■連載一覧
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    「神父さん、私はあなたを許します」

     ローマ法王フランシスコは、聖職者の性的虐待の犠牲者だったダニエル・ピッテ―氏(Daniel Pittet)がその体験をまとめた本の序文に、教会の聖職者による性犯罪に対し深い謝罪を表明する一方、教会関連施設内の性犯罪に対し強い姿勢で対応することを約束する旨を記述している。バチカン放送(独語電子版)は13日、同報道をトップで報じた。以下、同放送が配信した記事の概要を紹介する。

    ダニエル・ピッテー

    ダニエル・ピッテー氏の本「神父さん、私はあなたを許します」

     フランシスコ法王の序文は13日のイタリア日刊紙「ラ・レプップリカ」に掲載された。スイス人の著者ピッテー氏(57)は現在、結婚し、6人の子持ちだ。図書館司書として働いている。同氏は8歳の時、一人の神父(カプチン会所属)に性的虐待を受けた(同氏は当時、ミサの侍者を務めていた)。それが4年余り続いたという。フランシスコ法王は2015年、バチカンで同氏と知り合いになった。同氏の本はフランス語、イタリア語、ポーランド語で訳され、バチカンの出版社LEVから出版された。本の題名は「神父さん、私はあなたを許します」(独語「Ich vergebe Ihnen, Pater」)というものだ。

     フランシスコ法王はその序文で「著者の報告は必要なものであり、価値があり、われわれを鼓舞するものだ。著者の体験は読む者の心を揺さぶる。私は聖職者による性犯罪が犠牲者にどれだけ深い傷を残したかを改めて知った。そして長い間、犠牲者が歩まざるを得なかった道がどれだけ苦しいものだったかを知った」と述べている。

     法王は「彼の証言を聞く者は聖職者の心にどのように悪魔が侵入するかを学ぶだろう。キリストに仕え、教会に奉仕する神父が悪魔のような行為をどのように行うことができるのか。人々を神のもとに導くべき者が犠牲者の生命、そして教会の命を破壊できるのか。犠牲者の中には自殺した者もいる。これは私の心、良心、そして全ての教会が背負っていかざるを得ない重荷だ。謙虚に頭を下げ、許しを求めざるを得ない」と記述している。

     その一方、聖職者の性犯罪を「キリストが教える内容とは全く異なった行為であり、モンスターのような恐るべき罪だ。加害者ばかりかその罪を隠蔽した者に対しても厳しく対応しなければならない」と強調している。そして「ピッテー氏の証言は沈黙の壁を打ち壊し、教会生活の恐るべき影の部分を浮かび出している」と書いている。

     当方はこのコラム欄で何度もローマ・カトリック教会関連施設内での聖職者の未成年者への性的虐待事件を読者に報告してきた。アイルランド教会、ドイツ教会、スイス教会、オーストラリア教会など世界のカトリック教会関連施設で過去、そして現在も聖職者による性犯罪が行われている。前法王ベネディクト16世はオーストラリア教会で聖職者に性的虐待を受けた信者と会合し、その話を聞きながら涙を流した、と伝えられている。

     聖職者はイエスの教えを伝えるべき使命を有している。それゆえに、というべきか悪魔の誘惑は他の者より激しいのだろう。フランシスコ法王が序文で述べているように、「モンスターのような恐るべき罪」が過去、そして現在、教会関連施設内で行われてきた。

     当方は過去、カトリック教会の機構改革、聖職者の独身制廃止、修道院の解体などを提案してきた。聖職者の独身制はカトリック教義に基づくものではないことを想起し、バチカンは勇気をもって聖職者の独身制を廃止すべきだ。その上、修道僧、修道女はその敬虔な生き方をこの社会に統合しながら実践すべきだ。閉鎖された社会から抜け出し、結婚し、家庭を作るべきだ。

     宗教改革者マルティン・ルター(1483~1546年)が当時のローマ・カトリック教会の腐敗を糾弾し、「イエスのみ言葉だけに従う」といった信仰義認を提示し、贖宥行為の濫用を問いかけた「95箇条の論題」を発表してから今年10月で500年目を迎える。ルターが修道僧、修道女に結婚を助言したように、カトリック教会は修道僧、修道女に結婚を勧めるべきだ。

     最後に、独身制を廃止し、修道院から出て家庭を築くことは独身制を維持することよりもひょっとしたら困難な道であるかもしれないことだ。結婚した夫婦の2組に一組が離婚している欧米社会で理想的な家庭を構築する仕事は最も困難なミッションだ。

     教会の祭壇の上から神に帰れと叫ぶ以上に、聖職者が自ら理想的家庭を築けば、それこそ最高のイエスの証人となれるはずだ。残念なことは、フランシスコ法王がピッテ―氏の過去の証だけに集中し、同氏がその後築いた家庭生活について何も言及していないことだ。

    (ウィーン在住)

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。