■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    今回のミサイル問題でわかったことを整理します。

     北朝鮮から発射されたミサイルが日本上空を飛翔し、太平洋へ落ちたということに対しての反応でいろんなことが分かったと思います。

     それを少し整理していきたいと思います。

    【アメリカ】

     自国への脅威がない限り北朝鮮を攻撃しないことが明らかになり、米国は日本のためだけには絶対に闘わないことが判明しました。

     今回のミサイルの飛行距離がグアムを圏内に収めたことにより、ちょっとは変化をするかもしれませんが、日本や韓国が攻撃されようとまったく知らんぷりを決め込むことは十分にありうると思えるようになってきました。

    【CHINA】

     これほどわかりやすい反応はありません。自分は武力でチベットやウイグルを侵略し、スプラトリー諸島など南シナ海での傍若無人ぶりは棚に上げて、「話し合いで解決をすべきだ」とアメリカに呼びかけています。

     ここから民進党などはダブルスタンダードを学んだのでしょうか。

     習近平主席が独裁体制を着々と強化しつつある現在、これが確立してからは遅いと思うのは私だけ?
     

    【ロシア】

     見事な外交術。トランプ政権をロシアスキャンダルで国論を分けさせ、強気のトランプ政権を弱体化に成功。アメリカの手足をマッチポンプで引っ張っている。
     
     そのさなかに安倍総理と会談し、表向きは安倍総理の言うことを聞いて素直に安保理事会の国連決議に賛同したように見せている。

     今回の問題は米朝の問題でロシアはフリーハンドで有利に立ち回っている。

    【韓国】

     一番間抜けな対応。文在寅政権は北朝鮮に度重なる秋波を送るも、すべて裏目。振られっぱなし。

     その最たる例が人道的支援策を打ち出した直後にミサイル発射。

     完全に文大統領の面目丸つぶれ。韓国民からの支持率も下がり始めている。この緊張下で平昌オリンピックは開催できるのでしょうか?

     米国は韓国を全く信用しておらず、韓国切捨ても選択肢の中に入っているという情報もあり。

     日本はまさかの河野太郎外務大臣の活躍で、岸田外務大臣の時とは全く違う外交姿勢となり、一番思惑が外れたのが中韓そして日本の愛国者か。

    日本国内に目を移すと;

    【9条信者】

     ほぼ、無音。無反応。あっても北朝鮮のミサイルは対してことがない、北朝鮮は自衛のためにやっていると北朝鮮を擁護。

     さらに、このミサイルは安倍総理が加計学園問題等をうやむやにするために北朝鮮にお願いして撃たせているとの発言もあり。

     その発言に日本人として耳を疑う。

     9条で平和を維持しようとするのなら、北朝鮮に対して大規模なデモ、よく国会議事堂前で行う反政府デモと同じかそれ以上の規模のデモを企画してもよさそうなものですが、一切そういう動きはありません。

     誰のために、そして何のために今までデモをしてきたのかが浮き彫りになりました。

    【民進党】

     山尾志桜里議員騒動や離党議員続出で全くの出番なし。存在感は日に日に薄らいでいる。あと半年もすれば、社民党と同じような運命になること請け合い。

     それでも支持者がいること自体が不思議。

    【共産党】

     民進党を秘密裏に吸収することに失敗。さらなる党勢拡大は「共産党」と名乗る限りこれ以上無理。
     
     ただ、地方議会では弱者に寄り添う偽善的な姿勢だけは見せるので、急速な衰えもない。

     ただよく考えればすぐにわかることですが、政党助成金を受け取らず、赤旗だけの収入で党運営費を捻出することは不可能のはず。
     
     弱者救済ビジネスで政府の補助金等をうまくかすめ取ってその運営資金を稼いでいるという情報あり。私もそう思います。

    【自民党】

     小池氏や細野氏などの新党が準備を整える前に解散総選挙に打って出る戦略を展開。

     ただし、今回の選挙で憲法改正を前面に打ち出し、憲法改正で国防力の強化がメインにならなければ、保守系からの支持離れが促進されると予想します。

     今度の選挙の最大の焦点は日本の安全保障だと思います。そのために、安倍政権の支持率も回復してきています。ここで争点をずらしたり、正面突破をしようとしなければ、安倍政権もその存在意義を失うでしょう。

     憲法改正、特に憲法前文と9条の二項の削除など本気で改憲をしようとして来たら、今まで以上に絶対支持!

    【売国奴議員】

     一色氏のツイッターにありましたが、北朝鮮のミサイルなど日本の脅威にならないと言っていた人たちが、解散総選挙と聞いた途端に、このミサイルの脅威にさらされている中にどうして政治的空白を作ろうとしているのかと騒ぐのを見て、やはりこの人たちは日本国のことなどこれっぽっ地も考えていないことがわかります。

    【テレ朝やTBS・NHKなどの反日マスコミ】

     定番の反日メニューは健在。しかし、局内でも反日報道をすることに違和感を持つ人が多くなってきています。テレビ局の自己浄化作用が速やかに作動することを祈念します。

     斉藤由貴のダブル不倫問題は個人の問題、でも、国会議員の山尾志桜里議員は公人の問題。それを同一視すること自体が矛盾がありますが、それを堂々と並べて番組を作るずぶとさは見事です。

     テレビの言うことを鵜呑みにしないために、もっと聴視者は別な情報源も併用しなければなりません。

     思うままに書いてみました。

     コメント欄に思うままに続きを書いてみませんか?


    『井上政典のブログ』より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    4

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。