■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 1月, 2014のデータ一覧

    コロラド州とワシントン州のマリフアナ解禁

    地球だより

     米国では今月から、コロラド州で、マリフアナ(大麻)の娯楽用を含めた販売、使用が解禁になった。ワシントン州でも今年、マリフアナの販売が開始される。がんや緑内障患者などへの医薬用使用として解禁されているのは、21州である。

    0
    続き

    ならば金日成も「親日派」だ!

    韓国紙セゲイルボ

     大韓民国臨時政府主席だった金九(キムグ)は、「日帝強制占領(日本植民地)期間に朝鮮に残っていた人々は皆監獄に行かなければならない」と言った。果たして金九の言葉は正しいだろうか。

    0
    続き

    失望を招くオバマ大統領の一般教書演説

     オバマ米大統領は今後1年間の内政・外交全般の重要政策課題について議会に説明する一般教書演説を行った。支持率低下に悩むオバマ政権への審判となる11月の中間選挙を多分に意識してか、外交に関する部分は少なく、内政中心の演説だった。これでは「内向き」と評価されても仕方がない。

     中間選挙を意識した内容

    0
    続き

    日本国憲法の欺瞞、独立国家否定する9条2項

     日本には、日本国憲法が世界で唯一の平和憲法であり、第9条のおかげで、日本は戦争に巻き込まれないと真面目に信じている人たちがいる。

     しかし、成文法で平和主義条項(戦争放棄)を規定する考えは、外国の憲法にも多数存在する。西修・駒沢大名誉教授の調査によると「世界の181の国々の現行成典憲法を調査したところ、なんと149カ国の憲法に平和主義条項が導入されている。これを1990年以降に新しく制定された82カ国の憲法に限ってみると、80カ国の憲法に平和主義条項が取り入れられている」という。

    0
    続き

    子宮頸がんワクチン論争、無視される親の教育権

     重篤な副反応で苦しむ少女が多数出たことで問題となっている子宮頸がんワクチンについて、現在続く論争の盲点を浮き彫りにする論考があった。科学技術社会論研究者の佐倉統による論考「風疹の流行と何もしないことの暴力性」(「中央公論」2月号)だ。

     佐倉は「予防接種をやめることによって子宮頸がんにかかる確率の方が、副反応が生じる確率より、はるかに高い」と、ワクチン接種のメリットを強調する。さらに、ワクチン接種の副反応で苦しむのも、将来子宮頸がんで苦しむのも同じ苦痛だから、「前者は許されないが後者は許されるという理屈は、成り立たないだろう」「接種しないことによって生じる苦しみについては、みな過小評価しすぎているのではないか」とした上で、「何ごとかをしないことの暴力性についても、もっと敏感になってほしい」と接種を呼び掛けている。

    1
    続き

    少子化対策と「事実婚」、宗教的背景から離婚困難な仏

     昨年一年間に生まれた子供の数は、前年よりも6000人減って、103万1000人だった。3年連続の最少記録である。出生数が死亡数より少ないことで起きる人口の自然減は24万4000人で、こちらは過去最多だった。

     生まれる子供の数が6000人減った、人口が24万人減ったと言っても、人口減少の危機的状況は実感として伝わらないかもしれない。しかし、今から65年前の1949年、第一次ベビーブーム中の最高出生数270万人と比べれば、現在生まれる子供数の激減ぶりが分かろうというものだ。

    0
    続き

    今年の大学入試センター試験は、国語で…

     今年の大学入試センター試験は、国語で『源氏物語』からの出題があった。難解とされる作品だけに、受験生は戸惑っただろう。全6問中、文法問題は1問。「今でもまだ文法問題が出るのか?」とも思うが、センター試験以外では比重はもっと大きいはず。

     以前、カルチャーセンターで古典を担当した時、事務局から「文法だけは避けていただきたい」と言われた。ある国文学者の講座が文法についての説明ばかりで、主婦層が中心の受講者が激減したことがあるから、ということだった。

