■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    リアルな描写が逆効果になったママへの応援歌

     2016年12月に、おむつなどを手がける大手日用品メーカーのユニ・チャームが、Youtubeにある動画を投稿しました。その動画は、テレビコマーシャルのように商品を宣伝する目的ではなく、企業のブランドイメージを打ち出すためのブランディング広告として作成されたものでした。動画のタイトルは、『ムーニーから、はじめて子育てするママヘ贈る歌。 「moms don’t cry」(song by 植村花菜)』。初めての育児に奮闘する若い母親をリアルに描いた2分程度の動画です。先月、ツイッターで改めて紹介され、インターネット上で話題になり、賛否両論の声が上がっています。
    baby
    ●母親ひとりで頑張る姿に非難の声
     動画の登場人物は、母親と赤ちゃんの2人。生まれたばかりの赤ちゃんを嬉しそうな顔で抱きかかえる母親のシーンから始まります。しかし、日中何故か泣き続けたり、夜中に泣き出したり、母親がお風呂に入っている時に泣き出したりする赤ちゃんを必死にあやしたりする内に、母親はだんだん疲れた顔になっていきます。自分のことは二の次で赤ちゃんをあやしたり、抱っこしながら重たい買い物袋を持って歩いたり、ベビーカーを押しながら坂を上ったり、母親の苦労がリアルに描写されています。
     その姿にシンクロするように、植村花菜の歌が流れ、歌詞と育児の様子を見ながら、自分の経験と重なり、胸がきゅっと締め付けられるような気分になりました。歌詞の中で特に、「ぐずる声を聞くだけで体がこわばる私がいる……君は可愛いのに なんだかイライラしてしまって ほかのママが立派に見えて もっといいママでいたいのに」という部分が共感できて切ない気持ちになりました。
     この歌詞の後、子育てをする母親へのエールが込められた歌詞が続き、最後に「その時間が、いつか宝物になる」というテロップが出て動画は終わります。最後の方の歌詞を聴きながら、自分の子供と一緒に泣いていたことが思い出され、思わず涙がこみ上げてきました。
     確かにこの動画で描かれている母親の子育ての様子はリアルで、大半の母親が経験してきたことだと思います。だからこそ、「私ひとりが頑張っているわけではないと分かった」「頑張っている母親の姿に共感した」と好意的に受け止めた人がいる反面、「つらい気持ちを思い出した」「つらくて見ていられない」という否定的な意見もありました。また、母親だけで父親が一切出てこないことで、「これは酷い。いつか宝物になるから風呂も食事もガマンですか。女性一人が苦しむという世にも奇妙な世界ですか、これは」という意見や、「リアルに描いて風刺するならともかく、助けのない母親のみの育児を礼賛するのは不快です」というように、「ひとりでの育児を賛美するようにしか見えない」と指摘する声も上がっています。

    ●育児には家族や社会のサポートが必要
     私はこの動画を見て、自分の子供でなくても動画の中の赤ちゃんの泣き声を聴くだけで切なくなり、辛かった時期のことを思い出しました。最初の内は何をどうしていいか分からず、大声で泣き叫ぶ我が子に「ごめんね、ごめんね」と謝りながら一緒に涙を流すこともありました。動画の中で徐々に笑顔が消えていく母親の姿に自分が重なりましたが、最後の方で笑顔を見せる赤ちゃんや、赤ちゃんと一緒に笑う母親の顔と、バックで流れる「moms don’t cry ママは泣いちゃダメだって思ってた moms don’t cry ママは強くなきゃダメだって思ってた でも泣いて笑って一歩ずつ君と一緒に生きていく 泣いて笑って一歩ずつ 君と一緒に生きていく」という歌詞に元気をもらいました。
     最近は、育児にも慣れてきて、大変だった時のことが過去の思い出になってきたので、この動画にとても共感することができました。しかし、誰もが育児の経験を良い思い出として乗り越えられるわけではなく、辛くて大変だったという記憶が鮮明に残り続ける人もいるのでしょう。動画を制作したユニ・チャームは、まだ多くの女性が1人で育児に向き合い奮闘している現状、「子育て中の人をみんなでサポートできる社会にしたい」と育児をする母親を応援するために制作したそうです。
     しかし、現実だけを描きすぎて、ユニ・チャームの意図する点が伝わりにくかったように思います。素直に見れば母親を応援している動画ですが、斜めから見れば、母親はひとりで責任を持って子育てをするべきだという内容として捉えられることも頷けます。直接的に、「母親だけではなく、父親や他の家族が協力して育児に参加してほしい」というメッセージが伝わるような内容にすれば良かったのではないでしょうか。
     賛否両論ありますが、この動画を通してひとりで頑張る母親がまだまだたくさんいる現実は伝わりますし、否定的な意見から、これからの育児の改善点が見えてきます。家族だけではなく、社会全体が育児をしている親を、そして子供を見守る世の中になっていくためのきっかけとなったように思います。

    4

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。