■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    輪行トラブル、マナーと気遣いで人に優しく

     ここ最近ブームになっている自転車。何十キロも離れた土地までサイクリングを楽しむ人が増えています。移動手段としての自転車ですが、ブームの今、自転車を電車や新幹線に持ち込んで遠方でサイクリングをする愛好家もいます。公共の乗り物に持ち込んで運ぶことを輪行と呼ぶそうですが、ネット上では輪行のマナーが問題になっています。8月12日にツイッターで、新幹線の通路に結び付けられた大きな荷物の写真が投稿され、投稿者は、「車内販売のワゴンが通れない」とつぶやいていました。その荷物の中身は自転車。自転車はそのまま押して乗ることはできず、折りたたむか解体するなどして専用の袋に収めることが規則で定められています。車内に持ち込みはできるものの、その置き場所や周囲の迷惑を考えていないことに批判の声が相次いでいます。

    相次ぐ輪行トラブル

     サイクリングブームを受けて、観光振興につなげようという地域もあり、大規模なサイクリング大会を開催したり、愛好家を呼び込むために自治体が自転車専用道路の整備を進めたりしている地域もあり、それを目当てに全国各地から愛好家達が自転車と共にその地域を訪れています。そのため、移動手段である自転車を電車や新幹線などの交通機関に乗せて運ぶ人が増えてきているそうです。

    300

    輪行では自転車を分解してキャリーケースに入れ、車両内に置いている(ウィキペディアより)

     サイクリングを楽しむことは個人の自由ですが、ツイッターで投稿された写真のように、輪行が周囲の人達に迷惑をかけ、一部ではトラブルにもなっています。車両の出入り口付近に自転車を置いて他の乗客の乗り降りの邪魔になったり、通路をふさいでしまったりしたケースが鉄道会社に報告されています。また、自転車を入れる袋の記事が薄いため、中のハンドルやペダルなどのパーツに体をぶつけてしまった乗客から駅員にクレームがきたこともあるとか。

     観光振興につなげようとしている地域の内、JR四国では遠方の愛好家にも気兼ねなく訪れてもらうため、今年の3月から愛媛県の松山市と宇和島市を結ぶ特急「宇和海」に、自転車専用のスペースを導入しました。自転車を折りたたんだり解体したりせずにそのまま持ちこんで、専用スペースに立てかけておくことができます。こういった専用スペースを設けられたらサイクリング愛好家も気兼ねなく輪行できるのですが、こうした列車は限られているため、大抵の場合は自転車を入れた大きな袋を持ち込んで移動するしかありません。

     大勢の人を一度に運べる電車では特に大きな荷物は邪魔扱いされ、周囲の視線が痛いもの。自転車だけではなく、旅行などに行く際の大きなキャリーケースや、子供を乗せたベビーカーも狭い車内では周囲の人の迷惑になることがあります。規則ではどれも持ち込みを許されているのですが、決められたルールのないため、マナーは人それぞれ。いくら気を遣って通路や周囲の邪魔にならない場所に置いたとしても、迷惑になるからやめてほしいという人もいれば、気を遣っているならいい、持ち主の態度が大事だという人もいます。明確な規則がない分、マナーというのはあやふやで論争が絶えないものだと感じさせられます。

    初めてベビーカーで電車に乗ってみたが…

     私は輪行をしている人を見たことはありませんが、キャリーケースやベビーカーと一緒に乗っている人を見かけたり、実際にそれらを持ち込んで乗ったりしたこともあります。先日、初めて電車にベビーカーを乗せて乗車しました。日曜日の昼間でしたが、さほど乗客はおらず、席も十分空いていました。2駅ほどの区間だったので気軽に乗り込みました。ところが乗った瞬間、ベビーカーはどこに置けばいいのか戸惑ってしまいました。通路に置いたら邪魔になるだろうし、優先席の前に置いても幅を取るため、座りたい人が座れないかもしれないし…と考え、結局、扉の脇に置くことに。電車の一番後ろの車両に乗っていたのですが、同じ車両にもう一台、子供を乗せたベビーカーを持った男性がいました。その男性は車両の一番後ろの席がない場所にベビーカーを置いて1駅で降りていきました。男性を見ていて、確かにそこだったら邪魔にならないなと気づかされました。他の乗客に何かを言われたわけではないのですが、ベビーカーの幅と荷物の多さを考えたら、かなり神経を遣って乗らないといけないと思わされました。混雑時の車内には絶対にベビーカーで乗れないなと実感し、ベビーカーで乗る場合はその分の料金を支払えという意見があることにも納得しました。

     今回の輪行のトラブルについて調べながら他にも電車内でのマナーで問題になっているベビーカーのマナーについても調べていると、ネット上の意見で、やはりベビーカーに対してのマナートラブルやマナーを守らない人への批判が多く投稿されていました。中には、ベビーカーを実際に乗せて肩身の狭い思いをしているという人もいて、マナーを守らない一部の人によってベビーカーで電車に乗ること自体の印象が悪いという意見もありました。ベビーカーにしろ、自転車にしろ、キャリーケースにしろ、実際にそれらを持ち込んで電車に乗ったことのない人は邪魔だなと不快に思うかもしれません。それでも、気を遣ってぶつからないように、なるべく邪魔にならないような場所に置いたり、畳んで置いたりすることで周囲の人の不快感は軽減されるでしょう。

     マナーは明確に定められていないあやふやなものだとしても、なるべく混雑時を避けて乗るようにしたり、自分の物には責任を持って目を離さずにしたり、ぶつかってしまったり迷惑をかけてしまったりした時にはきちんと謝るという最低限のマナーというより、気遣いをするべきです。規則違反ではないからとあぐらをかかずに、大きな荷物を持っている時点で周囲の迷惑になっていると自覚して交通機関を利用する必要があるしょう。
     見知らぬ人同士が狭い車内にいるためギスギスした雰囲気になりやすく、その中で互いに思いやりを持つというのは簡単なことではないかもしれません。しかし、大きな荷物を持っていたとしてもある程度マナーを守っていれば大目に見て、大変そうであれば手伝うことが当たり前のようにできる社会になれたらと願います。人は優しくされたら、今度は誰かに優しくしたくなるもの。助け合いのできる大人になれるよう、まずは自分から行動しなければと思わされます。

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。