■連載一覧
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 青木 節子
    青木 節子
    内閣府 宇宙政策委員

    日食・月食・恒星食と地球人類存在意義

    廣井3

     今週の月曜日8月21日は、久しぶりに全米各地で日食が見られる珍しい日であった。よく知られているように日食は月が太陽を隠す現象で、頻繁に起こってはいるが、今回のように、皆既日食が見られる地点が米国の西海岸から東海岸まで斜めに横切るように動いていくのは珍しく、おかげで非常に多くのアメリカ人がこの現象を観測できた。私の働くブラウン大学はその中心軌道から外れているものの、太陽の約70%が隠れる部分日食が見られた。以下にNASAによるコンピュータアニメーションによる解説がある。(最後に自国の月ミッションであるLROを宣伝しているところがちょっと余計だが)
    https://www.nasa.gov/feature/goddard/2017/the-moon-is-front-and-center-during-a-total-solar-eclipse

     この日食は月食とともに太古の昔から人類に観察されてきた現象だが、これらにはどういう意義があるのだろうか。まず、今回のような皆既日食は、少なくとも太陽系では地球上でしか見られない。なぜなら、地球の月は、それを回る地球の4分の1という異常な大きさを持ち、地球からは太陽とほぼ同じ大きさに見えるからである。火星の2つの月フォボス、ダイモスも、その他外惑星のどの衛星も、あまりにその親惑星と比べて小さく、皆既日食は起こりえない。

     さらに、月は地球から毎年4cm程度離れつつあるので、それを逆算すれば、昔は月はずっと地球の近くにあったはずであり、月ができた原因として現在最も信じられている巨大衝突説によると、形成直後は月は現在の15倍ほどの大きさに見えるような至近距離にいたらしい。ということは、太陽系と地球のほぼ46億年の歴史の中で、地球上で皆既日食が見られるのは現在がほぼ最後の時期であり、それにちょうど間に合って人類が誕生し生存しているということになる。

     天文学が未発達で日食の原因も分かっていない太古の時代には、日食は神秘的現象として、革命がおこったりして、人類文明に大きな影響を与えてきた。ギリシャ時代からの天文学の発展により、日食および月食の場所と時間に基づいて、地球・月・太陽の大きさや位置関係を計算できるようになった。近代においては、一般相対性理論によって光も曲がるという予言を、皆既日食において太陽近傍に見える星群の位置の観測によって証明したり、太陽の大気の分光観測によって、ヘリウム元素の存在を発見したりと、食現象は人類の科学的知識の拡大に大きく貢献してきた。

    800

    8月21日に米国で日食が見られる場所と時間の地図(GreatAmericanEclipse.comより)

     月食は、日食とは逆に、太陽光を地球が隠すためにおこる現象で、月の上にいる人にとっては「日食」になるわけだが、地球が月の4倍の大きさなので、太陽の4倍の大きさに見えるわけで、月の住人にとっては日食は、地球人にとってよりも頻繁に起きる現象である。その際には、地球大気を通してくる太陽光が赤くなり、地球からは橙色の暗い月が見えることになる。科学者がそこにいたならば、地球大気の元素組成を測定することもできるであろう。

     それと同じことを、太陽系以外の恒星の周りにある惑星の大気に対して行おうという試みがなされている。その惑星上の大気に含まれる様々な気体分子が光をいろんな波長で吸収するので、その鋭く数多い吸収帯をもつ惑星からの光が、中心にある恒星からの光と混じりあう割合が時々刻々と変化する現象を多く観測して、数学的に惑星大気の組成を導き出そうというものである。

     また、私の専門分野である小惑星の科学においても、恒星の光を小惑星が隠す掩蔽という現象を使い、地球上の各地で掩蔽の始まりと終わりの時間を正確に測定して、その小惑星の大きさと形を正確に求める手法がある。これは、天文観測と計算で掩蔽現象の時期と場所が予測できれば、非常に単純な測定によって、普通は探査機を送らないと分からないような情報を得られる非常に経済的な手法である。

     以上のように、日食・月食・恒星食など、天体同士の光による相互作用の観測によって、地球に現在いる知的生命体である人類が地球と太陽系と宇宙の仕組みを科学で理解できる絶好の環境とタイミングにある。そのような環境とタイミングが実現された背後には、月形成の時に地球に衝突してきたとされる火星程度の大きさの天体の衝突速度と角度が大きく影響している。

     その、奇跡ともいえる絶妙な正確さで地球・月系が形成され、このような特別な地球と月ができ、科学のできる知的生命体が、皆既日食が起こる最後の時期に出現したのは偶然であろうか? それが偶然ではなく、何者かによって人類は観測者として、または別の特別使命者として、お膳立てされた場所と時間に置かれたのだと考えるのが、人間原理やID(インテリジェント・デザイン)理論的な考え方である。

    (2017年8月24日記)

    7

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。