■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 12月, 2013のデータ一覧

    Obama, as president of the ‘Great Satan,’ likely won’t make a personal visit to Iran オバマ氏のイラン訪問は非現実的

    On Iran, don’t expect President Obama to have his “Nixon to China” moment.

     Despite reports from foreign news outlets, the White House fiercely denies it is considering a trip to the Middle Eastern nation, throwing cold water on the idea that the president will personally reboot the U.S.-Iranian relationship with a visit to Tehran.

    0
    続き

    東京株が7年ぶり高値、大納会に首相出席

     2013年の最後の取引となった30日の東京株式市場は、幅広い銘柄に買いが入り、日経平均株価は前週末比112円37銭高の1万6291円31銭で終了、終値として今年の最高値を7営業日連続で更新した。昨年末からの値上がり額は5896円13銭に達し、年末の水準としては7年ぶりの高値となった。

    0
    続き

    公営住宅に移住、孫に囲まれ年越しを

     東日本大震災から3回目の年の瀬を迎えた岩手、宮城、福島の被災3県。東京電力福島第1原発事故後、立ち入りが認められた避難区域の神社は、初詣客を迎える準備に追われた。津波に被災した場所に戻った老舗料理店は、おせち作りがピークに。仮設住宅から災害公営住宅に移り、孫と年越しをする被災者家族の姿もあった。

    0
    続き

    危機に安倍政権誕生の幸運

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     2013年も世界日報の編集関係者はじめ、読者の皆様には大変お世話になり御礼申し上げます。2013年はアジアの情勢も激しく動いた1年であった。幸いに日本では安倍内閣であるがために十分にこの危機的状況にしっかりした対応ができたように思う。中国の非合法的一方的な防空識別圏の宣言に対しても毅然(きぜん)とした対応ができた。これが軟弱な政権であれば大変なことになったに違いない。

    0
    続き

    海女さんダイバーが大掃除

     東京都港区の水族館「エプソン品川アクアスタジアム」でこのほど、海女さんに扮(ふん)したダイバーによる年末大掃除イベントが行われた。

     大水槽に海女さんダイバーが登場して掃除を始めると、マンタが興味深げに寄り添って泳ぎ、来場者からは歓声が上がった。

    0
    続き

    標高3842メートルの展望施設で空中散歩の気分

     フランス南部のアルプスで、空中散歩の気分が味わえるガラス張りの展望施設が標高3842メートルの頂に完成した。

     3層構造のガラスを使い、時速200メートルの強風にも耐えられるという。建設には3年を費やした。(AFP=時事)

    0
    続き

    沖縄県知事の辺野古埋立承認に虚偽の“総意”で反対する沖縄地元紙

     沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事が政府による辺野古沿岸部(名護市)の埋め立て申請を承認した。これで懸案だった米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設が大きく前進することになった。

     同飛行場は市街地にあることから騒音や墜落事故の危険性が指摘され、1996年に日米間で移設を決めた。それから17年、紆余(うよ)曲折を経て今回の承認にたどり着いた。だが、地元紙の琉球新報(以下、新報)と沖縄タイムス(同、タイムス)は知事承認の足を引っ張ろうと、異様な反対キャンペーンを張っている。

    0
    続き

    13年の日本、活気が戻り来年へ期待膨らむ

     「来年こそよい年に変えたい」。毎年そう願いながら、日本はこの十数年間、デフレ経済から抜け出せないまま社会全体を覆う閉塞(へいそく)感の中で年末を迎えてきた。

     それが今年は「この勢いを来年も」のムードで、年末の心象も明るい展望に一変した。

    20年東京五輪開催が決定

    0
    続き

    明け方の冷え込みは一段と厳しくなったが、…

     明け方の冷え込みは一段と厳しくなったが、大晦日(おおみそか)の東京の日中は日差しを得て穏やかな日和となりそうだ。近くの広場のイチョウや欅(けやき)の大木は、大胆な刈り込みで梢(こずえ)や枝元が取り払われたのと、強い季節風であらかたの葉を落としたのとで、天に伸びる幹も枝も裸である。

     透明な青い空。冬の日が幹や梢の間を抜けてさしかけ、辺りは明るい。低木の山茶花の濃い緑葉に埋もれる花の紅さも照らし出す。悪くない佇(たたずま)いだが、薄黒く写る梢や枝を見上げて「清々しい」と思う人もいれば「木が寒々として可哀そう」という人もおられよう。

    0
    続き

    石巻でヨシを使った門松作りが最盛期

     新年を前に、宮城県石巻市でヨシを使った門松作りが最盛期を迎えている。同市を流れる北上川は日本有数のヨシの群生地。

     東日本大震災の津波被害の影響で、農家の千葉五郎さん(写真)は昨年まで栃木県産を使っていた。しかし今年は北上川のヨシを入手でき、地元産を復活させた。

     津波で妻と母を亡くした千葉さんは、門松に「絆」と書かれたカードを添えて「家族や地域が安全で明るいものであってほしい」と願いを込めた。

    0
    続き

    暖冬ベルリンで日本の桜が満開

     1989年の「ベルリンの壁」崩壊後、9000本を超す日本の桜が壁の跡に沿って植えられた。

     暖冬のため、このうちの一部は既に満開で、壁崩壊後に最初に開放された「ボルンホルム通り検問所」跡地の「1989年11月9日広場」では、23本の桜の木の大半がピンクの花を咲かせた。(ベルリン時事)

