■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    「デブ税」導入を! これは本当に差別的主張なのか?

     7月5日、女性限定のネット掲示板「ガールズトーク」に投稿された20代女性のあるコメントによって賛否両論の激しい議論が巻き起こりました。女性の主張は、「デブ税として、公共交通機関でのデブの運賃倍制度導入希望! デブは、運賃を倍支払うべきです」というもの。これに対して、「これは正論」、「全然あり」などの賛成意見も多数ある一方、「(体型)で人を差別するのか」との反論もあります。また、「荷物の多いビジネスマンもなんとかしろ」と、その他の異論も目立っていました。「ガールズトーク」だけでなく、ツイッターやネット掲示板「2ちゃんねる」でも話題となって様々なコメントが相次いで投稿されています。

    満員電車でデブに腹が立っています

     投稿した女性は、満員電車など、太った人のせいで窮屈な思いをさせられることがある、1人で2人分の座席を使っている人がいて迷惑、宅配便でも荷物の重さや大きさによってその分の送料を支払わないといけない、などの理由でデブ税に関する主張をしたそうです。

     女性は主張だけでなく、デブ税が制度化されることを想定した場合の割増運賃の基準についても説明しており、体重ではなく外形寸法で判断することとしています。また、病気などでどうしても痩せられない人については、医師の許可を得て割増運賃の免除ができるようにすべきだと述べています。さらに、この制度を導入することで、国民の健康意識の促進と、公共交通機関の輸送機能向上の2点をメリットとして挙げています。

     女性はこのような説明をした上で、投稿の最後に「(制度の導入を)本気で考えてしまうぐらい、満員電車でデブに腹が立っています。暑いのに、暑苦しい巨体を押し付けられて……、お願いだから痩せてくれ!!!!」という心の叫びを残しています。

     この女性の気持ち、私もよく分かります。満員電車自体が辛いものなのに、その上この暑さ。体型に関係なく汗をかいている人と密着しないといけない状況は本当に参ってしまいます。それに加えて太っている人に体を押し付けられ、ましてやそれが太ったおじさんだと思ったら…、この女性の主張に賛成したくなります。

     私のように賛成するユーザーも多く、「少しでも気持ち良くお互い過ごせるなら全然ありだと思います」、「映画館とかさ、幼児は膝の上なら無料だけど、1席使うなら料金かかるんだから、電車も2席分使うなら料金とらないとおかしいよ」、「できれば、痩せたら支払った分をいくらか返金してもらえる制度も併せてお願いします」という投稿もあります。

     ただ、人の身体的特長を区別することは差別だと、女性の投稿を問題視する声も多数寄せられました。例えば、「見た目で人差別して…(中略)…神経疑うわ。笑えない」、「デブだって個性だと思うよ。確かに迷惑だけど、それ言ったらベビーカーだって車椅子だって迷惑でしょ? そういうことじゃないと思う」、「相撲選手やらビルダーも引っ掛かるやん 何で仕事で体格維持しとるのにケチ付けられなきゃいかんのや」など、反対する声が上がっています。

     賛成、反対意見に加えて、混雑時のキャリーケースなどの荷物にも「課税」すべきなど、普段から公共交通機関を利用していて不満に感じている点を訴えるユーザーの姿も目立ちました。

    差別的発言は議論もされない

     ネット上で賛否両論の物議をかもし出すのは珍しいことではありませんが、ここまで話題になったのは、投稿した女性の主張が差別的だとみなされる要因があったからだと考えられます。ネット上だけでなく、報道番組でも取り上げられ、取り上げられ方も、コメンテーター達のコメントも、女性の考えた制度について議論をしあうというより、これは差別的主張だから、こんなふうに考えてはいけない、日本人は海外に比べて肥満率は少ないから気にすることはない、ということを述べていました。この主張への反対はもちろんのこと、差別的発言だから取り合う必要ないという雰囲気が見て取れました。

     その場面を見て、なぜ自分の考えをコメントするべき立場の人たちが一律に同じ考えなのか、ネット上では賛否両論の激論なのに、テレビ番組のコメンテーター達が同じ意見なのはおかしくないかと疑問に思いました。この女性の主張は差別的発言だから間違っていると裏付けるように、女性は投稿した「ガールズトーク」上で謝罪をしたそうです。

     「本気で怒る方や不快に感じる方もいるだろう事を配慮してませんでした。申し訳ございませんでした。冗談のつもりであっても、傷つく方も、本気にしてしまう方もいるのですね。本当にごめんなさい」

     このような謝罪コメントが投稿されました。自分の意見を述べられる場で主張しただけなのに、謝罪をする必要があるだろうか、賛成意見も多数あるのだから主張を貫き通せばいいのにと思ったのですが、最後に「これからますます暑そうですが、お身体大切に! 太りすぎは健康に良くないですよー!笑」とコメントが続いていたのを知り、世渡り上手な女性だと感心しました。反対意見は受け止めながらも、軽い言葉で主張を加え、釘を刺すようなコメントに女性のしたたかさを感じさせられました。

     女性の主張には賛成ですが、国ぐるみで制度化させる必要はないでしょうし、それ以前に「人を見た目で判断して差別するな」という反対派に押しつぶされて、女性の主張は消えていくんだろうなと残念な気持ちでなりません。

     投稿した女性はおそらく、差別をしようと思ってしたコメントではなく、とにかく迷惑だから痩せるか、何かしらペナルティを背負ってほしいと日ごろの不満を書き込んだのでしょう。

     狭い車内に押し込まれる中、太っている人が迷惑がられ、実際に迷惑だと思っている人が多数いるということを自覚してもらいたいものです。満員電車では太っている人以外にも迷惑行為は様々あります。乗客が互いに気持ちよく過ごすためには、満員電車自体をなくすしかない気もしますが、今の状況では難しいでしょう。

     誰も言葉を発さない異様な雰囲気の満員電車では、不満だけが募っていきます。乗っている人たちが互いに気を遣い合って、一言「すいません」、「ありがとうございます」を言うだけでも人の気持ちは変わると思います。余裕のない満員電車ですが、不満をぶつけるだけではなく、知らない人同士でも言葉を掛け合うことができるようになれば、多少なりとも不満は解消されるのではないでしょうか。デブ税に反対するのであれば、差別だ、見た目で判断するな、というだけでなく、代替案も出してもらいたいものです。

    4

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。