■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    解決できるのか? 年々深刻化するパワハラ問題

     先週発売された「週刊新潮」で、またもや議員の驚くべき記事が公開されました。安倍チルドレンの1人でもある、衆議院議員の豊田真由子氏(埼玉4区、2期目)が、秘書に罵声を浴びせた上に暴行を加えていた事実が発覚。パワーハラスメントを超えた言動に秘書が告発し、豊田氏が罵倒する声をICレコーダーで録音していた音声が、YouTubeの「デイリー新潮」チャンネルで公開されました。
     動画は公開して1日足らずで80万回以上再生され、YouTubeの「急上昇1位」となりました。豊田氏は週刊新潮が発売された6月22日の夕方、自民党に離党届を提出したと報道されましたが、ネット上では離党だけで納得する声はほとんどなく、議員辞職を求める声が圧倒的に多く上がっています。暴言だけではなく、殴る蹴る、ハンガーで叩くといった暴行を断続的に加えられた秘書の男性は、同月18日付で辞職。これまで数十人の秘書が辞めていった程、酷いパワハラだったにもかかわらず、告発するまで公にされなかったことが不思議でなりません。議員だけでなく、一般企業でもパワハラは問題視され、裁判沙汰になった例もあるほど注目されています。

    ●パワハラだと感じるとき
     豊田氏の騒動から、改めてパワハラについて考えさせられますが、実際にパワハラを受けたという人たちが、上司のどういった発言や言動に対してパワハラだと感じたのか調査したサイトがありました。
     例えば、終バスに乗れないため、上司より先に帰った時、「君が駅から歩けないようなそんなド田舎に住んでるせいで俺が迷惑してるんだぞ!!」と言われたそうです。また、プライベートな話を何一つしたことがなかったのに、上司から「今までの人生、チャラチャラしてただけのくせに」と言われたなど、不当な発言をされたという人もいました。
     その他にも、残業をケチるために、とてもできないような量の仕事を「定時までに終えろ」と言われた、仕事上の無理な要求をされたので丁重に断ったら「無駄に図体だけでかくて使えねぇなぁ」と言われた、など、仕事とは関係のない人格を否定する言葉を投げつけられたという人が多くいました。仕事上のミスをしたから、態度が悪かったからと、自分に非がある場合は叱責されても納得できますが、人格を否定されたり、不当な扱いを受けるときには、パワハラだといえるでしょう。
     部下のことをまるで奴隷のように扱ったり、地位や権力を盾に横暴な態度を取る上司と1対1でぶつかることは簡単にはできないことです。そのため、社員の相談窓口を設けるなど、パワハラの問題を解決・予防するための取り組みを行っている企業が増えてきているようです。

    ●パワハラ体験談
     最近ではパワハラの問題が浮き彫りになりすぎて、叱責に過剰な反応をみせることもあります。例えば、仕事上のことでミスをした部下に上司が叱責するのは当然のことですが、上司が声を上げてオフィスにいる全員の前で叱ったことに納得がいかず、パワハラだと感じる部下もいます。ここで問題になるのが、上司の叱り方です。部下がミスをしたことに対してだけではなく、人格まで否定して叱責する場合はパワハラだと思われても仕方ないと思います。しかし、ミスをしたことだけにフォーカスを当てて注意し、最後にミスをしないためのアドバイスを与えたり、頑張れと慰労する言葉を付け加えるだけで印象はだいぶ変わるでしょう。
     私自身、しっかりと部下を叱れる上司と、そうでない上司に出会いました。勤め先の小企業の社長は、日頃は温厚でどの社員とも親しげに接してくれる人でした。しかし、社員がミスをした時はしっかり注意し、上司に対して態度が悪い社員に対しては厳しく叱っていました。ただ、叱った後は、その社員と仲の良い社員にフォローをしてくれと頼んだり、自らフォローしたりと、面倒見の良い社長でした。そのため、叱られた本人も、他の社員もパワハラだとは思いませんでした。
     別の企業には、まるで反対の人がいました。期限内に終わらせないといけない仕事がどうしても終わらず、先方に迷惑をかけることになってしまったのですが、先方とはなんとか話をつけて期限を少し延長させてもらいました。この仕事の話はこれだけで終わるはずだったのですが、先輩から、「社長にもこのことを話した方が良い」と言われ、社長に話すことになりました。社長とはその日がほぼ初対面だったのですが、事情を説明したところ納得がいかなかったようで、「先方に迷惑をかけるような仕事をするな!」と怒鳴られました。確かにその通りなのでそこは素直に頭を下げられたのですが、話はそこで終わらず、先方と私との関係にまで口を出してきて、「君のその行動で先方が不快な思いをしている」、「今日が期限だったら徹夜してでも終わらせろ」というようなことを言われました。どうしてもできない事情も説明し、先方にも許可をもらったということを何度も説明したのですが埒が明かず、最後は涙ながらにできないものはできないと言うと、怒りが少し治まったのか、帰してくれました。
     この話を聞いた先輩は申し訳なさそうにしながら「社長は仕事熱心なだけであなたに頑張ってほしいからそう言ったんだよ」というようなことを言っていましたが、私は納得できず。私も悪いので声を大にしてパワハラだと言えないですが、もう少しこちらの事情に寄り添ってほしかったです。せめて同じことを言われるなら信頼関係のあった先輩や他の上司に言われる方がよっぽど良かったと感じました。
     パワハラ問題を解決するための簡単な答えはないですが、企業内の人間関係を円滑にして、上司と部下、先輩と後輩の間で信頼関係を築くことが解決の近道だと思います。そのためにどうすればいいか、これからの日本社会の課題だと感じます。

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。