■連載一覧
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    神父の“職業リスク”は肥満とアル中

     北朝鮮の金正恩労働党委員長がパラノイアの可能性があると指摘し、「パラノイアは独裁者の職業病」という診断を紹介したが、如何なる職業にもその職業特有の職業病、職業リスクがあるものだ。ローマ・カトリック教会の聖職者の職業リスクは肥満とアルコール中毒だ、という調査結果がこのほど明らかになった。

    800

    オーストリアのローマ・カトリック教会の精神的支柱、シュテファン大聖堂内(2012年4月26日撮影)

     この調査結果はウィーン大司教区が実施したもので、「神父たちの肥満化が広がっている。同時に、アルコール中毒傾向がみられる聖職者も増えてきた。4人に1人の聖職者はアルコール中毒症状で医者の相談を受けている」というのだ。新聞社が実施した世論調査結果ではない。オーストリア最大教区、ウィーン大司教区が関与した調査結果だ。

     イエスの教えを信次、「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つの言葉による」(「マタイによる福音書」4章4節)というイエスの言葉を繰り返し唱和してきた聖職者自身が食欲と飲酒の誘惑に弱いという現実が浮かび上がったきたわけだ。
     体重と身長の関係から肥満度を示す体格指数(Body Mass Index)でいえば、肥満度2度以上、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に悩む聖職者が多いという現実は何を物語っているのだろうか。

     聖職者と日常接触している人ならば、聖職者がなぜ太り、飲酒の誘惑に弱いかは薄々推測できるのではないだろうか。簡単に説明すれば、聖職者は知的労働者だ。食べるが、胃袋に入ってきたカロリーを全て消化できるほど体を動かす機会がないので、どうしても余分なエネルギーがお腹の周囲に溜まっていくわけだ。

     聖職者はワインなどアルコールを飲酒する機会が結構多い。その上、神父は独身者だ。部屋に戻ってその日の出来事を親身に話す相手はなく、一人で聖書を読みながら、祈祷する。机の上にアルコール類があれば、どうしても手が出てしまう。
     結婚していたならば、奥さんが「あなた、飲み過ぎには気を付けて」と忠告してくれるだろうが、独り者の神父にはアドバイスをしてくれる者はいない。周囲を見渡しても、同じように小太りか肥満した同僚の聖職者しかいないから、誰も「食べ過ぎですよ」とか「飲み過ぎよ」といった声をかけない。聖職者にとって、肥満やアルコール中毒は一種の職業リスクだというわけだ。

     実例を挙げる。バチカン前教理省長官のウィリアム・レヴァダ枢機卿が飲酒運転で逮捕されたことがある。同枢機卿が神父たちとハワイで休暇を過ごしていた。食事の後1人で車を運転していた。警備中の交通警察官が「運転の仕方がおかしい」と見て、枢機卿の車を止めた。アルコール検査をしたところ、ハワイの交通規則となっているアルコール許容量を大きくオーバーしていた。そこで枢機卿は警察まで連行され、数時間拘束された。枢機卿は結局、500ドルの保釈金を払い、釈放された(「前教理省長官の『飲酒運転』の顛末」2015年8月28日参考)。ちなみに、教理省は“カトリック教義の番人”と呼ばれる部署であり、レヴァダ枢機卿は当時、その責任者だったのだ。

     調査結果で興味深い点は、聖職者にバーンアウト(Burn-Out)」に陥る者が他の職種より少ないことだ。バーンアウト(燃え尽き症候群)はヒューマンサービス業に従事して いる人に多いといわれるが、信者たちを牧会する聖職者も一種のヒューマンサービス業の従事者だ。にもかかわらず、神父たちがバーンアウトに陥るケースが少ないというのだ。

     当方の解釈だが、聖職者は神を信じ、イエスを愛している。彼らは天国行きチケットをもらっていると確信している。独身で寂しいが、天国行きチケットは手に入っているから、悩み苦悩することは通常の人より少ないはずだ。その一方、美食と飲酒の機会は多い。通常の人は生きるために汗を流す一方、天国に行けるかは確かではない。心は様々な煩悩に悩まされている。時として、全てを捨てたくなる衝動に駆られるのではないか。

     最後に、聖職者の職業リスク対策としては、「適度のスポーツをすることだ」という。聖職者は自身が天国に到着するまでは、肥満やアルコール中毒で健康を害さないようにしなければならない。

    (ウィーン在住)

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。