■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    壮絶な出産現場から生まれる命の神秘

     私事ですが、2016年の7月に第一子の妊娠が分かってからようやく今年の3月、わが子と対面することができました。
     毎日吐き気と目まいに襲われる辛いつわりの時期を乗り越え、その後は順調に安定期に入り、出産の日を待っていました。しかし、今年の1月に早産と言われ、約40日間の入院生活。入院中、安静にしていたおかげで何のトラブルもなく臨月を迎えました。早産と言われたので予定日より早く生まれるだろうと思っていたのですが、お腹の中の居心地がよかったのか、予定日を8日超えた3月28日に出産しました。安産とはいかず、想像を遙かに超える壮絶な出産となり、生涯忘れることのできない経験をしました。今回はその経験をレポートしたいと思います。

    ●喜びから一転、想像を絶する陣痛の痛み

     初めに陣痛を感じたのは28日の朝5時頃。子宮が圧迫されるような痛みではあるものの、それほど強くなく、前駆陣痛の可能性もあったので、布団の中で様子をみることにしました。これまでにも前駆陣痛を何度も感じていたため、今回もそうかなと思っていたのですが、少し違和感がありトイレに行ってみると出血していました。これが噂に聞いていた出産の兆候のひとつ、『おしるし』だと思い、ようやく待ちに待ったお産に喜びが溢れ、「きたー!」と思わず嬉しい悲鳴をあげていました。
     里帰り出産だったため、実家の両親にこのことを伝え、かかりつけの産婦人科に行ってみました。先生に内診してもらうと、「今日中に生まれるよ」と言われ、わが子に会える喜びが増したと同時に、未知なる出産への不安が押し寄せてきました。これまでネットで検索したり、雑誌で読んだりして、出産の流れは分かっていたものの、陣痛の痛みはどの程度なのか、生まれる時の感覚はどうなのか、具体的に想像できていませんでした。
     「大半の女性が自然分娩で痛みを乗り越えて産んでいるし、自分は痛みに弱すぎるということもないから無痛分娩じゃなくても自然分娩で産めるでしょ」と考えていました。病院に行った時にはまだまだ痛みは弱く、不規則的だったのですが、早産で入院していたこともあり、大事をとって即入院して陣痛が強く規則的になるのを待つことになりました。赤ちゃんを産み出すためには、子宮口が最終的に10cm開く必要があり、陣痛によって子宮口が自然に開いていくということを助産師から説明されました。ただ、私の場合はなかなか陣痛がすぐ強くならず、子宮口の開きも遅かったため、陣痛がくるたびに助産師から子宮口を開いてもらい、お昼を過ぎた頃にようやく6cmで開きました。その時には陣痛の痛みが少しずつ強くなっていたものの、まだ耐えられる痛みでした。これぐらいだったら大丈夫だと思っていたのですが、助産師から「これからまだ痛みが強くなるよ。無痛分娩にしなくてもいいの?」ときかれ、少し迷いながらもお産の痛みを一度は経験しておきたいと思っていたので、自然分娩で産む意思を伝えました。
     余裕があったのはここまでで、子宮口が7cm、8cmと開く頃にはどんどん痛みが増してきて、陣痛のピークがくるたびに「ヒー、フー、ヒー、フー」と息を吐きながら悲鳴をあげていました。陣痛は腹痛の酷い痛みに似ているのかと思っていたのですが、実際は腰にくる痛みが強く、腰を金槌で思いっきり何度も殴られている感覚があり、それと同時に子宮が物凄い握力で握りつぶされるような痛みがありました。わが子に会える喜びはどこへやら、痛みから逃れることに必死で、「陣痛もう治まって!」と思いながら痛みに耐えていました。しかし、痛みは増すばかり。ラマーズ法も上手くできず、「うー!、あー!」と声をあげていると、助産師に「そんな大声出さないの。喉が潰れるよ。それに、他の入院してる患者さん達が何事かと驚くよ」と叱られるはめに。そう言われても声を上げないと痛みに耐えられず、結局最後まで悲鳴を抑えることはできませんでした。
     破水すればもうすぐ生まれてくるはずなのに自然に破水できなかったので、夜の9時頃、分娩室に移動し、助産師から破水させてもらいました。この後はいきんで産み出すだけ。ようやく陣痛から解放されるはずだったのですが、本当のお産の苦しみはまだまだこれからだったのです。

