■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 青木 節子
    青木 節子
    内閣府 宇宙政策委員

    アポロの砂と南極の隕石、固体惑星物質科学の夜明け

    廣井孝弘

     私はアメリカで長く住んでいて度々遭遇するシーンは、初めての人にあった時に、友人が私をDr. Hiroi(廣井博士)と紹介したり、自分で I am a scientist(私は科学者です)というと、What is your major?(専門は何ですか)と訊かれることである。もちろん、Planetary Science(惑星科学)と答えるが、それに対する反応はたいてい、That’s cool!(かっこいい)である。悪い気はしないが、かっこよく聞こえるために惑星科学をやっているわけではないのと、宇宙開発や天文学と一緒くたにしている人も多いのが気になる。とにかく、その度に感じるのは、惑星科学はまだまだ若い学問分野であるということだ。

     惑星科学という名前が日本で知られるようになったのはおそらく1990年代だと思う。私が東大基礎科学科で卒業研究をした時の助手の先生は、Planetary Scienceという英語の表示を部屋の外に張り出して、「まだ日本には惑星科学という言葉が定着していないが、欧米から遅れている日本で宣伝しないといけない」という趣旨のことを語っていた。惑星科学は、天文学のように地球の外の天体を対象にするが、主に恒星を対象とする天文学とは違って、惑星や衛星などを対象にする点で、固体天体を扱う地球科学と似ている。米国天文学会では、「惑星天文学」と呼ばれているものに近いが、惑星科学は天文学ではないのだ。

     宇宙の137億年とかを対象にする天文学と同様に、惑星科学の時間尺度は長く、太陽系の歴史46億年を語るし、小惑星の軌道変化なども数百万年から数億年の時間単位で考えるのだ。そんなゆっくりした変化を語る惑星科学だが、その歴史は割とまだ短い。おそらくそれは、上述のように天文学の一部として埋もれていたからであろう。特に、固体物質に基づいて研究を進める「固体惑星物質科学」と呼ばれる分野は歴史が浅い。私が固体惑星物質科学の夜明けと呼ぶ1969年からまだ半世紀も経っていないのだ。

    400

    南極隕石が発見・回収された場所の地図(ANSMETより)。右上の黒い3か所(Yamato、Asuka、Belgica)が日本の、左下の青い点が米国による。

     1969年は、米国NASAのアポロ11号が人類を月に最初に着陸させ、月の石や砂を持って帰ってきた。人類が史上初めて自らの手で地球圏外の試料を持ち帰ってきたのだ。当時まだ8歳だった私も夜中に両親とともに白黒のブラウン管テレビでアームストロング船長が月に降り立つのを見ていたが、その後に収集された試料を数十年後に自分が解析するようになるとは想像もしていなかった。その年には他にも地球圏外物質を人類が大量に手にできるような事件が3つあった。

     最初の2つは、2月と9月にメキシコおよびオーストラリアに落下した2つの大きな隕石で、炭素質コンドライトと呼ばれる、炭素・有機物・含水鉱物に富むもので、両者はCVおよびCM型と呼ばれる異なる種類の炭素質コンドライトであった。拙稿「はやぶさ2の地球スイングバイ」でも解説したように、はやぶさ2が現在向かっている小惑星リュウグウはこの炭素質コンドライトで出来ていると思われている。それらは生命環境を作るのに重要な材料物質であったと考えられ、その隕石の故郷となる天体(母天体)から世界で最初に試料を採取してくる日本のミッションが、はやぶさ2である。

     最後の1つも日本に深く関係している。それは1956年から続いている南極観測隊によってなされた大発見である。1969年には第10次になっていた観測隊は、やまと山脈のふもとに9個の隕石が集積しているのを見つけ、1973年の第14次観測隊も12個の隕石を見つけた。それに触発されて隕石収集目的の探査が組織化され、翌74年と75年を合わせて1000個近く回収され、79年には何とほぼ4000個の隕石を発見・回収し、その中に月からの隕石も見つかった。その後も貴重な隕石試料を回収し続け、世界トップレベルの隕石保有国として日本が浮上した。この南極隕石発見・回収の歴史については、国立極地研究所のウェブページに詳しい(http://yamato.nipr.ac.jp/exploration/exploration3)。

