■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 青木 節子
    青木 節子
    内閣府 宇宙政策委員

    居住可能性と生命存在可能性との大きな違い

    廣井3

     最近の惑星科学での傾向として、従来通りの、我々の太陽系内の惑星を研究する惑星科学者たちと、他の恒星系にある惑星(系外惑星)を観測・研究している天文学者たちとが共同して、地球のような居住可能な惑星を探していることである。一般の人々も、そのような惑星があれば生命を宿しているのではないかと期待して、税金などを通して支援したいと思う傾向があり、それを科学者たちが利用している感が否めない。

     しかしながら、よく知られていない大きな落とし穴がこの仕組みに潜んでいる。それはまず、「居住可能」(Habitable)という言葉の意味に問題がある。現在の大多数の天文学者がHabitableというときには、基本的に水が液体として存在できるような温度範囲だけを指して言っているのである。我々に知られている生命には液体の水が不可欠だからである。

     ところが、科学者ならば誰でもその不十分さは良く知っている。水が液体であるかどうかは圧力にも関係し、その惑星上に重力が十分あって大気があり、地表温度がある範囲に保たれていなければ、そこに液体の水は存在できない。この時点で、天文観測による証拠は不十分となって破綻している。何故なら、大気の存在がまだ確かではなく、地表の液体の水の存在はもっと未知であることが大部分であるからだ。

     私の所属するブラウン大学の惑星地質や物理天文のセミナーで、2件ほどこれに関するセミナーがあったが、大気中に水の吸収が初めて見えたかもしれないという段階である。それだけでは、大気全体の組成が生命に適するかどうか、圧力がどうであるか、地表に液体の水があるか、など、何も分からない。もちろん、様々なモデル計算をして推測することはできるであろうが。

     そして最も大きな問題は、水が液体として存在できるような環境を四苦八苦して見つけたとしても、一般の人々にとって居住可能という環境からはほど遠いことである。空気と水の存在は言うまでもなく絶対必要であるが、それだけではそこに住むことはできない。まずは太陽光と放射線環境である。地球は可視領域で透明な大気を持ち、赤外では不透明なので熱を保存する力があり、中心核にある液体の鉄の対流(ダイナモ)のおかげで地磁気があるので太陽からの有害な粒子線(太陽風)から傘でよけるように保護してくれている。それが居住可能条件として絶対必要である。

     この段階で既に天文観測で見つかっているHabitableな惑星は全て失格している可能性が大きい。何故ならば、極端に惑星が大きくて、木星のようなメタンとかのガスを取り込んでしまった大気になっていたり、小さいが中心星に近すぎて放射線環境が強すぎたり、自転と公転が同期してしまって、惑星表面の半分は灼熱地獄で残りの半分は永久凍結していたりする可能性が大きい。そういう問題をあまり強調しないのは、もちろん上記のように科学者たちが一般の人々の支援を受けたいからではないかとさえ思えてしまう。

     さらに、磁場の存在などは、現在では全くモデル計算で何段階も仮説を立てていかなければ分からないような領域にある。地球のように、中心星である太陽から適度に離れた場所にあり、重力が大気を留める程度に十分強いが、原始太陽系星雲のガスを取り込まないように適度に弱く、鉄を適度に含んで放射性熱源を持つがゆえに、中心核にダイナモをもって磁場を生成している惑星を天文観測で見つけるのは、現在はほぼ不可能である。

     それだけではない、地球のようにマントル対流によって大陸移動を起こすプレートテクトニクスがあることによって、地球上の大気や生命環境が現在のように進化できたという研究がある。金星など、他の惑星にはそのような現象は存在しない。6500万年前のK/T境界というイリジウムを含む地層の時代に落ちた巨大隕石が、少しタイミングがずれて別の場所に落ちていたら恐竜たちは絶滅せず、哺乳類や人類の世界にはならなかったという研究もある。

     また、以前にも解説した通り、地球の4分の1という異常に大きな衛星である月の存在が、地球の自転軸の傾きを安定させることによって気候変動を防ぎ、潮汐力によって特に海洋生命の発生・進化に寄与し、地球の自転を遅くすることで地表の風速を制限して地上生命を守り、また知的生命体の科学活動を大いに助けているのである。温度環境だけの居住可能性を超えて、生命存在可能性を言うならば、こういう点も考慮・言及しなくてはならない。

     科学者というのは、一般の人々が好むかどうかにかかわらず真実を伝える使命がある。そして、この系外惑星に関して言えば、人々が居住可能な惑星が見つかることを望んでいると妄信するのは大きな間違いであると思う。地球のような惑星が簡単には見つからない・存在しないとなれば、人々はこの地球をより大切にし、人類の存在が宇宙でここだけかもしれないという特殊な使命感を持ち、世界平和により尽力するかもしれないのだ。私は真実を語る正しい科学者でいたいと思う。

    (2017年10月15日記)

    11

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。