■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    売名行為?炎上商法?「結婚の条件」女優の土下座と降板騒動

     職場などでのパワーハラスメントが問題視されるようになってから久しいですが、芸能界でもパワハラが原因でトラブルが発生し、先週はその話題でもちきりでした。トラブルの中心は女優の鈴木砂羽さん。初めて演出を手掛けた舞台「結婚の条件」で、出演者の女優2人が開幕2日前に降板して騒動となりました。降板の原因は「鈴木さんのパワハラ」ということですが、果たして降板せざるを得ないほどのパワハラだったのでしょうか。

    真っ向に対立する認識の違い

     出演を取りやめたのは牧野美千子さんと、鳳恵弥さん。9日の夜に2回の通し稽古を予定していたのですが、牧野さんと鳳さんが別の仕事を入れていたため、2回目の通し稽古ができなくなってしまいました。そのことで、鈴木さんは「2人に土下座を強要し、降板することになった」という報道がされました。騒動の引き金となったのは、牧野さんと鳳さんの所属事務所が、公式Facebookにアップしたコメント。

     「演出・鈴木砂羽氏より2人の受けました人道にもとる数々の行為に対しまして、弊社と主宰側で検討をしました結果、残念ながらこれ以上の稽古及び舞台への出演をお受けすることはできないと判断し、出演をお断りする運びとなりました」

     このようなコメントと共に急遽、牧野さんと鳳さんが降板すること発表されました。

     そもそも「結婚の条件」という舞台は、ドラマ「ごくせん」などを手掛けた脚本家、江頭美智留さん主宰の「劇団クロックガールズ」が、鈴木さんを主演と演出家で迎えた舞台で、江頭さんはプロデューサーという立場でした。牧野さんと鳳さんが、9日に他の仕事が入っているということを江頭さんは前もって聞いていたのですが、鈴木さんに伝わっておらず、2人は鈴木さんに謝罪しました。ところが「さらに謝罪を求められた」と鳳さんが自身のブログで明かしたのです。

     「美千子姉さんが『すいませんでした』と謝る姿に納得せずに、『ぬるいわね』と吐き捨て、更に追い込もうという(中略)他の共演者の方にも土下座するように砂羽さんから促され、頭を下げました」

     と綴り、これまでに鈴木さんから受けたとされるパワハラについても赤裸々に告白。このことで鈴木さんのパワハラ疑惑が浮き彫りとなり、騒動となったのでした。

     舞台は代役を立てて公演され、18日に千秋楽を迎えました。舞台としては何事もなく公演を終えられたようですが、舞台初日後に行われた囲み取材で、鈴木さんは、「土下座をさせたという事実は一切ありません。人道的に彼女の人格や尊厳をめちゃくちゃにするような罵声を浴びせた事実はございません」と、涙ながらにきっぱりと否定。

     江頭さんも、「私のスケジュール確認のミスにより、2回目の通し稽古ができなくなったことが原因ですので、私が自ら、キャスト、スタッフに謝罪しました」と、プロデューサーである自分の責任だと認めています。また、鳳さんがブログに、「江頭美智留先生に頭を下げさせている」と書いたことについて、鈴木さんに土下座を強要された事実はないと否定しました。

     鈴木さんのパワハラがどの程度のものだったのか、はっきりとしないなか、牧野さんと鳳さんの所属事務所の社長である関口忠相氏は、「納得のいかないところも多い」としながらも、「はっきり言えば、私の中では収拾はついた」と騒動の終結宣言をしています。しかし、「土下座の強要はしていない」と否定した鈴木さんや江頭さんに対しての怒りを隠すことはしていません。

     「鈴木さんは『土下座しろ』とは言ってませんが、謝罪した上で『ぬるい』と言われれば、それは土下座しろということでしょ。しかも鳳が土下座したら『あちらにも』と促したということは、彼女は土下座を求めていたからではないでしょうか」

     また、鈴木さんが鳳さんたちから降板したと話したことに対して、「9日の夜と10日に江頭氏からの出演要請を受諾しており、出るつもりだったんです。しかし、11日になって鈴木さんが決めた代役での公演が決定したので、2人は降板ということになったのです。つまり降りたのではなく、降ろされたんです」

     土下座強要のことだけではなく、降板についても真っ向から意見がぶつかっているものの、結局真相がはっきりとされないまま、この騒動は幕を閉じたようです。もうひとつの舞台を見ているような感覚ですが、うやむやなままで終焉する点は現実的です。

    売名行為、炎上商法の可能性大

     今回の舞台のように、小規模で短期間行われる舞台ではもめることはよくあることだそうです。鈴木さんは初めての演出もあって上手くいかないことや行き違いが多々あったのだと考えられます。プロデューサーの江頭さんが鈴木さんと他の出演者の間に入って、事態を上手く収拾できればよかったのですが、事の発端は江頭さんの鈴木さんへの連絡ミス。自分の責任だと思ってその場で鈴木さんに深々と頭を下げたのでしょう。それもあってか、鈴木さんが江頭さんだけでなく、牧野さんと鳳さんにもきちんと謝罪するべきだという認識で、「ぬるい」と言ったのかもしれません。

     真相はどうであれ、初日2日前に、しかも短期間の公演なのに、降板するほどのことなのかと疑問に思われます。降板したのか、されたのかは不明ですが、2日前に代役を立てること自体が理解できません。鈴木さんが代役を立てて降板させたのだとすれば、謝罪をさせたのだから気まずいながらもやるべきことは最後までやらせるべきですし、牧野さんと鳳さんが自ら降板したのであれば、女優として仕事に対する責任感が薄いように感じさせられます。

     パワーハラスメントという言葉が出始めてから、仕事上での些細な人間関係のトラブルが過剰に反応されるようになってきているように思います。報道や舞台の関係者が話す内容を聞いてみると、鳳さんがブログで明かしていたようなパワハラを鈴木さんはしていないと話す人の方が多くみられます。小規模の舞台ではよくあることで、それでも出演者たちは、ファンや観客を喜ばせるために自らの仕事をこなしています。突然の降板にはどんな理由があるにせよマイナスなイメージしか与えません。今回の騒動でプラスがあったとすれば、女優や舞台の名前が大々的に報じられ、多くの人に知れ渡ったということでしょうか。「売名行為の可能性が高い」「炎上商法なのか」とも言われていますが、いくら名前が知れても売名行為や炎上商法ではマイナスイメージにしかなりません。

     舞台「結婚の条件」の宣伝ポスターに「大人ってなーに?」と大きく書かれているのですが、大人とは本当に何なのでしょう。些細なトラブルように思えますが、大人の対応ができたとは全く思えません。この騒動が舞台の一部で、これも演出なのかと思えば、上手くできた舞台だと称賛に値するのではないでしょうか。

    6

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。