■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    小さなお弁当で、お腹を空かせている中学生たち

     横浜市長選の投開票日だった7月30日、「はるかぜちゃん」の名で、声優の春名風花さんがツイッターでつぶやいたことがネット上で話題になりました。横浜の市立中学校での昼食時間が15分しかないため、十分な昼休憩の時間を与えて欲しいという内容のツイートでした。投稿されてから瞬く間に反響が広がりました。

    ゆっくり昼食を食べられる横浜になってほしい

     春名さんはツイッターで、「中学校に給食を作ってあげてほしい。無理ならハマ弁以外の弁当を買ってもいいことにしてほしい。それも無理なら、職員室にハマ弁を取りに行ってそれを食べられるくらいのまともな昼休憩の時間がほしい」ということを「横浜市長になった人」へ訴えるような内容を投稿。炎上を狙ったり、政治への介入をしたいからといったことではなく、現在中学校に通っている後輩たちのために行ったツイートでした。

     実際に春名さん自身も中学生の時、15分という給食時間で、食べるのが遅かったため、中学3年間ずっとお腹がすいていたそうです。部活のある日は帰宅するまでお腹が持たずに倒れそうだったともツイートしています。自身の辛い経験から、ゆっくり昼食を食べられる横浜になってほしいという願いを込めて投稿したとのことです。

     これに対して同じく横浜市の公立中学校に通っている子供の保護者などから、「こちらも12:50~13:05の15分間です。『時間内に食べきれるサイズのお弁当箱』を使っているので、午後の部活中にお腹がすくそうです」といった投稿や、「早弁する勇気もなく、小さな小さなお弁当箱でした。お昼ご飯くらいゆっくり食べさせてあげたかったです」といった投稿もありました。食べ盛りの中学生がお腹を空かせて授業や部活に臨んでいると思うと、親からしたら心苦しい限りでしょう。

     どうやら横浜市の中学校では昼食の時間は15分が常識だそうです。弁当を食べるだけなら15分あれば十分に思えるのですが、授業が終わってからすぐに食べ始めないといけないため、友達と机をくっつけておしゃべりしながら食べることはできず、授業中のように全員黒板の方を向いてもくもくと食べるしかありません。

     昼食前の授業が体育や移動教室だと着替えや移動で時間は減り、食べる時間は10分あるかないか。また、弁当を持って来られない場合は、申請をすれば「はま弁」と呼ばれる弁当が学校に届けられるのですが、職員室にまで取りに行かなければならず、それをしていると食べる時間が10分もないこともあるようで、かなり限られた時間で昼食をとることになっています。

     横浜市では、午後の授業が始まるまでの時間はそれぞれの学校で異なるものの、多くの場合は約45分。午前最後の授業から昼食までの準備の時間が5分、食べる時間は15分、昼休みは20分、次の授業の準備や移動の時間が5分という内訳です。横浜市だけではなく、全国の学校でも昼食の時間は20~40分で、配膳や片付けの時間を除くと食べる時間は15分から20分程度で、横浜市が特別短いということではないようです。

     昼食の時間をもっと長くしてほしいと要望する保護者も少なくないようですが、なぜ限られた時間なのかというと、授業や部活の時間を確保する必要があるため。横浜市教育委員会は、部活について「日が長い夏でも午後6時頃までしか行えず、十分な時間を確保するためには昼食の時間はこれ以上取れない」と話しています。

    昼食時間のスケジュールを見直す時がきた

     横浜市以外の地域でも昼食の時間は問題らしく、15分~20分の間で食べ終われるよう工夫をこらしているようです。神戸市では盛り付けが不要な弁当箱に入った昼食を配るようにしたり、札幌市では業者が教室の前まで給食を運んでもらって生徒が取りに行く時間を省かせたり、千葉市では昼食の前後には移動や着替えが必要な体育の授業を入れないようにしています。

     「食育」ということが言われている現代で、中学生が昼食の時間が短いがためにお腹を空かせているとは全く知りませんでした。私は韓国の中学校に通っていたので、韓国ではほとんどの学校が給食で、生徒の人数も多かったので十分な時間がとられていました。1、2年生は学年やクラス別に時間をずらして給食室に行って食べたり、3年生は教室の前の廊下に配膳されて教室で食べたりしていました。配膳や準備は全てスタッフの、いわゆる給食のおばちゃんたちがやってくれていたので、並んで給食を受け取って食べるだけでしたが、それでも昼休み全体の時間は十分にありました。

     日本の学校と違う点は、部活でしょう。韓国では部活という概念がなく、学校では勉強のみ。高校生の頃はクラブの時間が授業の中にありましたが、放課後や休日に時間をとって活動することはありませんでした。確かに日本では部活が盛んなので学業も運動も両立させないといけないため、その時間を確保するために昼休憩の時間を削ることはやむを得ないことなのでしょう。今の教育方針の中で昼食時間の問題を解決するためには、神戸市や札幌市、千葉市などで行っている工夫をして、なるべく食べる時間をとれるようにするしかないように思います。

     しかし、川崎市では、今年度から給食実施することになり、しっかり味わってもらおうと食べる時間を15分から35分に延長することになったそうです。そのため、昼休みの時間が65分になり、中学校の中には部活動の時間が減らないよう朝の登校時間を5分早めるところも出てきたとか。食べる時間に余裕を持たせたとしても、他のところにしわ寄せがいくことになってしまうようで、文武両道の厳しさがあるのを感じさせられます。

     生徒の立場からすれば、せめてご飯を食べる時間をゆっくり持たせてほしいと思うでしょう。お腹が空いていては授業にも部活動にも身が入らないのではないでしょうか。確かに授業と部活動の時間を確保するためには、昼休憩の時間を削るしかないかもしれません。しかし、昼休憩の時間は生徒達のコミュニケーションを取る時間として必要なものともいえます。大人でさえ午後の仕事をする前の昼休憩には、食事をしたり、コーヒーを飲んだり、煙草を吸ったり、きちんと休憩の時間を確保しているのに、食べ盛り、育ち盛りの中学生が15分、もしくは10分もないわずかな時間だけしか食べられないのはいかがなものでしょうか。学校が社会に出るための学び舎だとしたら、昼休憩の時間も立派な教育の一環だと思います。授業と、部活動と、昼休憩のスケジュールを見直して、教師や教育委員会だけで決めるのではなく、生徒も一緒に自分達のスケジュールを考えられるようにしてもいいのではないでしょうか。一日のスケジュールだけではどこかにしわ寄せがいって余計辛くなるかもしれないので、年間のスケジュールを全体的に調整して、削るところや、しわ寄せがきてもいいと思えるところを、教師と生徒で話し合う時間があれば、生徒も納得した昼休憩の時間を過ごせるでしょう。

     実現できるかどうかは分かりませんが、ただ単に学校で決められたスケジュールに沿って短い昼食の時間に不満を抱えながら中学生活を送るよりも、話し合いなどの時間を持って自ら考え、納得したスケジュールで中学生生活を送ることができれば、社会に出てからも流されるだけではなく、自ら考えて行動できる大人に成長できる可能性が高いように感じます。

     春名さんのツイートがきっかけでしたが、横浜市をはじめ、全国各地の教育委員会や各中学校で、昼食の時間についてもう一度考えるべき時なのかもしれません。工夫や改善がなされることを願っています。

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。