■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 青木 節子
    青木 節子
    内閣府 宇宙政策委員

    韓国の惑星探査とソウル大での日本人研究者達

    廣井孝弘

     今月11~19日に韓国に渡り、テジョンにある天文研究院(KASI)で集中講義をし、浦項にあるPOSTECHでセミナーをし、ソウル大の石黒研の研究集会に参加し、天文学科セミナーをし、最後に東大ソウルオフィスの主催する研究者のセミナー・夕食会に参加した。これらの研究機関での活動は、2月に訪韓した際に決まったもので、やはりコネの重要性を感じた。また、観光を含むその9日間は非常に濃密で意義ある体験をした期間であった。

     まずKASIであるが、以前にこのコラムでも紹介した通り、韓国の惑星探査はまず月周回衛星から始める予定であるが、まだまだ始まったばかりで、日本が1995~96年あたりに、かぐや・はやぶさといった探査衛星ミッションを開始した当時に似ている。天文学の歴史は長く、国内のみならず南半球にも望遠鏡を設置して、全天を観測できるようにしているし、ソウル大をはじめとする研究拠点がある。しかしながら、私のように天文と地質・鉱物にまたがった分野を専門とする研究者は皆無に近く、それがないと固体惑星探査は科学成果を見込めない。

     今回は、前回のような単発のセミナーでなく、2日間にわたって合計10時間の集中講義を行い、造岩鉱物の種類や化学組成によって可視・近赤外反射スペクトルがどう変化するか、それを利用して遠隔探査(リモート・センシング、またはリモセン)するための測光・分光・宇宙風化モデルといった基礎をまず講義した。その後、応用分野として、月や小惑星ベスタといった分化した天体と、それらからの隕石試料、小惑星と隕石との関係、炭素質コンドライト隕石とC型を含む暗い原始的小惑星、はやぶさ・はやぶさ2を含む日本の惑星探査ミッションの目的と成果、最後に科学の将来と究極目標について講義した。

    東大ソウルオフィス主催の日本人研究者の会の参加者たち

    東大ソウルオフィス主催の
    日本人研究者の会の参加者たち

     このように濃密に講義をしたのは初めてで、その準備のために過去に行ったセミナーや学会発表、論文の内容をかき集めた。その過程で、如何に自分がやりかけたまま論文にしていない内容が多くあるかということ、さらに、まだまだ取り組んでいない課題があることを実感した。少なくとも、こうして韓国の若い学生や研究者たちへの教育や刺激として貢献し、また将来の共同研究の題材として紹介できるのは良いことだ。また3日目には、KASIの所長および副所長と面会する機会を与えられ、今後、研究所レベルで私が貢献できるかもしれない道が開けたと感じている。

     さらに、韓国の教育テレビEBSが2日目に私の講義を取材に来て、ホスト役のHong-Kyu Moon博士との質疑応答も含めて、8月3日にドキュメンタリー番組として放送するらしい。NHK BSのコズミックフロントNEXTTが2月にブラウン大まで来て、タギシュレイク隕石のドキュメンタリーを4月20日に放送したのに続き、短期間にこれほどメディアの注目を浴びるのは珍しい。どれも私にとって初体験である。

     私は27年前に日本を追われるようにアメリカに渡ったが、アメリカで固体惑星探査のための分光・測光の技能と、隕石を含む試料の実験室測定の経験を積み、日本の惑星探査に“在米日本チーム員”として貢献してきた。今度は韓国に貢献すべき時が来ているのかもしれない。日本と韓国は、いろんな民族感情はあろうが、ある意味で運命共同体であり、それは自然な成り行きかもしれない。

     ソウル大の石黒研および天文学科セミナーの後で行われた東大ソウルオフィス主催のセミナーおよび夕食会もまた、新たな体験であった。ソウル大で活躍している日本人研究者はボストン地域ほど多くはないが、日韓の関係がぎくしゃくする中、選りすぐりの研究者たちが頑張っていると感じた。私が家族全員で参加したせいか、意外と注目を浴び、良き交流ができたのも幸いだった。今後の韓国の惑星探査において、ソウル大の石黒氏を含む研究者たちの協力は重要であり、東大を含む日本の研究者たちが、国を超えた人類の知的活動である科学において協力していける将来を期待したい。私もそのような分野でなら貢献できそうである。

    (2017年6月23日記)

    5

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。