    0
    続き

    ソチ冬季五輪開幕まであと1週間、準備は着々

     2月7日のソチ冬季五輪開幕まで31日であと1週間となった。新設された競技会場はほぼ準備を整え、周辺の整備作業が急ピッチで進む。その一方で、テロの脅威に対する懸念が高まっている。

    0
    続き

    5月24・25日に「東北六魂祭」、4回目は山形

     東日本大震災からの復興と犠牲者の鎮魂を願い、東北6県の夏祭りが一堂に会する「東北六魂祭」の実行委員会は30日、山形市で記者会見し、今年の同祭を5月24、25日に山形市で開催すると発表した。被害が大きかった岩手、宮城、福島3県以外で開催されるのは初めて。2日間で延べ約20万人の人出を見込んでいる。

    0
    続き

    トヨタ自動車、ルマン24時間耐久で頂点狙う

     トヨタ自動車は30日、2014年のモータースポーツ活動を発表した。参戦3年目となる世界耐久選手権(WEC)には新型車両「TS040ハイブリッド」の2台体制で全8戦に臨み、6月の第3戦ルマン24時間耐久で伝統レース初優勝を狙う。ドライバーは中嶋一貴らが務める。

    0
    続き

    映画「エージェント:ライアン」

     CIA(米中央情報局)エージェント、ジャック・ライアンを主人公にした作家トム・クランシーのシリーズ作品は、16作品目が今年刊行予定だ。国際情勢を背景にしたドラマは、専門の研究者も驚嘆するほど。

     昨年10月そのトムが急逝した。追悼の意味を込めてジャック・ライアンの誕生を描いた映画「エージェント:ライアン」が公開される。同作は、原作には無かったリブート作品。

    0
    続き

    「那須高原森のスイーツ&パンフェスタ」

     栃木県の那須高原にはおいしい菓子屋さん、パン屋さんが数多く点在し、人気を集めている。それら約20店舗が集まる「那須高原森のスイーツ&パンフェスタ2014」が、那須町高久甲のサッポロビール那須森のビール園で2月23日(日)11時から16時まで開かれる。

     事前予約チケット制で限定200名に「那須の人気スイーツと和菓子プレート&パン詰め合わせ」を1500円で販売。

    0
    続き

    北朝鮮の「怪しい平和攻勢」どのように対応するか

    韓国紙セゲイルボ

     北朝鮮が繰り返し「相互誹謗(ひぼう)中断」を提案している。一部ではこれまで通り今後冒すかもしれない挑発に対する「名分準備」だという分析がある。過去の例から見て、今回の提案も、何か起こす前の「どうも怪しい平和攻勢」とみられている理由だ。

     朴槿恵(パククネ)大統領は「こういう時であればあるほど、より一層対南挑発などに徹底的に備えて、安保態勢に万全を期すように」と注文した。

    0
    続き

    ボリビアが原子炉建設計画推進を発表

     南米ボリビアのモラレス大統領は22日、議会演説を通じて、南米で3カ国目となる原子炉建設の計画を発表した。モラレス大統領は、ベネズエラの故チャベス大統領と同様、反米左派の首脳として知られている。原子力開発はあくまでも「平和利用が目的」だと主張、「ボリビアが全人類が共有すべき(原子力)技術から除外されるわけにはいかない」と強調した。(サンパウロ・綾村 悟)

    0
    続き

    大都市で蘇るプマシ

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     美しい価値を持った韓国語の中に「プマシ(pumasi)」がある。プム(pum)は手間、アシ(asi)は交換という意味で、互いに労力を貸し借りして助け合うことだ。似た言葉に「トゥレ」と「コジ」がある。トゥレは村落共同体で行われる共同労働で、コジは一斗(約18㍑)分の種をまく広さの田を単位にして労賃を決めて田植えから最後の草取りまで行う約束で、先にもらう労賃のことだ。

