■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    日野皓正氏の行動を全面的に支持する!

     トランぺッターの日野氏が指導している生徒に本番中に手を挙げたと騒いでいますが、私は日野氏の行動を支持します。手を上げる=暴力=悪というこの単純な行動で何事も割り切ろうと世の風潮がどうしても納得できません。

     とうぜん、目がつぶれるや耳の鼓膜が破れるなどの過度な暴力は反対ですが、相手に誤りを気付かせる程度の実力行使は、特にこのケースで言えば「躾」のレベルではないでしょうか。

     私はもうすぐ5歳になる孫を周囲から言わせれば「溺愛」しています。でも、きちんと叱るときは叱ります。その孫の目に涙があふれるのを見るのはまさに断腸の思いです。でも、心を鬼にして叱り飛ばします。時にはお尻を叩きます。

     それは、本人の身体に危険が及ぶ時、例えば道路への飛び出しや鋏を持って冗談で振り回す時などです。一緒に散歩をするときはどんな交差点でも「右見て左見て右見て」と必ず安全確認を実施します。しかし、時に興奮して飛び出す時があります。その時には、日ごろ優しいジィジが目が飛び出るくらいに叱ります。なぜなら、この子が事故に遭うことなど考えたくないからです。

     そしてあとは、周りに迷惑をかける行為をした時です。比較的広い場所なら走り回ることを許しています。しかし、トレイを持った人たちが大勢いるところでは厳しくだめと伝えます。それでも、走り回るときはきつく叱ります。時に手を上げることもあります。愛する孫が人様に迷惑をかけても平気な大人になってほしくないからです。

     叱ると私の心も悲しいのです。叩くと私の手もすごく痛いのです。でも、孫を愛していればこそする行為です。これを「愛の鞭」と呼ぶのではないでしょうか。

     件の日野氏の行動を見てみると、ソロパートを順番にしていくところで、問題の生徒が自分のソロを極度に長くして終わらなかったので、日野氏が強制的に止めさせただけのことです。この少年は日野氏に才能を認められ、内弟子のように接してきたそうです。その師匠の静止を振り切り、さらに手で演奏を続けたために、日野氏が手で威嚇しているだけのことです。

     あたっているのかどうかわかりませんが、例えあたっていても大した暴力ではありません。その少年の行動で自分の晴れ舞台を邪魔された他の子供たちの心境はどうなのでしょうか。私は日野皓正氏のような超一流の芸術家・職人さんから真剣に教えてもらい、真剣に叱られ、真剣に指導される子供たちは幸せ者だと思います。

     いまどき大人が真剣に叱ってくれることってあるでしょうか? ちょっと手を上げると暴力を振るわれたと自分の子供だけしか見ない親が学校に文句を言いに行きます。腹の座った校長先生がいるところはそれを毅然と跳ねのけますが、教育者としての資質に乏しい人が校長をやっているところは、事なかれ主義ですべて手を挙げた方が悪いと先生を庇いません。

     先生も真剣に子供と向き合っていたら必要な愛の鞭を振るうこともあると思っています。これの何が悪いのでしょうか?この構図は戦争はだめ、絶対ダメ何があっても戦争をしちゃいけないと言っていることと通じていると思っています。

     北朝鮮がミサイルを日本の庭や屋根の頭越しに飛ばしているのに、日本は何もできません。この角度は計算されています。それは韓国の領空を飛ばさないとか、アメリカの領土には到達しないと瞬時に計算できる角度で打ち上げています。でも、日本の上空であれば問題ないといつもの秋田県沖に落としたり、津軽海峡上空を飛ばしたりしています。

     いつか、それが落ちてきたり、上空で核爆弾が炸裂したりしたときには日本人がたくさん犠牲になります。それを防ぐためにある程度の実力行使は必要となるのですが、すべての実力行使が「武力行使」で、これを戦争行為とみなし、一斉にマスコミが非難していつまでたってもこの危険性を排除できず、逆にその危険性は今回の核実験で大いに増してきています。

     弾道ミサイルが落ちてくるときはマッハ数十の速度で落ちてきます。それも垂直に近い角度で落ちてくるのですが、それを迎撃するのは至難の業です。迎撃可能ですが100%ではありません。

     また垂直に近い角度で落ちてきているのですから、迎撃ができてもその破片が日本人の頭の上に落ちてくる可能性は消去できないのです。いままでは誰が何のために日本にミサイルを撃ち込むことがあるのか?という意見が多かったと思いますが、今はいつ何時北朝鮮が日本にミサイルを撃ち込むのかわからないという意見の方が多いと思います。

     これを戦争行為とみなして憲法違反だと騒ぎまくる人たちに聞きたい。もしそれであなたの愛する人が犠牲になってもいいのですか?と。私はいやです。またその犠牲になった人たちの話を聞くのもいやです。できるだけ他人ごとではなく、自分のこととして受け止めるようにしていますから。

     いやこれは自国の防衛だからいいんですとしたり顔で売国奴政治家は言うでしょう。だから、どこまでが自国防衛で許されて、どこからが許されないのかをきちんと国会で議論すべきだろうと思うのです。

     日野氏の件でも「手を出したから負け」と言う人も多くみられますが、あの世界の日野皓正が後進の指導を請け負い、それも大したギャラではないと思います、中学生たちに自分の今までの技や哲学を真剣に向き合って指導する姿勢自体が大いに評価されるべきであり、その御大ともいえる指導者を怒らせたその少年がどれだけうぬぼれてのぼせ上っていたのかを考えるべきだと思います。

     暴力=悪、軍隊=悪、戦争=悪と単純化し、それによって日本国の安全を脅かし、日本の伝統を破壊し、外国のための日本を創ろうとしている輩に手を貸していいのでしょうか?どこまでが暴力で愛の鞭かを判断することは傍からは難しいと思います。でも、今回は親も本人も自分が悪かったと反省しているようです。それがどれだけ真剣に日野皓正氏が子供たちに向き合っていたのかを知る術ではないでしょうか。

     親方の技を盗み取って自分のものとしてきた日本の風習は時代遅れかもしれません。しかし、師と仰ぐ親方の一挙手一投足を観察し、それを自分のものとして身につける行為こそ技の伝達の極致ではないでしょうか。

     その証拠に、名工の技が数千年にわたって伝承されてきているのが日本文化であり、マニュアルという陳腐な手段でしか伝えられない米国の物づくりとどちらが素晴らしいかは一目瞭然ですから。師匠の技を盗むというのは、どれだけ真剣に一つのことに専心できるかだと思います。そういう日本の文化を足蹴にするような今回の報道姿勢は良くないと思います。


    『井上政典のブログ』より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。