    0
    続き

    年の瀬の百貨店に交響曲「第九」の歌声が

     年の瀬の買い物客でにぎわう東京・日本橋の三越本店で29日、ベートーベン交響曲第9番の演奏が行われた。今年で29回目。

     台東区民合唱団約220人の歌声が吹き抜けのホールに響き渡り、買い物に訪れた大勢の人たちは感激した様子で聞き入っていた。

    0
    続き

    「DJポリス」全国に、警視庁に指導依頼殺到

     サッカーワールドカップ出場決定に沸く東京・渋谷の熱狂を柔軟な話術でさばき、流行語大賞にもノミネートされた「DJポリス」。その技術を取り入れようと、全国の警察から警視庁に指導依頼が相次いでいる。指導を受けた「卵」たちは、初詣などの雑踏警備でデビューする見込みだ。

    0
    続き

    和歌山で「ラーメンタクシー」が奮闘

     全国にファンの多い和歌山ラーメンの店を、知識豊富なドライバーのガイド付きではしごできる「ラーメンタクシー」。昨年秋から和歌山市で運行を開始したが、利用数は伸び悩む。定着へ向け、「半玉」の提供など、さまざまな取り組みが続けられている。

    0
    続き

    フィギュアの町田樹「日本代表の重み感じる」

     ソチ五輪フィギュアスケート男子代表の町田樹(関大)が29日、広島市内で開催された激励会で、「日本代表の重みをひしひしと感じる。最高の演技ができるよう一日一日大事に過ごしたい」と、ほぼ1カ月後に迫った五輪への心境を語った。

    0
    続き

    メーカー各社、次世代カーナビに本腰

     カーナビ各社が、前方を向いたまま視線をあまり移動させずに、運転ルートなど道路情報を確認できるようにした次世代製品の開発に本腰を入れている。各社は事故防止が期待できるとみて、開発競争が激化。最近はスマートフォン(多機能携帯電話)にシェアを奪われてきただけに、「カーナビ復権」の切り札と位置付けている。

    0
    続き

    「物語的な生命」営む人間 名寄市立大学教授 加藤 隆氏に聞く

     教育改革が叫ばれて久しい日本の教育界。平成18年に改正教育基本法が成立したものの、その成果が表れているとは言い難い。文部科学省は英語の小学校低学年導入や道徳の特別教科化などさまざまな教育政策を打ち出すが、表層的な感は否めない。そうした中で名寄市立大学の加藤隆教授がこのほど、一冊のユニークな本を著した。タイトルは「美しい刻(とき)」。今から50年後の未来を舞台に明治、大正、昭和を生きた偉人が一堂に会して人間の生き方を論議するという内容だが、同教授にこの書を刊行した目的あるいはその書物を通して現代人に訴えたい内容などについて話を伺った。(聞き手=湯朝 肇・札幌支局長)

    過去の偉人、未来で一堂に/教育をテーマにシンポ

    0
    続き

    不可解な副反応部会

     子宮頸がんワクチンの接種の積極的勧奨を再開するかどうかを決めるとみられていた厚生労働省ワクチン副反応検討部会は25日、結論を出さないまま閉会した。

     同部会が勧奨の中止を決定した6月から約半年。12月に結論を出す会合があるとの情報が伝わり、クリスマスの日に開催が決まった。何とか今年中に決めたいとの意向が伝わって来た。同部会では、痛みを訴える被害者を診てきた2人の医師を皮切りに、7人の医師が所見を発表した。

    0
    続き

    高齢者への虐待減少も介護問題は依然深刻

     厚生労働省が今月発表したデータによると、平成24年度の高齢者虐待件数は1万5357件で、2年連続の減少となった。特に家庭内は1万5202件で1400件近く減少。

     一方、近年問題になっている介護施設での虐待は155件で、割合は低いが増加傾向にある。

     また、家庭での虐待の半数は「夫婦のみ」、「親子のみ」といった2人世帯だった。

    0
    続き

    自主防衛を目指すべき情勢

    軍事評論家 竹田 五郎

     米経済誌「フォーブス」今年の「世界で

     最も影響力のある人々」の番付によれば、オバマ米大統領は2位に降格した。シリア化学兵器対策、情報機関の盗聴や、財政窮迫によるデフォルト危機などで、既に「レームダック、オバマ」との声もある。わが国でも同大統領の安全保障政策に対する指導力不足を憂慮する意見も散見される。

    0
    続き

    新年読み解くニューズウィーク特集の予想を上まわる日中韓緊張も

     安倍晋三首相の靖国神社参拝に中国、韓国が猛反発している。ここまでは想定内だが、米国までが「失望した」と反応し、年末に来て、日本外交にほころびが生じている。

    0
    続き

    石川県輪島市「漆再生プロジェクト」が始動

     輪島塗で知られる石川県輪島市で、漆の木を植樹し、その漆から採取した樹液で輪島塗を作り、その漆器を使ってもらおうという官民協働型の「輪島漆再生プロジェクト」が始まっている。原材料のほとんどが安価な中国産で占められている現状を克服し、地元産の漆を使うことで新たな需要を掘り起こそうという試みだ。(日下一彦)

    0
    続き

    ベトナム式合理主義

    地球だより

     ベトナム人のプラグマティズムには驚かされることが多い。ひょっとしたら中国人をもしのぐと思われるほどだ。

     ベトナムでは現在、時間のかかる鉄道を敬遠して、手っ取り早く目的地に着ける長距離バスが人気だ。

     先日ディエンビエンフーからハノイまで450㌔の長距離バスに乗った。

    0
    続き