■連載一覧
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 荒川 英紀
    荒川 英紀
    学習塾経営
    松原 広幸
    松原 広幸
    ITコーディネータ
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員
    三石 江里子
    三石 江里子
    マイアミの風
    内藤 俊輔
    内藤 俊輔
    元青年海外協力隊
    外舘 孝則
    外舘 孝則
    NPO法人理事長
    高橋 富代
    高橋 富代
    元・下田市議会議員
    吉本 秀一
    吉本 秀一
    日本けん玉協会理事

    気候変動よりも深刻な「森林が減ってゆくこと」

    物質を生み出せるのは「植物細胞」だけを知る

     森林が世界で急速に失われている。人類文明が始まる8000年前には60億ヘクタールあった世界の森林は、伐採や焼き畑、燃料用の消費などにより、その6割が失われ、現在、24億ヘクタールしか残っていないといわれる。

     森や植物が失われれば酸素も生み出されなくなり、人はもちろん生物は生存していくことはできない。人間は何でも生み出せるように勘違いをしているが、「科学の4原則」のとおり、私たち人間には物質もエネルギーも作り出せない、物質を作り出せるのは「植物細胞」だけである。

     植物細胞の「生きた集団」である森林の減少は、物質の減少を意味し、未来に向けて極めて深刻な事態だ。しかし、ビジネス界に身を置くほとんどの人はこの深刻な問題に気付く機会も、真剣に考える時間もなく、目先のことを考えるのが精いっぱいで、危機意識が乏しいのが現実だ。

    世界の森林破壊が深刻になっている

     このままのスピードで森が減少していくと30数年ですべて消失するという研究者もいる。特に『地球の肺』ともいわれる、東南アジア(インドネシア、フィリピン)、南米(ブラジル)の熱帯雨林の被害は深刻で、あの広大なアマゾンですら砂漠化するという予測もある。

     熱帯雨林の減少によって生じる温暖化の原因でもあるCO2の増加は、世界の運輸部門の排出するCO2の量に匹敵する。熱帯雨林には地球上の生物の50~70%が生息しているが、1時間に平均4.6種のペースで生物が絶滅している。生物多様性の減少は人間への直接的な影響が大きくなることであり、現実の感染症の増加の背景になっている。

     呼吸は「生きる」上での基本であるが、その酸素を作り出すのは森林や植物であり、生態系の維持に欠かせない役割を担っている。しかし、快適な都市空間で生活しているために、自然環境の変化を感じる能力が劣化して、直面する問題について現実認識を持つことが難しい状況である。

    「道徳を忘れた経済は、罪悪である。」~二宮尊徳

     現代社会、特に大戦後の日本も含め、世界経済はまさに罪悪であると言っていい。これまでの大国による覇権主義、利益追求の経済至上主義に支配されてきた時代が招いたものは、南北格差、テロの脅威、犯罪の増加、環境汚染、新しい感染症、さらに、人口の増加、食糧問題、水問題などだ。これらは生活の根本「生存」にかかわる大きな問題である。

     特に世界中で広がっている異常気象と大規模災害の発生による生命財産の持続性の危機は深刻である。
     これまで世界をリードしてきた西欧の思想は基本的に「競争関係で成り立っている」という考えである。私たち人間は自然を超えることはできない事実を再意識して、人間以外の自然界にある「共生」という普遍的なものに学ぶことが求められている。

    経済を忘れた道徳は、寝言である~二宮尊徳

     日本には奈良の吉野や鎮守の森のように古くから森を畏怖し、守ってきた文化があり、森と共に暮らしづくりをしてきた。森や林業の持続的な付加価値の創出の中で、人間生活に取り入れて、より良い社会づくりに生かして育んできた文化がある。

     「人を含めすべての生物は森、自然のつながりの中で活かされている。地球や人類のために何ができるかという意識を私たち一人ひとりが持たなければ持続的な発展はありえない。

     持続可能な発展のキーワードは『共生』である。みんなと調和しながら、共存を目指す暮らしのスタイル、森と共に生きることのできる社会づくりの中にこそ、明るい未来がある。「自然の一員として、生かされている」という思想=「自然との共生社会」に不可欠な植物がモリンガである。人類の様々な問題解決に不可欠の樹木である。

    4

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。