■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 11月, 2013のデータ一覧

    Rules of engagement limit the actions of U.S. troops and drones in Afghanistan アフガンでの米兵・無人機の行動を制限する交戦規程

    The new U.S.-Afghanistan security agreement adds restrictions on already bureaucratic rules of engagement for American troops by making Afghan dwellings virtual safe havens for the enemy, combat veterans say.

    The rules of engagement place the burden on U.S. air and ground troops to confirm with certainty that a Taliban fighter is armed before they can fire - even if they are 100 percent sure the target is the enemy. In some cases, aerial gunships have been denied permission to fire even though they reported that targets on the move were armed.

    0
    続き

    ケネディ駐日米大使、沖縄訪問に意欲

     ケネディ駐日米大使は29日、沖縄県の仲井真弘多知事と東京都内の大使公邸で約30分間会談した。ケネディ氏が同知事と会うのは着任後初めて。仲井真氏は米軍基地が集中する沖縄の現状を説明し、「沖縄は過重な負担を負っている。時機をみて沖縄を訪問し、県民の声を聞いてほしい」と招請。ケネディ氏は「沖縄に行き、県民の声を聞きたい」と応じ、沖縄入りに意欲を示した。

    0
    続き

    大砂嵐関ファンクラブ、故郷に応援団を結成

     中東・アフリカ地域初の大相撲幕内力士、大砂嵐関のファンクラブが28日、故郷エジプトで結成された。カイロの日本大使館で行われたイベントに駆け付けた父親のアラーアッディン・シャーランさん(59)は、息子への応援を呼び掛けるとともに、「ファンクラブを通じ、エジプトで相撲がもっと知られるようになってほしい」と訴えた。

    0
    続き

    大西さん16年宇宙へ「地球の美しさ、楽しみ」

     宇宙航空研究開発機構は29日、宇宙飛行士の大西卓哉さん(37)が2016年6月ごろから約半年間、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在することが決まったと発表した。12月から米国やロシアなどで訓練を始める。大西さんは初の宇宙飛行で、ISSへの行き帰りはロシアの宇宙船ソユーズを使う。

    0
    続き

    徳川慶喜没後100年展開幕

     徳川幕府最後の将軍、15代徳川慶喜の没後100年を記念した企画展「徳川慶喜生誕と終焉の地ぶんきょう」(主催・徳川慶喜没後100年記念フォーラム文京=奥山孝夫会長)のオープン式典が29日、東京・春日の文京シビックセンターで、慶喜のひ孫で靖国神社宮司の徳川康久氏や文京区の成澤廣修区長らが出席して行われた。

    0
    続き

    エジプトとトルコの外交摩擦

     エジプト暫定政権は11月23日、トルコのエルドアン首相が同暫定政権を批判したとして、駐エジプト・トルコ大使を追放した。トルコ政府も、駐トルコ・エジプト大使を追放したが、背景には、オバマ米政権の誤った中東情勢分析や、イスラム根本主義組織「ムスリム同胞団」への対応をめぐる混乱があり、イスラム教スンニ派の穏健派と急進派の対立を浮き彫りにした。

    (カイロ・鈴木眞吉)

    0
    続き

    イランに核開発放棄を要求し続けよ

     イランの核開発をめぐり欧米など6カ国との間で暫定合意が交わされた。ウラン濃縮活動の縮小などをうたっているものの、イランの核開発を温存させるものでしかない。

     オバマ政権の強い意向か

    0
    続き

    10月頃地方の田園地帯に行くと、至る所に…

     10月頃地方の田園地帯に行くと、至る所に黄色い花が群生しているのを目にする。セイタカアワダチソウというキク科の多年草で「要注意外来生物」である。繁殖力が強く、どんどんその版図を広げ、ススキなどの群生地を侵食している。

     かつて田んぼだった耕作放棄地は、この黄色い植物にとっては格好の場所だ。耕作放棄地に黄色い「要注意外来生物」が広がる風景は、日本農業の荒廃を象徴している。

    0
    続き

    ロシア人から購入頼まれる日本製品

    地球だより

     ロシアの友人に「一時帰国すること」を悟られてはならない。なぜなら、「あれ買ってきて!これ買ってきて!」と頼まれるからだ。

    0
    続き

    朱建栄氏拘束の真相はエージェントの「引き締め」か

     東洋学園大学教授の朱建栄氏が中国当局に拘束されてから4カ月が経った。メディアにおける中国当局寄りの発言から、その代弁者と見られていた朱氏がこともあろうに中国当局に拘束された原因についてはさまざまな憶測が流れているが、国家機密を漏洩(ろうえい)した疑いが持たれているとの見方が強まっている。

     一方、衆院を通過し、参院で審議中の特定秘密保護法案について、一部マスコミや左翼をはじめとした反対派は「言論弾圧の暗黒の時代が来る」とヒステリックな声を上げるが、中国が情報統制・諜報活動を強化すればするほど、日本における秘密保全の体制整備の必要性がより鮮明となっている。反対派が期待するほどに、国民の間で特定秘密保護法案に対する反対運動が盛り上がらない理由はここにあるのだろう。

    0
    続き

    クラシックカー60台、台湾1周に出発

     東日本大震災時の支援に感謝を伝えるため、日本の愛好家らが乗車したクラシックカー60台が28日午前、台湾1周に向けて台北市の総統府前から出発した。4日間の日程で台中、高雄、台東、花蓮などを巡り台北に戻る。

