■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    「天災」から連帯心を学んだ日本人

     熊本県で14日から連日、地震が起きている。マグニチュード7以上の地震が既に2回だ。同じ環太平洋造山帯のエクアドルでも16日、1979年以来最大となるマグニチュード7.8の地震で多数の死傷者が出ている。

    460

    日本の地震図(ウィキぺディアの「地震の年表」から) 赤:M7以上 青:死者有り 紫:最大震度6以上

     18日には北アフリカからボートで欧州入りを目指した数百人の難民・移民が溺れ死んだというニュースが入ってきた。陸路でギリシャからのヨーロッパ入りの道が途絶えたことから、地中海からイタリア入りを目指す難民・移民が再び増えてきた。彼らは人身売買業者の手を借りてボートに乗って欧州を目指していた。

     熊本・エクアドル大地震は明らかに天災だ。人知で回避できない災害だ。天災は突然くるから、時には多くの犠牲者が出る。天災は非情だ。待ってくれないし、説明もなく、襲ってくる。
     神がいて、そして愛の神だとすれば、天災には意味がなければならない。神の気まぐれや怒りの表現ではないはずだ、という思いが湧いてくる。

     一方、地中海の難民・移民の悲劇は回避できた人災だ。地中海の状況、ボートに乗る人数などを考えるべきだった。それ以上に、難民・移民をビジネス手段として暗躍する人身売買業者の責任は大きい。周辺国家は人身売買業者の取り締まりを強化すべきだ、
     陸路の難民ルートでトルコが現在果たしているように、アフリカでも難民・移民の管理を担当する拠点を構築すべきだという意見がイタリアを中心に出ている。

     天災の場合、犠牲者は誰に抗議し、その不運を訴えることが出来るだろうか。キリスト教社会では神が常にその責任を追及される立場だった。愛の神がなぜ無慈悲な災害を起こし、多数の人々を殺害したのか、といった神への抗議だ。また、なぜ神はその災害を防ぐことが出来なかったか、といった神の不在を追及する声が飛び出す。無神論者はその信念を追認する。

     一方、人災の場合、その災害を引き起こした直接の関係者、会社、国がその責任を追及される。最近では、2014年4月16日、仁川から済州島に向かっていた旅客船「セウォル号」の沈没で約300人が犠牲となるという大事故が起きた時、救援活動よりも船舶会社への批判、ひいては政府批判でもちきりとなったことはまだ記憶に新しい。

     もちろん、人災の中には天災的な要因もある一方、天災も人災が絡んで被害を更に拡大する、と言ったケースも考えられる。

     天災の場合、怒りをぶつける対象は神しかいない。神を信じない人にとって怒りを向ける対象が見つからない。だから、天災後の犠牲者の心のケアが重要となる。多くの人は諦観に陥る。怒っても仕方がないからだ。それだけに悲しみを分かち合うことがより大切となる。

     日本は地震大国だ。過去、数多くの地震の洗礼を受けてきた。だから、日本人には諦観心が強い。同時に、悲しみを分かち合う連帯感も生まれてきたのではないか。欧州人は怒りと悲しみを神にぶつけ、最後には神と和解するか、神から別れていく。一方、日本人は心に悲しみをしまい込みながら、耐え抜いてきた。欧州人の中には、天災後の日本人の規律の良さと冷静さに驚く声があるが、日本人は数多くの天災を通じて悲しみに耐える訓練を受けてきたからだろう。

     熊本・エクアドルの地震で亡くなった犠牲者の慰霊と負傷者の早期回復を祈る。

    (ウィーン在住)

    4

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。