■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    共産党がじわじわ浸透してくることの恐ろしさ。

    野党第一党の体たらくで支持率を上げた日本共産党
    志位和夫委員長
     最近の政党の支持率を見てみると、野党第一党の民進党が蓮舫代表になってどんどん支持率を落とし、今6%前後になっています。

     森友学園問題で口角泡を飛ばして政府を追及して得たものは、自分の党の支持率の低下だけでした。

     一番見えていないものは、自分たちの姿が国民にどう映っているかで、自分たちの自己矛盾が国民の目に晒されていることに気が付いていません。

     この野党第一党の体たらくに微増だけど支持率を上げているのが日本共産党です。

     ただ、これらの世論調査による支持率は鵜呑みにできないものがあり、支持するが投票行動まではつながらないものも含まれているからです。

     ところが共産党や公明党の支持者達はほぼ投票行動につながるケースが多いようで、実際の得票率を見てみると、他の政党の支持者が投票行動をしない分だけ、上がっているように思えます。

     最近とみにソフト路線をとってきた共産党がもはや誰もが期待しない民進党に代わって自民党批判票の受け皿になっていることに不安を覚えます。

     私などが共産党の演説を聞くとその矛盾がすぐにわかるのですが、わからない人が多数いるのでちょっと驚きです。

    テロ等準備罪論議、批判する野党の言葉足らず

     テロ等準備罪の議論でも言えるのですが、「この法律が施行されると相談しただけでみんなが監視対象になる」と山本太郎をはじめとするそれに反対する野党が叫んでいます。

     でも、私は「相談するだけで」の言葉の前に意図的に隠されている言葉があるの気が付くのです。皆さんはいかがですか?

     「日本にあだなすことを」とか「国民生活を妨害しようとする」「現在の秩序を破壊する」とかの言葉が欠如しています。

     これをテロと思わない人がいるのでしょうか。

     国民総監視社会になると言っていますが、単純に国民を全員監視するためにはマンツーマンで13000万人の半分の6500万人が監視する任務に就かなければなりません。

     そんなこと現実的に不可能ですよね。

     たとえ同窓会でも社会的害悪をまき散らそうとする相談をすれば監視対象となるのは当たり前ではないでしょうか。

     その中でことがどんどん進んでいくので怖くなった人が通報しても、現在の法律では犯罪をいまだに起こしていないので取り締まれません。

     ここでも、「専守防衛」の概念が生きているのです。

     つまり、その犯罪集団によって、一般の国民に被害が出て始めてその犯罪集団を検挙できるということであり、未然に防ぐことはできないのです。

     これに関しては凶器準備集合罪などでできるという人もいますが、現在の犯罪は角棒やピストルだけでなく、ソフトウェアをいじって交通網を麻痺させたり、航空機の安全運航を妨害することも考えられ、幅広い犯罪を未然に防ぐ必要もあるはずです。

     今街を歩けばいたるところに監視カメラが設置されていてすでに総監視社会と言っても過言ではないのですが、その監視カメラ群が未然に犯罪を防止したり、犯人の検挙に役立っていることを考えれば、私たちは監視カメラで監視されているのではなく、それによって安全を守られていると考える方が普通の人ではないかと思うのです。

     その範囲がどこまで及ぶか不透明だと反対派は言いますが、その線引きがはっきりしていれば誰が有利に働くかを考えれば一目瞭然です。

     それは犯罪者に対して有利に働きます。ここまでは大丈夫とお墨付きをもらっているのですから。

     政治資金規正法であの小沢一郎が検察の執拗な追及を受けましたが、とうとう無罪放免になった事件の記憶がある方も多いと思います。

     政治資金規正法の成立過程を知っている人の多くは、これでは小沢は落とせないと思っていました。

     なぜならこの法律を作ったのは小沢一郎本人であり、それがどこまでがよくてどこまでが悪いかを一番熟知していたからです。

     反対派の人たちはこの自由な国日本で言論統制が起きると言っていますが、クイズ王小西のような一応国会議員の身分を持つ人間が自国の内閣総理大臣の人格攻撃をするようなツィッターを流せることができる国はそんなにたくさんないでしょう。

