■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    子供と一緒に泣きながら、母として強くなる

     出産してから1カ月程が経過し、母になって初めての誕生日を5月15日に迎えました。娘の顔を見ながら自分の生れた時のことや、赤ちゃんだった時のこと思い、普段の誕生日とは違う感慨深い日となりました。まだまだ新米ママながらも娘のお世話にだいぶ慣れてきましたが、産後すぐの何もかもが初めてで手探り状態だった時のことを思い出すと、娘に謝りたくなるほど余裕がありませんでした。今でもそれほど余裕があるわけではありませんが、ひと月前のことを思い出して苦笑いできる程度には余裕ができてきました。今回は産後すぐの育児でぶつかった壁と、そこから学んだ育児と子供との向き合い方についてレポートします。

    「余裕」と「待った」は一切なしの初めての育児

     帝王切開だったため、産後の入院期間は10日間で、産後3日目から母子同室となりました。産んでから2日間、長い時間娘と一緒にいられなかったので早く母子同室になるのを楽しみに待っていました。しかし、楽しみだったのはこの2日間だけ。おむつ替えや授乳の方法を看護師から指導を受けた後、帝王切開の傷や後陣痛の痛みに耐えながら、全部自分でやらなければならず、慣れないお世話が否応なしに始まりました。

     初めの内は母乳の出が悪く、ほとんどミルクに頼っていました。ところが、出が悪いからといって吸わせないと乳腺炎になったり、子宮の戻りが遅くなったりすると看護師に言われ、授乳の時間は吸わせるよう心がけることに。

     しかし、この授乳が一番の難関で、慣れるまでに3週間かかりました。何が大変かというと、まず、授乳の姿勢。横抱き、縦抱き、脇抱きと授乳時の姿勢にも色々あり、看護師から教えてもらいながら授乳してみたものの、授乳するたびに大泣きされていました。どうやら、まだ上手く吸いつくことができず、十分吸い出せない上に、抱き方が悪く授乳をする時の体勢が痛くて泣き出してしまっていたのでした。

     赤ちゃんは吸い方が生まれながらに分かっているのだから、最初からちゃんと吸うことができると勘違いしていたため、自分の抱き方が上手くいかないから、母乳の出が悪いから泣かせてしまうと自分を責めていました。授乳する度に泣かせてしまうので、顔を真っ赤にして思いっきり泣きじゃくる娘を見て罪悪感でいっぱいになり、「ごめんね、ごめんね」と言いながら一緒に泣き出すこともありました。

     授乳の時間が怖くなり、ミルクだけでどうにかしたいと思うようになってきた時、看護師から「ママも初めてのことだけど、赤ちゃんも初めてのことだらけだから、最初から上手くできないよ」と言われ、目から鱗が落ちました。赤ちゃんも初めの内はできないものだと気づかされてから、一緒に上手くできるようになればいいんだと気持ちが楽になっていきました。
     慣れてない自分が悪い、自分のせいで泣かせてしまう、泣いてる姿を見るのがつらい、そんなことを思っていたのですが、娘の立場に立てず自分の事しか考えていなかったと思い知らされました。外の世界に出てきて不安なのに、生きるために精一杯吸おうとする娘をいっぱい褒めて愛してあげないといけないことに気づきました。泣くばかりで意思疎通が上手くできず、こちらが察してあげるしかないけど、察してあげることができないもどかしさと申し訳なさを感じて、子供との距離感がいまいち分からなかったのですが、子供と一緒に親も成長していけばいいと思えるようになったおかげで、子供との向き合い方が少し分かるようになってきました。

     ひとつ育児の壁を乗り越えられたと思ったのも束の間、次の壁は早々とやってきました。

    限界を感じたからこそ実感できる、子育ての理想のありかた

     産後10日間の入院を終えて退院し、自宅での育児が新たに始まっていきました。入院中は傷の痛みもあったため、夜はずっと母に泊まりに来てもらい、夜のお世話を任せていました。痛みも治まり、お世話にも少し慣れてきていたため、帰宅した後は朝から晩まで自分でお世話をしなくてはと気負っていました。ところが育児はそう簡単にできるものではなく、1週間も経たない内に限界を感じ、ノイローゼ気味に。

     夜中も規則正しく3時間ごとに起きて、授乳後はすぐ寝てくれる……、そんなにすんなりいくはずもなく、前回の授乳から2時間後に起きたり、3時間後に起きたり。更には授乳後、寝る気配はなく、次の授乳の時まで起き続けて泣いていたり。おむつを替えたり、あやしたりするものの、泣き止んでくれず、寝てくれず、お手上げ状態でした。泣いていなくても、手足をバタバタさせて何かを訴えるような目でこちらを見つめながら、「あー、あー」と声を出す娘に何もしてやれず、「何? どうしたの?」と頭を抱える始末。しまいには、黒目がちな眼で見つめてくる顔に恐怖を覚え、新米とはいえ母親として不甲斐なさすぎる自分が情けなくなってきました。夜、全然眠ることができないまま朝を迎え、眠くなってきたところでまた授乳で起こされ、という生活に心身共に疲れきっていました。

     そんなある日の夜中、授乳しても、おむつを替えても、あやしても寝てくれず、バタバタと手足を動かし続けていました。早く寝て欲しいと思いながら抱っこしていると、うんちをした音がしておむつを替えていると、その途中でまたうんちが出てきて、服も布団も汚れてしまいました。うんちにまみれたおむつ、服、布団、そして泣きじゃくる娘。この光景に、ピンと張り詰めいていた責任感という糸がプツンと切れ、「もう無理、限界!」と思わず声に出していました。無理という自分の言葉に、育児を放棄したような気分になり、なんて無責任な母親なんだと自分に幻滅し、こんな母親でごめんと娘に謝罪しながらも、苦しさのあまり声を上げて泣きじゃくってしまいました。

     もう1人ではどうしようもなく、別室で寝ていた母を起こして、汚れた服や布団の後始末をお願いしました。そして、もう1日中1人で面倒見るのは限界だから、午前中はお世話してほしいと頼み、とにかく眠ることに。しかし、起きてからもまだ心が晴れず、涙が止まりませんでした。

     里帰り出産だったため、産後1カ月までは実家にいたので、主人と簡単に会うことはできませんでしたが、メールで苦しい胸の内を全部話すと、「子供を育てるって大変なことなんだね。何でも言ってくれると嬉しいよ。帰ってきたら支えられるように頑張るよ。子供のために頑張ってくれてありがとう!」と言ってくれました。頑張れていないと落ち込んでいたところに、頑張ってくれてありがとうと言ってもらえて、すごく救われた気持ちになり、今度は嬉し涙が溢れてきました。主人のおかげでまた頑張ろうと思えてきて、両親の力を借りながら娘のお世話を続けることができました。

     やはり育児は1人でできるものではないと気づかされ、夫婦で、そして自分達の両親と共に育てていくのが理想なんだと思いました。私の両親も、主人の両親も、「かわいい、かわいい」と言いながら嬉しそうに娘のお世話をしてくれます。余裕のない新米の親だけでは足りない祖父母の愛情を娘は受けることができ、自分達も助けてもらえるので、日々両親に感謝しています。

     育児の苦労は多々ありますが、家族で助け合いながら育てていくものだと思えば、気持ちの負担がだいぶ軽くなりました。母親だからと1人で抱え込まず、これからもどんどん協力してもらって、娘の成長を毎日楽しみながら前向きに子育てをしていきたいと思います。

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。