■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    歴史を知らないと意図的な捏造に騙される

     村上春樹氏の新刊本にいわゆる南京事件のことを書いたことが出てくるそうです。私はこの村上春樹氏の小説は全く興味がなく、読んだこともありませんが、下記に引用する部分には全く同意できません。

     そしてこの村上春樹氏が海外でも人気があるらしく、これが英語で出版されてこの事実誤認のことが独り歩きしてほしくありません。

     >>>引用開始

    村上春樹著「騎士団長殺し」より一部抜粋

    その年の十二月に何があったか?
    「南京入城」と私は言った。

    「そうです。いわゆる南京虐殺事件です。日本軍が激しい戦闘の末に南京市内を占拠し、そこで大量の殺人がおこなわれました。戦闘に関連した殺人があり、戦闘が終わったあとの殺人がありました。日本軍には捕虜を管理する余裕がなかったので、降伏した兵隊や市民の大方を殺害してしまいました。正確に何人が殺害されたか、細部については歴史学者のあいだにも異論がありますが、とにかくおびただしい数の市民が戦闘の巻き添えになって殺されたことは、打ち消しがたい事実です。中国人死者の数を四十万人というものもいれば、十万人というものもいます。しかし四十万人と十万人の違いはいったいどこにあるのでしょう?」

    もちろん私にはそんなことはわからない。

    >>>引用終わり

     「降伏した兵士や市民の大方を殺害」?ふざけんじゃない!

     市民は日本軍が南京入城後、すぐに治安を回復させて笑顔で日本兵と交流している写真が数多く残っていますし、当時従軍記者としてその場に立ち会った後の小説家山岡荘八先生も虐殺などは見たことがないと証言されています。

     何度もここで書いていますが、重要なことなのでまた書きます。

     1.20万人の人口だった南京でどうして30万も、今回の村上氏の小説では40万にもなっていますが、いない人をどうやって殺せるのでしょう?

     2.さらにそのおびただしい人をどうやって殺害したのでしょう?日本軍はもうその時点で無抵抗の人間を殺すだけの弾薬がありません。蒋介石軍の反撃に備えているためです。
     
     3.もし殺したとすれば、どうやって埋めたのでしょう?12月の南京は極寒で大地が凍っています。ブルドーザーなど日本軍は持っていません。

     だれがどうやって穴を掘ったのでしょう?本多勝一が見せられた死体は国共内戦の時のものだとすでに証明されています。

     4.1937年12月に南京入城を果たしていますが、1940年にはその南京で汪兆銘による親日政権ができています。この汪兆銘は東条英機閣下が主催する大東亜会議にも参加しており、市民のために日本と講和して平和を勝ち取った人ですが、後に売国奴として墓を暴かれています。

     5.1938年蒋介石は外国の記者との300回にも及ぶ記者会見で一言も南京のことは言及していません。もし事実ならその時に激しく抗議をしているはずです。

     ちなみに当時の南京は蒋介石の国民党政府の首都であり、日本軍が迫ってくると蒋介石は市民を捨てて重慶に逃げだしたところです。もし、日本軍が書かれているような虐殺を行っていれば、自分の名誉回復のためにも、日本軍の行為をすぐに批判するはずなのに、なぜ何にも言っていないのでしょう。

     それはそういう事実がなかったからです。

     村上春樹氏は汪兆銘のことも、蒋介石の翌年の記者会見のことも知らないで書いたのでしょうか。

     それとも確信犯なのでしょうか。

     他の小説を読んだことがないので私にはわかりません。もしご存知の方がおられたら、日ごろの彼の歴史観を解説していただけないでしょうか。


     さらに歴史戦は続きます。

     文科省が中学の教科書から「聖徳太子」の名称を無くし、「厩戸王(うまやどのおう)」に書き換えるようです。

     これもバカな話で、当時聖徳太子と呼ばれていなかったからという理由が表に出てきますが、先のNHKの大河ドラマだった真田幸村も現実では使われていませんでしたが、信繁と言われてもほとんどの人が「誰?」と首をかしげるでしょう。

     当時使われていなかったから使ってはならないとするならば、なぜ「太平洋戦争」という言葉が使われ、「大東亜戦争」という正しい言葉を封殺しているのでしょう。

     こちらの方が絶対おかしい。

     我々の先人たちは大東亜戦争を戦ったのであり、太平洋戦争で命を落としたわけでありません。


     さらに、沖縄県で翁長知事らがよく使うフレーズで「オール沖縄」という言葉ありますが、翁長知事らが支持する候補が次々に選挙で負けているのに、こんな言葉を使うのはいいのでしょうか。

     私は禿(はげ)ていますが、隠したりしていません。禿は禿でもセクシーな禿を目指しています。だからウソがつけません。

     でも、翁長氏は真実をかつらで隠しているのです。

     事実を知っていれば、誰がどんな目的で嘘をついているのかがすぐにわかります。

     皆さんもっと自分の国のことを学びましょう。

     さすればこういう似非インテリに騙されなくて済むのです。

     さすればこういう売国奴の政治家に騙されなくて済むのです。

     戦争で軍服を着て命令の下に人を殺しても殺人にはなりません。でも、兵士が軍服を脱いで民間人に化ける行為は国際法上スパイ行為とみなされ処刑しても問題ないのです。
     
     軍服を着た兵士が投降して殺された例は太平洋の島々で投降した日本兵を殺したアメリカ海兵隊で散見されます。

     当時のアメリカ海兵隊は、「海兵隊は捕虜をとらない」というのが組織的に決められていました。

     皇軍はそのような通達はなく、戦時国際法に則って処理しています。もちろん例外はありますが、アメリカ海兵隊のように組織的には行っていません。

     きちんと事実を知りましょう。私たちの先人たちは世界で最も軍律が厳しい軍隊だったのです。

     私は先人たちを貶めるような発言をする村上春樹氏を絶対に許すわけにはいきません!


    「井上政典のブログ」より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    9

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。