    ●命の誕生は奇跡の瞬間

     破水した後、早い人であれば1、2回いきめば産まれるところが、私の場合はそこからがお産の本番でした。何回もいきみ、気づけば1時間経過。子宮口が全開するまであと1cmのところで開かず、先生が呼ばれました。先生から子宮口を全開にしてもらったのですが、赤ちゃんがまだ高い位置にいて全く下に降りて来ていない様子でした。子宮口全開になってからさらに陣痛が強くなり、痛みのピークの時に全力でいきむため、全身汗だくになり、呼吸が上手くできなくなっていました。呼吸器をつけてもらいながら必死にいきむのですが、どうやら赤ちゃんがむくんでいて、私の力だけでは出て来られないようでした。
     そこで吸引器を使って赤ちゃんの頭を引っ張り出すことに。最初は、先生と助産師と一緒に2名程の看護師が付き添っていたのですが、その時には夜勤で院内にいる看護師が全員集められていました。陣痛のピーク時にいきみ、そのたびに吸引器で引っ張る際、看護師達が「頑張れ!」「長くいきんで!」と応援してくれました。しかし、そう簡単に出てくるわが子ではなく、2回吸引器を使ったところで、先生から「次で駄目だったら帝王切開だよ」と言われ、3回目で残っている力を振り絞って精一杯いきみました。今度こそ産まれてきて! と願ったものの、頭が出っ張っていてつっかえてしまい、とうとう子宮口から産みだすことはできませんでした。
     緊急帝王切開に決まってから、夜勤以外の看護師がほぼ全員集められ、てきぱきと手術の準備にとりかかってくれました。今まで一番痛い陣痛に耐えながら、担架に移動して手術室へと運ばれていき、11時にようやく麻酔を打たれ、痛みが一瞬でなくなっていくのを感じました。赤ちゃんを取り出すまでは局部麻酔で、それから全身麻酔になるから、赤ちゃんが出てくる時はみられるよ、と看護師に説明され、「あとは先生に任せておけば大丈夫だからね」と言われ、徐々になくなる下半身の感覚と共に、あと少しで終わる安堵感が沸いてきました。
     手術開始後、程なくして横に立っていた看護師から「上向いて。赤ちゃんでてくるよ」と言われて上を向くと、「最後だよ、頑張って!」と他の看護師に言われました。帝王切開で何を頑張るのかと思ったら、胸板を3回ほどぐっと強く押され、よく分からないまま「出てきたよ」と声をかけられました。そして、11時21分、突然目の前に、顔と体がパンパンに膨らんだ人形のような赤ちゃんが現れました。産んだというより、突然目の前に現れたという感覚だったので、出産の感動というよりは、やっとわが子と対面できた安堵感でいっぱいになり、「よかったー」自然に声が出ていました。
     それからあっという間に意識がなくなっていきました。次に目覚めた時は病室…だと思っていたのですが、目が覚めるとまだ手術室でこれから病室に運ばれるところでした。お産が終わったら痛みとはおさらばだと思っていたのですが、子宮を太い針でチクチク刺され続けているような鋭い痛みを感じました。そして何故か全身震えが止まらず、両親曰く、死人のような顔になっていたそうです。子宮の痛みは後陣痛というもので子宮が急速に元の大きさに戻ろうとするために起きる痛みで、産後5日は痛みが激しく、痛み止めをもらっていました。
     出産の時も、産後も後陣痛と帝王切開の傷の痛みで苦しみましたが、改めて病室で会った我が子の顔を見て、自分も大変だったけど、この子も同じくらい苦労して出てきてくれたんだなと思うと本当に無事に生まれてくれて良かったと痛感しました。陣痛を感じた5時から数えると18時間という長いお産で苦しみましたが、こうやって無事に生まれてくることは奇跡だと感じさせられました。まだまだ母親としては未熟で、お世話がうまくいかないことも多くありますが、授乳の時に一番愛情が沸き、母と子の情の強さを実感しています。
     第一子の出産は忘れることのできないお産の苦しみのフルコースでしたが、貴重な経験ができ、命の神秘をリアルに感じることができました。出産はまさしく女性だけの特権。命を授かり、無事に産むことができたことに感謝です。

    5

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。