■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    渥美 堅持
    渥美 堅持
    イスラーム専門家
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    遠藤 哲也
    遠藤 哲也
    元日朝国交正常化交渉日本政府代表
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    服部 則夫
    服部 則夫
    元ベトナム大使
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    石井 貫太郎
    石井 貫太郎
    国際政治
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    宮塚 利雄
    宮塚 利雄
    北朝鮮専門家
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    中澤 孝之
    中澤 孝之
    ロシア問題
    太田 正利
    太田 正利
    外交評論家
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    佐藤 唯行
    佐藤 唯行
    ユダヤ人問題
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル
    渡瀬 裕哉
    渡瀬 裕哉
    早稲田大学招聘研究員
    山田 寛
    山田 寛
    元読売新聞アメリカ総局長

    敵ばかりの習近平国家主席――鍵を握る「江派二号人物」

     卒寿を過ぎた超高齢の江沢民が危篤(や死亡)との情報が幾度か流れる中、実のところ長年、国内外で絶大なる力を発揮してきたのが、別名「江派二号人物」、曽慶紅元国家副主席である。太子党に属する曽慶紅は、江沢民が上海市委書記となった1987年以降、側近中の側近としてロケット出世を遂げていく。1989年6月の天安門事件を契機に北京入りし、総書記へと昇格した江沢民国家主席のもとで、中央弁公庁副主任となり主任へと昇格。胡錦濤政権が発足した2002年11月の第16期党大会では、チャイナナイン(中国共産党最高指導部・中央政治局常務委員9人)の序列5位に収まっている。

    曽慶紅氏

    曽慶紅氏

     曽慶紅が30年余り、江沢民にとって最重要の腹心だった背景について、複数の中国メディアは「特務工作と国内外でのネットワーク構築にある」「巨大な情報帝国を築き上げた」と総括している。香港は「一国二制度」の仮面を被った共産党支配の地に変わり果てたが、香港・マカオ工作部門の主管を務めたのも曽慶紅で、そのシステムと影響力が今日まで続いているという。

     曽慶紅が手掛けた特務工作と工作員の中で、大出世した1人が〝世界のメディア王″ルパート・マードックの3番目の妻となった(2013年に離婚)ウェンディ・デン(鄧文迪/本名は鄧文革)である。ドナルド・トランプ大統領の長女イヴァンカの親友としても知られ、英国のトニー・ブレア元首相との恋仲の噂や、プーチン大統領との密会の噂が報じられるなど超大物セレブだが、豪州紙『シドニー・モーニング・ヘラルド』などは、曽慶紅とウェンディ・デンとの密接な関係について、早くから指摘していた。仔細な内容については、拙著『トランプが中国の夢を終わらせる』(ワニブックス)に記したのでここでは省く。

    ウェンディ・デン女史とルパート・マードック氏

    ウェンディ・デン女史とルパート・マードック氏

     もう一人、曽慶紅につながる〝旬″な人物が米国にいる。名前は郭文貴(別名は郭浩雲・1967年生まれ)。曽慶紅の側近として海外のスパイ工作の胴元だった馬建・前国家安全部副部長の手足となり、北京五輪前にごっそり儲け、汚職にまみれ、馬建副部長が失脚した2015年に、中国の恥部を握り香港から米国への逃亡に成功した人物である。
    郭文貴は、米政府系ラジオのボイス・オブ・アメリカ(VOA)他、米メディアのインタビューを積極的に受け、ツイッター等でも中国高官の恥部を暴露するなど、やりたい放題であることから〝お騒がせ大富豪″と注目されている。「馬建・国家安全部副部長を通じて、外国の要注意人物に接触する任務を与えられてきた」とも主張する郭文貴は、「習近平の委託を受けてダライ・ラマ14世に接触し、ダライ・ラマの書いた習近平宛ての手紙を預かったこともある」と、その言葉を裏付けるかのようにダライ・ラマと親しげに話す写真も公開している。

     曽一族は国内、香港・マカオ、豪州やニュージーランド、シンガポールなど海外に総額約400~450億元(約6400億~7200億円)の資産を持つ大富豪で、曽慶紅の息子の曽偉とその家族はシドニーで過去最高となる5400万豪ドルで大豪邸を購入し、豪州籍を取得している。

     最近、郭文貴が中国共産党幹部の内実をことさら騒ぎまくっている背景には、曽慶紅一族を含む江沢民派の資産運用や管理を任された富豪の肖建華が、中国当局によって香港から本土に連行された事件とも関係があるらしい。中央紀律検査委員会が曽慶紅とその弟、曽慶淮・元文化部特別巡視員に対して、一族の汚職や腐敗の実態問題で事情聴取を行ったとの報道もある。

    郭文貴氏

    郭文貴氏

     習近平国家主席と序列6位の王岐山中央紀律検査委員会書記が、この数年、果敢に進める粛清だが、本丸ターゲットの1組が「江派二号人物」の曽慶紅とその一族なのだ。ただ、冷静に見れば、習近平と曽慶紅の関係も相当に不可解だ。中国共産党第16期全国党大会で曽慶紅にとって人生最高のキャリアへと上りつめ、第17期全国党大会(2007年11月)を経て、翌春の全国人民代表大会(国会に相当)で正式に引退をした。その際、それまでの曽慶紅のポジション(国家副主席・中央書記処常務書記・党中央党校校長)をそっくり引き継いだのは習近平である。

     胡錦濤前国家主席も長年、側近中の側近として党中央弁公庁主任を任せていた令計画とその一族に見事に裏切られたが、中国が「昨日の友は今日の敵」「面従腹背」の〝騙し合い社会″であることが分かる。

    11

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。