■連載一覧
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 荒川 英紀
    荒川 英紀
    学習塾経営
    彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    岸元 実春
    岸元 実春
    フリーライター
    松原 広幸
    松原 広幸
    ITコーディネータ
    三石 江里子
    三石 江里子
    マイアミの風
    宮崎 林司
    宮崎 林司
    植林NPO理事
    内藤 俊輔
    内藤 俊輔
    元青年海外協力隊
    外舘 孝則
    外舘 孝則
    NPO法人理事長
    高橋 富代
    高橋 富代
    元・下田市議会議員
    吉本 秀一
    吉本 秀一
    日本けん玉協会理事

    「やりたいことを実現するために地方へ移住する」という選択

     地方に移住するメリットとかデメリットとか様々なサイトで紹介されています。そこで書かれていることは大概、「ご飯が美味しい」とか「自然が豊か」とか、「生活コストが低い」とか、「満員電車に乗らなくて済む」とか、「人が暖かい」とかです。しかし、そういうものは【当然ある】として、本日はもう少し「自分らしさを見つけ、作っていくこと」や「やりたいことを実現する」上でのメリットをご紹介したいと思います。
     
    「できた」にすぐ変えられる「やったことない」に出会える

     まず、都会に暮らしているとやる必要のないことが田舎にはたくさんあります。例えば、魚を捌くこと、庭の草刈り、ピザ窯を作ることや古民家を改築することなど。しかし、それは移住者にとっては「やったことのないこと」であり、やりさえすればすぐ「できた」に変えることができるものです。人間誰でも自分に「できること」が増えることは、嬉しいことであり、自ずと自己肯定感が高まります。
    都会から移住してくる、もしくはこの地で活動する若者で多いのは、「やったことない=できない」にすぐしてしまうこと。しかし、それはあまりにもったない。やったことないだけで、やりさえすれば少しずつできるようになることがたくさんあります。またDIYとよんで、わざわざやらなければならないことではなく、生活や仕事に密着していることでもあります。
    たとえばウニの時期にはウニ剥きがあります。移住しているメンバーは例外なく全員行います。所有している古民家には梅の樹があるので、梅を拾って梅酒を作ったり、梅ジュースを作ったりもします。そういうふうに、自分の「できること」をたくさん、短期間で増やすことができます。それは自分の将来の選択肢を広げることでもあるのです。

    800-1

    「やったことないことが多い」なんて当たり前。いちいち躊躇していたら人生がもったいない。

    静かな空間、対話ができる

     「自分らしさ」ってぎゅっと考えていれば見つかるかというと、そういうものでもありません。仕事でも大切ですが、しっかりと「振り返り」をして、日々自分が立っている場所を確認していくことは大切です。そして、それは自分自身との対話から生まれます。余計なノイズや灯りがない場所が自身との対話を促進する上でとても大切です。都会にはそういう場所はなかなかありませんが、田舎にはたくさんあります。

    8000-2

    人工物が一つも目に入らない、ノイズのない圧倒的な空間がすぐそこにあります。

    絶対に死なないという自由がある

     この町ではどんなにチャレンジをしても死ぬことはまずありません。例えば都会での起業というチャレンジをすると考えると、「稼がなくては死んでしまう」というある種の前提と固定概念があるように感じます。一方、この町では例えばですが、現金が稼げなくても、日頃、様々な町の方のお手伝いをしてさえいれば、おすそ分けなり何なりで食べるものには困りません。また、私たちは外から来た人間なので、変なしがらみからも距離をうまくとることができます。
    この町ではチャレンジすればするほど、知り合いが増え、信頼が積み重なり、助けてくれる人が増えて、安全になっていきます。
    チャレンジと聞くと、リスクを思い浮かべますが、この町ではチャンスしかありません。失敗しても大丈夫。そんな環境の中でのびのびとチャレンジできることは自分らしさを見つけていく上でとても大切な環境です。

    800-3

    やったもん勝ち。田舎にはやっちゃえる「余白」がたくさんある。

     私はこの町で6年間暮らす中で様々なチャレンジと自身の「やりたい」を現実に変えてきました。
    そしてこの度、この町での暮らしと自分自身の生き方や働き方へのチャレンジをもっといろんな方に知っていただきたいという思いから、「Change Makers’ College」という4カ月滞在型のプログラムを開始します。
     8月下旬ごろまで、第1期生を募集します。ぜひ参加を検討してみてください。

    【Change Makers’ College公式HP】
    http://cmc.set-change-maker-program.com/

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。