■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    方言は恥ずかしくない! 自慢できる故郷の言葉

     地方出身者が東京に出てきた時、都会の洗練された街並みや人々に圧倒されて、故郷の方言を使うことが恥ずかしく感じられることがあります。実際、私も出身が鹿児島なので、上京したてのころは訛っていることを指摘され、標準語にするために苦戦しました。抑揚は、東京の人達の話す言葉を聞いていればそれに合わせて話せるようになりました。しかし、自然に使っていた言葉が地方でしか通じないことに気づかされたときは驚き、上京して7年ほど経った今でも、たまに使ってしまって通じないことがあります。

     地元以外で方言を使うことに抵抗があったのですが、最近ではNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」で使われている茨城弁が注目を集めていたり、方言から出身地をあてるインターネット上のサイトが話題になったりして、方言が“恥じる”ことではなくなってきているように感じます。

    方言で出身地が当てられる話題のサイト

     連続テレビ小説ではこれまでも地域の様々な方言が話題になりました。2013年度放送の「あまちゃん」では、岩手県の「じぇじぇじぇ」というびっくりした時に使う方言が注目され、流行語大賞に選ばれました。現在放送中の「ひよっこ」では主演の有村架純さんの使う方言がかわいいとネット上で話題になっています。ドラマの中で人物達が話す「ごじゃっぺ」が特に話題に上がっているようです。茨城県民以外には馴染みがなく、意味が通じない言葉ですが、いい加減・ばか・どじ・間抜けなど、相手を否定的に扱う時に使うそうです。聞きなれない言葉だからこそ耳に残る音がおもしろく感じられ、真似をしたくなるのでしょう。ドラマの中で使われていたり、ヒロインがかわいく喋っていたりすることもあって、方言が注目され、東京にいても方言を使うことに抵抗を感じることが少なくなった気がします。むしろ、方言があまりない東京や関東圏の人達から羨ましがられることもある程です。

     方言に注目が集まっている今、「出身地鑑定!!方言チャート」というネット上のサイトが話題になっています。方言学が専門の東京女子大学・篠崎晃一教授と、篠崎教授のゼミに所属する女子大生と、インターネット辞書・事典検索サイト「ジャパンナレッジ」がコラボレーションして開発したものです。

     2択の質問に答えていくと回答者の出身地を当てることができるとして、2013年に方言チャートが初めて公開されてから約1000万人が利用しています。今月16日に新サービスが発表され、利用者からのフィードバックを元に、さらに高い精度で出身地を当てられるようになったそうです。

     試しに新サービスの「方言チャート 100PLUSⅡ」をやってみることに。まず出てきた質問が、翌日、家に不在の時、「明日、家におらん」と言うことがありますか? というもの。「はい」か「いいえ」を選択し、また次の質問に移ります。こうしてどんどん進めていったのですが、質問される言葉の中に使っていたり聞いていたりした方言が出て来ず、いいえばかりクリックしていました。本当に当てられるのか疑問に思っていたところ、「大体でいいよ」という意味で「てげてげでよかが」と言うことがありますか? という質問が出てきて、突然見知った方言が目に飛び込んできて思わず「あ、鹿児島弁!」と声を上げてしまいました。はいをクリックすると次の質問文の上に「鹿児島県突入!」の文字があり、ちょっと嬉しくなりました。そしてここからがこのサイトの凄いところ。質問を続けていくと、出てくる方言は馴染みのないものばかり。あっという間に質問が終わり、あなたの出身は鹿児島県の大隅・薩摩エリアですね!? という診断結果が出てきてしまいました。もっと狭い範囲で分かるものかと思っていのですが、診断結果を読んでいくと納得の答えがありました。

     「鹿児島県は旧国名では大隅、薩摩に区分されます。鹿児島県には多くの島があり、海を挟むため方言も島ごとに特長が大きく出ているため、大隅、薩摩本土と特長の見られる諸島に区分しました」 このように診断されたのですが、質問が鹿児島県に突入してから出てきていた見知らぬ方言は、全部鹿児島県の諸島の方言だったのです。話題になっているだけあると感心させられました。

    大切にしていきたい方言の魅力

     方言は不思議なもので、他県で出身地の方言が聞こえてくると、見知らぬ他人でも親近感が沸いてきます。また、帰省した時にあちこちから聞こえる方言にほっとしたり、田舎の両親と会った時や電話などで話す時には自分も方言で話したりすると、標準語より素に戻れるような気がします。

     標準語と方言では同じ意味でも感じ方が変わることもあります。例えば、上述したサイトの質問でも出てきた「てげてげ」。「頑張りすぎないで大体でいいよ」と言われるよりも、「きばらんとてげてげでよかが」と言われた方が肩の力が抜ける感じがします。親しみ慣れた言葉だからこそ心にすっと入り込んでくるのでしょう。

     このような方言の力を活用するため、大手コンビのファミリーマートでは、地域に根ざした言葉や文化を大切にしようと、ATMの「いらっしゃいませ」、「ありがとうございました、またお越しください」の音声を方言にしています。2012年に沖縄県で始めてから、7府県1283店舗に広がっています。

     また、高齢者が多く、医師不足となっている徳島県南部の海部郡では、若手の研修医などが役立てるように、高齢者がよく使う方言をまとめた用語集をホームページで公開しています。徳島県海陽町にある宍喰診療所の白川光雄医師がまとめたもので、医学部の学生が地域の病院で実習をする際などに活用されています。
     現代では昔ながらの方言を使うのは高齢者が主で、その土地に住んでいても何を話しているのか分からない若者も多くいます。昔から使っていた方言が廃れるのではと危惧する声もありますが、方言に注目が集まっている今、改めて方言の魅力を実感し、大切にしていきたいと思います。

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。