     以上の4つの出来事によって、1969年から月試料と隕石に基づいた固体惑星物質科学は急速にその地位を確立していくことになる。もちろん最初はアポロ11号から17号にわたって回収された月試料によって始まったが、69年に回収された数少ない日本の南極隕石がその後爆発的に増え、米国が回収してきた試料とともに主要な研究対象となっていく。何より、アポロ試料は基本的に月の研究にしかならないが、隕石には月を含む多くの小惑星の試料、そして火星からの隕石も後に見つかったのだから。

     ただ、日本が1973年まで待たずに1969年の時点でその重要性をもっと認識して探査に乗り出していれば、4、5年早く大量の隕石を回収できたかもしれない。最初に何か不可解なものを見つけた時に、それに対して見る目がある人材を起用して追求していけるような柔軟な人事制度がなかったし、今もないことが問題ではないだろうか。

     ここで人々がよく誤解するのは、南極に多く隕石が落ちてくるわけではないことだ。隕石は基本的に地球上どこでもほぼ均等に落ちてくるが、大部分は海に落ちて回収できないし、普通の陸地に落ちても隕石とわからないことが多いだろう。しかし南極はほぼ一面が雪と氷の世界である。黒く見える石はかなりの高い確率で隕石である。

     その上、南極には何と「隕石集積機構」があるのだ。どういうことかというと、南極に降る雪は氷となって積もっていくが、いずれ自重でどこかに流れていくしかない。海に大部分は出ていくのだが、その途中にやまと山脈のような山があるとせき止められて、そのふもとで雪と氷は太陽の熱によって気化していく。どんどん押し寄せる雪氷が気化した後に残るのは、気化しないもの、つまり主に隕石である。

     そういう具合に、南極大陸内部に落ちた隕石が、海岸に行く途中にある山のふもとに集積される機構を自然は準備していたのだ。だが、南極大陸は46億年の地球の歴史上いつもそこにあったわけではない。現に、北極には大陸がないので隕石収集はできない。南極に大陸ができたのは、5000万年前くらいで、氷床ができたのは3000万年前くらいと考えられている。その後に降って来た隕石だけがその上の雪氷に捕獲されて山のふもとまで運ばれて集積されるということになり、その後に出現した人類によって発見・回収されて研究されているのである。人類が過去3000万年の前に出現していては機会を逃したかもしれず、大陸が南極から離れてしまうかもしれない未来でも駄目である。隕石の価値を見出せる科学ができる知的生命体の出現に合わせて南極大陸は準備されていたともいえるのだ。ペンギンとかでは隕石の研究はちょっと難しい:)

     そして現在日本は、はやぶさ・はやぶさ2のミッションによって隕石の故郷であるS型およびC型小惑星に行って試料を地球に持って帰ってこようとしている。はやぶさ2が帰還する2020年は、南極隕石発見の1969年から51年になる年だ。半世紀をかけて日本人が隕石と小惑星の謎を解く主人公となっていると言っても過言ではない。昔は分からなかったが、そのような刺激的でロマンのあるテーマを研究してきた私は実は幸運だったのかもしれない。もっと多くの日本人、そして日本政府がこの分野の重要性を分かってくれて、はやぶさ3につなげてほしいものだ。

    (2016年2月21日記)

     CVおよびCM型隕石 炭素化合物・含水鉱物・有機物を含む暗い隕石である炭素質(Carbonaceous)コンドライトのうちの2つのグループを、各グループの代表的な隕石名の頭文字VおよびMを取ってきて、CarbonaceousのCと組み合わせて呼ぶ名称。

    12

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。