会」の催しを開き、参加者に鯨の刺し身がふるまわれた。

     イスラム圏と鯨肉の縁は深く、預言者ムハンマドの言行録に、神が恩寵(おんちょう)として人々に鯨肉を与えたと記されており、ムスリムには神による食物だ。ハラル認証(イスラム圏向け食品製造管理の許可証)を得た同社が、来る東京五輪の観光客誘致の際の食材選びで選択肢の一つにとPRした。

    0
    続き

    東京都心でソメイヨシノが満開

     気象庁は30日、東京都心で桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表した。平年より4日早く、昨年より8日遅い。

     東京の桜は25日に開花。29日には千代田区大手町で最高気温22・2度を記録するなど暖かい日が続き、靖国神社の標本木の8割以上が開花した。

    0
    続き

    羽田空港の国際線発着枠、5割増便

     羽田空港の国際線発着枠が30日、大幅に拡大され、航空各社が新設・増便路線の運航を始めた。枠の拡大により、中国や韓国などの近距離路線に加え、欧州や東南アジアに向かう路線も昼間に発着するようになり、羽田の国際線は5割増の1日当たり約80便となる。地方空港からの乗り継ぎ客や、都心のビジネスマンの利便性が高まる。

    0
    続き

    浅田真央、羽生結弦らが華麗な舞

     フィギュアスケートの世界選手権成績上位者らによるエキシビションが30日、さいたまスーパーアリーナで行われ、女子優勝の浅田真央(中京大)や男子初制覇の羽生結弦(ANA)らが華麗な舞を演じた。

    0
    続き

    白鵬、日馬富士、鶴竜3横綱が勢ぞろい

     大相撲で71人目の横綱に昇進した鶴竜が30日、三重県伊勢市の伊勢神宮で白鵬、日馬富士とともに土俵入りを奉納し、モンゴル出身の3横綱が初めて勢ぞろいした。

    0
    続き

    成田空港の格納庫で紙飛行機大会

     成田空港で30日、春休み中の親子連れら約100人が参加して紙飛行機教室が開かれ、航空機の格納庫内で自作の紙飛行機の滞空時間を競い合った。29・2秒のギネス世界記録を持つ広島県福山市の会社社長戸田拓夫さん(57)もゲストとして加わり、模範演技を見せるとともに、記録更新に挑んだ。

    0
    続き

    品種改良した雪割草130鉢

     雪解け時に白や赤、紫色などの可憐(かれん)な花を咲かせる雪割草。このほど秋田雪割草研究会(菅原博美会長)の会員がコツコツと品種改良した作品約130鉢を集めた展覧会が秋田市の遊学舎で開かれた。雪割草は秋田、新潟など日本海側の雑木林や栃木県など日本全土の高山帯に自生する多年草。

    0
    続き

    シベリアトラ、春眠暁を覚えず

     ドイツ・ベルリンの動物園で、気持ち良さそうにうたた寝するシベリアトラ。

     どう猛なトラも、春の暖かな日差しに牙を抜かれた?(AFP=時事)

    0
    続き

    江戸城天守を見上げる五輪を

    評論家 太田 正利

     2020年の東京オリンピック――前回の1964年には池田内閣の末期で、競技場等の施設整備、東海道新幹線と東京モノレールの開業、東京国際空港のターミナル、首都高速、環七通りの整備等のインフラ、ホテルニューオータニ、ホテルオークラ等々の宿泊施設の増設・整備等々――は、まさに戦後日本を象徴する復活東京を世界に誇示し得るものであった。金メダルも、米(36)、ソ(30)、日(16)と世界に誇示し得る第3位の成績だった。

    1
    続き

    クリミア編入問題扱う報道番組でロシア側の理屈も拾った報ステS

     ロシアがウクライナのクリミア自治共和国を編入したことを受けて、23日放送の報道番組はこの問題を多く扱った。ロシアをめぐっては、先月の華やかなソチ冬季五輪の話題が、兵士と装甲車の映像に変わるドラスチックな展開に目を白黒させるものがある 。

     冬季五輪に続く平和の祭典・パラリンピック大会の余韻も残る21日、クリミア編入を祝って打ち上げられる花火の数々、歓声を上げるロシアの群衆の喜びは五輪開幕以上と見えてしまう。ロシアに制裁を加える西側諸国との感覚の開きは想像を超えるとしか言いようがない 。

    0
    続き