    治安の良い国、日本

     もしこれがCHINAやロシアや北朝鮮、韓国でもいいですが同じことをしたらどうなるかよくわかると思います。
     
     戦争は日本は仕掛けなければ起きないとまだ思っている自虐史観に犯された夢想主義の人たちがいますが、日本が今のような態度をとり続けることが戦争に近づくということがなぜわからないのでしょう。

     隣の不思議な国では、ありもしない「戦時売春婦」のことを日韓問題の切り札にしようとしていますが、そのきっかけとなった吉田清治の御子息が韓国内における慰安婦の碑をこれ以上自分の父親の嘘で日本に対して迷惑をかけていると全面書き換えるという英断をされました。

     これが日本の常識になりつつあります。朝日新聞もすでに認めていることですが、まだその事実を疑っているという人がいることに驚きです。

     日本は東南アジア各地に軍隊を派遣しそこで戦いましたが、いったい誰と戦ったのでしょう?

     インドネシア人ですか?ベトナム人ですか?フィリッピン人ですか?

     いいえ違います。欧米列強の軍隊と戦いました。

     だから東南アジアに行って日本人だと言ったら現地の人が見せる友好的な表情をなぜ直視せずに、日本で刷り込まれた嘘ばかりを信じているのでしょう。

     私はジーパンの腰のポケットに財布を入れて歩いていますが、外国に行った時は、絶対しません。皆さんはどうですか?

     台湾では夜でも平気で歩けますが、その他の地域で夜独り歩きをすることはありません。

     なぜなら治安が悪いからです。これは日本人だからではなく、現地の人からも注意されます。お金を持っていそうな人ならだれでもいいという犯罪者がいるのです。

     ヘイワで安全な日本で議論するのではなく、現地に行って直にその空気に触れてみることをお勧めします。

     日本っていい国ですよ。

     それをなぜそうまでして貶めるのか、本当に理解できません。

    日本の「お国柄」を勘案しない日本共産党

     共産党の志位氏は「憲法に対する立場の違いがあったとしても、立憲主義を壊す安倍政権のもとでは、憲法改定は許さないという点で野党4党は合意しており、力を合わせることが大事だ」

     と、憲法改正発案が自民党と維新で行われそうだと不安がっていますが、「立憲政治を壊す安倍政権のもとでは」というフレーズがどうしても理解できません。
     
     「立憲政治」という概念自体が憲法は政府を縛るものだという西洋的な考え方ですが、なぜ日本のおけるお国柄をもっと勘案しないのでしょうか。

     今の憲法では、あれだけ国民の生命安全を守ってくれる自衛隊が違憲状態だと言われるなら、それを合憲状態にするのが当たり前でしょう。

     自衛隊は阪神淡路、そして東北の大震災時の活躍で国民が頼るべき最後の砦という地位を確立しています。
     
     それが未だにお花畑の夢想主義の下、違憲状態にある方がおかしいでしょう。

     たくさんの同胞が北朝鮮に拉致され、韓国内での諜報活動に利用されています。それを助け出すこともできないのが現在の憲法です。

     もし、朝鮮半島で有事が起こり、邦人救出が急務となった場合に、今の文在寅政権下では自衛隊は邦人救出に行けない可能性があります。

     では、誰が邦人を助け出して日本に連れて帰ってくるのでしょうか。
     
     今の憲法では自衛隊の所だけを見てもいろんな矛盾が存在しています。もうそろそろ現実を見てもいいのではないでしょうか。

     もし民進党がテロ等準備罪が悪法だとするのなら、もっと国民に心に響くような質問をすべきだと思います。

     そしてしれっと共産党が反自民の受け皿になっていることの怖さを知るべきです。

     それが出てくるのは国政選挙ではなく、地方選挙レベルです。

     さしあたって、東京都議会議員選挙でしょうか。

     自分たちの地域から選出する議員や政党の本質をしっかり見極めましょう。地方議会はしっかり見ていないと日ごろの関心が薄いせいもあり、条例が成立してからびっくりすることになります。


    「井上政典のブログ」より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    16

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。