■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    小名木 善行
    小名木 善行
    国史啓蒙家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    「私、親不孝な人は嫌いです」

     朝、出勤前にNHKの朝ドラ「ひよっこ」を見ることが多い。

     主人公の矢田部みね子は1960年代の後半、北茨城から集団就職で東京に出て働く「金の卵」。所謂「団塊の世代」です。

     最初、ラジオ組み立て工場で働くが、不況のあおりを受けて倒産。

     行く当てのなかったみね子を拾ってくれたのが、以前から馴染みのあった洋食屋「すずふり亭」でした。

     みね子にはこれといった特技はない。これといった大きな夢もない。

     「マッサン」のように、周囲の反対を押し切って国産ウィスキー作りを成功させもしないし、「べっぴんさん」のように友人たちと力を合わせてベビー服のブランドを立ち上げたりもしない。

     したがって、このドラマは極めて平凡、劇的なことはほとんど起きないのです。

     ところが、見ていて何だか惹かれる。登場人物の中に、悪い人が一人もいない。工場の寮でも、寮長は温情があるし、寮の女の子同士でいじめも諍いも全くない。失業したみね子を拾ってくれた「すずふり亭」の女主人をはじめ、コック、先輩ウェイトレス、隣の和菓子屋店主、アパートの同居人たち、全員が例外なく善人。

     「人生、こんなにうまくいくなんて、あり得るか?」と思うが、毎朝ほのぼのとして、見ていてストレスがないのです。

     何の取り柄もないように見えるみね子だが、一度だけ感心したことがあります。同じアパートの住人である慶応ボーイと恋仲になった。幸せの絶頂に行くかと思ったら、彼の父親が持ってきたしがらみの縁談話を彼は断れない。

     彼はみね子との関係を選ぼうと決意して、「ぼくは、家との関係を切って、大学を辞めてでも、君と一緒になろうと思う」と打ち明ける。

     すると、「うれしいです」と素直な気持ちを言った後、しばらく考えていたみね子が、思いがけないことを言う。

     「でも私は、親不孝な人は嫌いです」

     この一言で、二人の恋は終わると分かっていながら、なぜこんな言葉がみね子から出てくるか。

     彼女の父は数年前、出稼ぎの東京で、不意に音信不通となった。家族には、その理由が分からない。しかし、母はもちろん、みね子もずっと、父が帰ってくると信じているのです。

     ドラマの中では、みね子の心のつぶやきはいつも、「お父さん、私は今 …… です」と、お父さんに語り掛ける形になっています。お父さんを慕う娘の気持ちが、ずっと変わらない。

     だからこそ、恋人へのあの言葉が出てきたのだろうと、私は思う。

     「何年も行方知れずのお父さんを、私たちは信じて待っている。なのにあなたは、ここまで愛して育ててくれたお父さんの願いを、自分の思いだけではねのけることができるの?」

     そういう気持ちだっただろうと、私なりに想像するのです。

     ところが、この朝ドラのすぐあとに続く「あさイチ」で、みね子と同世代と思える出演者の男性の一人が、えらく憤慨している。

     「あの島谷という大学生、なんてだらしない奴だ。あそこは絶対、『親を捨ててでも、ぼくは君との愛を貫く』と言うべきだろうが!」

     団塊の世代は、日本の経済成長を支え、恋愛結婚の先頭を走ってきた人たちです。家はしがらみ。大切なのは、本人同士の気持ちだ。

     「好きだ」という気持ちを優先しないのは、自分を偽ることではないか。

     1965年に見合い結婚と恋愛結婚との比率が逆転して以来、こういう主張は違和感なく受け入れられる世の中だろう、というのが常識のようにも思えます。

     ところが、このドラマの脚本家は、みね子にちょっと時代錯誤的とも思える言葉を言わせてみた。

     なぜだろうか?

     考えてみると、これは時代によって変わるようなものではない。親子という縦の関係、男女の横の関係、これはどちらもなくてはならない、価値のある愛の関係です。

     しかし、横の関係は縦の関係を土台としてこそ正常に、そして美しく築かれると思います。

     みね子の父は善良で優しく、子どもたちに愛情を注ぎ、家族のために出稼ぎの苦労も厭わず働いていた。

     みね子はそういうお父さんをずっと慕って育ってきたし、音信不通になってからも、不信するとか恨むとか、そういう気持ちはほとんどなかった。

     そういうお父さんを悲しませてでも自分の愛を貫こうとして、自分はいったい本当に幸せになれるのだろうか。

     … なれない。

     だったら、お父さんも家も捨てて自分を選んでくれた男性と結婚して、それで自分は本当に喜べるだろうか。

     … 喜べない。

     そういう気持ちから、言うしかなかったのが、あの一言だったのだろうという気がします。

     何の成功談もなく、どんでん返しもなく、ただ善良な人たちの何気ない日常が展開しているドラマの中で、

     「これは肝だ」と思える出色のシーンでした。

    15

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。