    0
    続き

    政治案件「靖国神社」の退場を

    東洋学園大学教授 櫻田 淳

     昨年末、安倍晋三(内閣総理大臣)は、靖国神社参拝に踏み切った。参拝半月を経た時点での「読売新聞」世論調査の結果に拠れば、靖国参拝への評価は、「評価する」が45%、「評価しない」が47%と拮抗していた。

    0
    続き

    日本史必修化、「日本」を世界へ発信するため

     高校での日本史を必修科目とする方向で検討が始められた。そもそも、自国の歴史である日本史が選択科目であること自体、異常である。

     文部科学省は今年夏ごろ中央教育審議会に諮問し、早ければ2020年度の実施を目指すとしているが、できるだけ早く実現してほしい。

     真の国際人育成に必要

    0
    続き

    衆院各党代表質問に対する各紙論調が印象づけた民主党の影の薄さ

     政治家には、この国をどんな国にして治め国民を幸せにするのかという経綸(けいりん)の才、あるいは経済の語源である経国済民(経世済民=世を治め民を救済する)の志や情熱が活動の原動力になければならない。そうでなければ、ただの権力亡者であり、人々にとっては粗大ゴミよりも迷惑至極な存在でしかない。

     政治理念も何もなく、ただ総理大臣になりたいだけの人がなってしまったり、政権を獲得したあとの経綸も何もなく担当能力も整わないまま、いくつもの政党が組んでなったり、あるいは「政権交代」のワンフレーズだけで熱狂する国民を幻惑し、ついには政権をものにした例がころがっている。よそ事ではない。いずれもつい最近までの日本にあったことで、国民は今もそれらの混乱がもたらしたツケを払わされているのだ。

    0
    続き

    東京都武蔵野市にある井の頭恩賜公園は、いつ…

     東京都武蔵野市にある井の頭恩賜公園は、いつ行っても家族連れやカップルや子供たちで賑わっている。日曜日に訪れてみると、大勢の人々の視線が池にそそがれていた。

     水がないのだ。周囲にオレンジ色の網が張られている。「かいぼり」が行われたのだ。水を抜いて生物を捕獲し、在来種と外来種に分ける。さらに池の底を天日に干して空気にさらし、最後に水を入れて在来種だけを放す。

    0
    続き

    STAP幹細胞「誰も信じず」、証明に5年

     iPS細胞のように、さまざまな細胞になる力を持つ「STAP幹細胞」を開発した理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子研究ユニットリーダー。記者会見では「四六時中、研究について考えていた。確信した時は夢のようだった」と笑顔を見せた。細胞に外側から刺激を与えると万能細胞ができることに気付いた後、立証までに5年。「最初は誰も信じてくれなかった」と振り返った。

    0
    続き

    1500人の専門学校生、就活いざ出陣!

     東京都千代田区の日比谷公園大音楽堂で29日、約1500人の専門学校生が「合同就職出陣式」で気勢を上げた。

     「アベノミクス効果」はまだ波及していないというが、ペット業界志望の野田真奈美さん(19)は「情報を集めて、気合で内定を取りたい」と意気込んだ。

    0
    続き

    日本国際賞、光通信レーザーの末松安晴氏に

     国際科学技術財団は29日、2014年の日本国際賞を大容量・長距離の光ファイバー通信に不可欠な半導体レーザーを開発した末松安晴東京工業大元学長(81)と、遺伝子の働きを制御する仕組みを発見したデビッド・アリス米ロックフェラー大教授(62)に授与すると発表した。

    0
    続き

    全日空、「すべらない砂」入りお守りを配布

     全日本空輸は29日、入学試験シーズンの本格化を前に、航空機整備用のドライバーに付けて滑り止めとする「すべらない砂」を入れたお守りの配布を始めた。

     羽田空港近くの穴守稲荷神社の神主が合格を祈願した3000個を用意しており、31日までの午前10時~午後1時に羽田の国内線到着口で配布する。

    0
    続き