    0
    続き

    JR東と西、北陸新幹線の新型車両を公開

     JR東日本と西日本は28日、宮城県利府町のJR東日本新幹線総合車両センターで、北陸新幹線に導入する新型車両を報道陣に公開した。鼻先のとがった流線型の車体の側面に青色と銅色の線を描いたデザインで、2015年春に運行を開始する。

    0
    続き

    アイソン彗星、太陽に最接近

     昨年9月に発見されたアイソン彗星(すいせい)が29日午前4時9分、太陽に最接近する。今月に入って急に明るくなったり暗くなったりし、破片も分離したため太陽の熱と重力で分裂したとの見方もあったが、欧米の太陽観測衛星「SOHO」の27日の観測では明るく見えた。無事通過すれば、日本では来週半ばから夜明け前に、ほぼ東の地平線近くで見え始める見込み。

    0
    続き

    テレビの堕落

     今年はテレビ放送開始からちょうど60年。NHKが昭和28年2月に放送を開始し、同年8月には、日本テレビが開局して民放の先駆けとなっている。このため、2月と8月には、放送開始60年を記念する特別番組が、NHKと日本テレビを中心にあふれた。

     だが、どれも自画自賛の番組ばかりで、近年のテレビ文化の為体(ていたらく)を真摯(しんし)に反省する企画がなく、物足りなかったが、やっと「新潮45」12月号に、テレビに対する辛口の論考が載った。演芸評論家の吉川潮氏の「テレビに『愛』があった」だ。

    0
    続き

    韓日過去の歴史問題 政治的決断が必要

    韓国紙セゲイルボを読む

     韓国・日本間の葛藤が続き、一層深刻化している。このような時、しばしば登場するのは日本が反省できるように韓国政府は徹底した対応をしなければならないということだ。その際、極端な強硬策は簡単だが、現実的な解決策を見いだすのは容易ではない。

    0
    続き

    夜の歓楽街・蘭桂坊カーニバル/香港

    坂道に露店、サンバのリズム

     アジアの金融都市・香港の中心部に位置するセントラル(中環)には夜の歓楽街・蘭桂坊(ランカイフォン)が隣接し、勾配のある坂道の両脇にオープンカフェ、バー、レストランがぎっしりと軒を連ねる。

     昼間は閑散としている欧米式ナイトライフのメッカでは、年に一度、昼間も人が沸き、幼児や少年少女たちも楽しめるイベント「蘭桂坊カーニバル」が11月末、開かれた。

    1
    続き

    最高裁・違憲判決、裁判官罷免の在り方を再考せよ

     司法の判断に著しい疑念が生じた場合、国民はそれをどう是正できるのか、あるいは選挙で選ばれることのない裁判官に国民はどう臨めばよいのか、そんな疑問が広がっている。裁判官の罷免の在り方を含めて司法制度の再考が必要な時だ。

     婚外子判決は歴史的誤判

    0
    続き

    「男のくせに」という発言はセクハラだ、…

     「男のくせに」という発言はセクハラ(セクシャルハラスメント=性的いやがらせ)だ、という基準を厚生労働省がこのほど決定した。来年7月から実施される。法律ではないので、逮捕されることはなさそうだ。

     となれば、「男らしさ」も、「男だろう、しっかりしろ!」なども引っかかりそうだ。特に職場では気をつけた方がいい、ということのようだ。

    0
    続き

    韓国人の恨と従北勢力拡大 文化大国への大きな障害に

    韓国紙セゲイルボを読む

     韓国人の情緒は「弱者のルサンチマン(恨(ハン))」が支配的だ。背景には永らく外部勢力の侵略に遭った歴史とともに文化的特性としての女性性、母性性が位置している。

    0
    続き

    ウクライナがEUとの連合協定中止

     ウクライナは21日、欧州連合(EU)への統合に向けた一歩として自由貿易協定(FTA)の締結や政治・経済分野の関係強化を柱とする「連合協定」の締結を中止した。ウクライナ製品の締め出しや、天然ガス輸出停止などを示唆するロシアの圧力に屈した形だ。「外交的勝利」を収めたロシアは歓迎の意を表明した。(モスクワ支局)

    0
    続き

    林秀卿パラドックス

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     『統一の花』『韓国のジャンヌダルク』『従北議員』。林秀卿(イムスギョン)民主党議員につく修飾語だ。脱北者を「変節者」呼ばわりして手厳しい批判を浴びた後、表舞台に出なかった林議員が再び話題になっている。1989年の訪朝時、金日成を「アボジ」(お父さん)と呼んだと語った人々を名誉毀損で告発して、敗訴したためだ。

    2
    続き

    ベストドレッサー賞に滝川クリステルさんら

     今年話題を集めた各界の著名人に贈られる「2013年ベストドレッサー賞」の授賞式が27日、東京都内のホテルで行われた。

     特別賞を受賞したフリーアナウンサーの滝川クリステルさん(右端)は「手頃な値段の個性あるアクセサリーなどでおしゃれを楽しんでいる」と笑顔で喜びを語った。

    0
    続き

    読売新聞、新本社ビル内部を報道公開

     読売新聞東京本社は、東京都千代田区大手町で進めていた本社ビルの建て替え工事を終え、27日に内部を報道関係者に公開した。高さは200メートルあり、皇居に近いオフィス街の大手町地区で最も高い。竣工(しゅんこう)式を28日に行い、年末年始に中央区の仮社屋から本社機能を移転させる。

    0
    続き