■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    世界は本当に戦争下にあるのか

     フランシスコ法王は27日、ローマからポーランドの古都クラクフで開催中の第31回「世界青年集会」(WJT)に参加するため、ポーランド入りした。バチカン放送によると、WJTには189カ国、35万人以上の青年たちが参加している。

     フランス北部のサンテティエンヌ・デュルブレのローマ・カトリック教会で26日午前、2人のイスラム過激派テロリストが神父の首を切って殺害するというテロ事件が発生したばかりだ。それだけに、27日から始まったローマ法王フランシスコの5日間のポーランド訪問の安全問題が懸念されている。

     法王はWJTのイベントの他、ポーランド南部チェンストホヴァ市のヤスナ・グラ修道院にある聖画「黒い聖母」を訪れ(28日)、その前で祈り、29日には、ナチス・ドイツ軍の強制収容所アウシュビッツを訪問する(ローマ法王がポーランドを訪問したのは過去、11回ある。そのうち、故ヨハネ・パウロ2世が9回、ベネディクト16世1回)。

     ローマ法王はポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領、ベアタ・シドゥウォ首相ら同国指導者たちと会見した際、難民の受け入れを強く要請している。右派与党「法と正義」が主導するシドゥウォ政権はハンガリーのオルバン政権と同様、シリア、イラクなどからのイスラム教難民の受け入れを頑なに拒否している。フランシスコ法王は、「不安を乗り越えるために少しの賢明さと慈愛が求められる。誰でも安全で幸せを求める権利がある。この戦争を乗り越えて行くには、国際間の協力が不可欠だ」と諭している。

     そのうえで、南米出身の法王はポーランド国民にキリスト教信仰の重要さを確認し、「民族の伝統、アイデンティティを失ってはならない」と警告を発している。それに先立ち、ポーランドのクラクフ大司教のスタニスワフ・ジーヴィッシュ枢機卿は26日のWJTの開会式で「WJTが信仰に改めて覚醒できる機会となることを願っている」と述べている。ポーランドでも民主化後、世俗化が進む一方、カトリック教会の影響力が弱まってきている。

     ところで、フランシスコ法王はローマからポーランドへの飛行途上、フランス教会神父殺害テロ事件に言及し、「世界はもはや安全でなくなったという。正しく表現すれば、世界は目下、戦争下にあるからだ。それは宗教戦争ではない。利益争奪戦であり、金、地下資源の奪い合いであり、民族の覇権争いだ」と指摘している。

     欧州ではフランス、ベルギー、ドイツでイスラム過激派テロ事件が多発し、26日には遂に仏カトリック教会の神父が殺害された。テロは欧州だけではない。バングラデシュのダッカのレストランで襲撃テロ事件が起き、7人の日本人を含む20人がイスラム過激派テログループの犠牲となったばかりだ。テロだけではない。様々な凶暴な殺人事件が起き、人種問題は再熱し、ワイルドな資本主義社会では「貧富の格差」が益々拡大している。グローバルな世界で伝統的な生活、価値観がその生命力を失い、多様化という言葉で混乱が生まれている。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が公表したところによると、昨年末時点で、武力紛争などで国外に逃れた難民や難民申請者、国内で住居を追われた避難民の総数が6530万人に上ったという。フランシスコ法王は多分、それらを全部含めで「世界は今、戦争下にある」と語ったのだろう。

     それでは、誰が戦争を始めたのか。われわれは加害者か、被害者か。どうしたら戦争を終焉させることができるのか。フランシスコ法王はそれらの問いに誰にも理解できるように回答できるだろうか。法王が強調したように、宗教戦争ではないだろう。しかし、世界が戦争下にあるとしたら、宗教指導者は責任を免れないのではないか。

    (ウィーン在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。