■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    昭憲皇太后と”Empress Shoken Fund”【後編】

    ■4.皇室による「窮民救恤(きゅうじつ)」

     そもそも近代日本における社会福祉は皇室が先導された。明治政府による公的救済活動はまだ限られていたため、その空白を埋めたのが皇室の活動だった。

     明治天皇は践祚後わずか2年半の明治2年8月に「窮民救恤(きゅうじつ)の詔」を発せられ、維新の戦乱で家を焼かれ、生業を失い、またその年の冷夏による不作で困窮する国民を助けられることを宣言された。宮廷費7万5千石から1万2千石を節約して、その救恤にあてられたのだった。

     明治10(1877)年からの西南戦争では、佐賀藩出身の佐野常民(つねたみ)が欧州留学で学んだ赤十字活動を実践しようと、皇室の許可を得て「博愛社」を設置し、九州と大阪で臨時病院を設置して救護活動を行った。

     博愛社は明治16(1883)年以降は、皇室から毎年3百円の御手元金を下賜されて基本的な活動資金とした。明治20(1887)年、両陛下は博愛社を皇室の保護のもとに運営されるご意思を示され、名称を「日本赤十字社」と改め、万国赤十字社本部に加入することが決まった。

     以後、両陛下から毎年下賜金があり、また明治23(1890)年には病院建設用地として東京府内の1万5千坪を下賜された。現在の日本赤十字社医療センタ-である。

     当時は欧米と同様、戦時の傷病兵を救護する事だけを行っていたが、明治21(1888)年7月の福島県磐梯山(ばんだいさん)の噴火では多くの死傷者が出て、昭憲皇太后は日本赤十字社に命じて、救護班を被災地に向かわせ、多額の金銭的援助もされた。これを契機に日本赤十字社の社則に「天災救護施」が加えられた。

     その後、明治24(1891)年、14万2千余戸が全壊した濃尾地震、明治29(1896)年、2万2千人の死者が出た三陸大津波など、大規模災害が続き、日本赤十字社が災害救助にあたった。皇太后は大小様々な天災の都度、救恤として御下賜金を送られ、明治期全体では合計265件にも及んでいる。

     また、その頃から海外の窮民にも救恤が行われていた。明治35(1902)年、カリブ海の仏領マルティニータ島でのプレー火山の大噴火、明治41(1908)年、イタリアのシシリー島を襲ったメッシーナ地震にも、巨額の救恤金を送られている。「人種や国境を越えて福祉に寄与すべき」は、すでに実践されていたのである。

    ■5.包帯製作とお見舞い

     皇太后は明治20(1887)年の東京慈恵医院開院の際に、病院事業奨励の令旨をくだされ、その中で、天平年間に聖武天皇の皇后であった光明皇后が、貧しくて治療を受けることのできない民のために施薬院を設けた逸事に言及し、「祖宗の遺志」を継ぐべきことを念願されている。明治時代の社会福祉への取り組みは、そのまま1千年以上も続く皇室伝統の実践であった。

     皇太后の窮民への仁慈は御下賜金だけには留まらなかった。明治10(1877)年の西南戦争では、お手づからガーゼを作られ、大阪と戦地の病院に送られた。明治27(1894)年の日清戦争では、包帯の製作をされた。宮中の一室に製作所を設けられ、近侍の女官たちとともに、看護婦さながらに白衣を召されて包帯製作に励まれた。

     明治37(1904)、38年の日露戦争でも包帯製作に勤しまれ、皇太子妃殿下(大正天皇のお后、貞明皇后[a,b])とともに、包帯12巻入りの缶を200缶も戦地に送られた。兵士の中には、その包帯を使わずに持ち帰って家宝にした者もいた。

     日清戦争さなかの明治28(1895)年3月、皇太后は明治天皇が大本営をかまえられた広島にお出ましになり、広島陸軍病院と呉の海軍病院を慰問された。

     これらの病院は開戦後、にわか仕立てで作られた掘っ立て小屋のような建物で、関係者はこのような粗末な場所に皇太后がお越しにになるのは恐れ多いと辞退したが、皇太后は「患者慰問のために来たのですから、どんなに建物が見苦しくても見舞いに行きます」と押しきられた。

     各病室では患者それぞれに病状をお聞きになり、御言葉を賜った。起き上がって姿勢を正そうとする兵士たちには、「起きるに及ばず。大事にせよ」と仰った。今日の両陛下の被災者御慰問そのままの光景である。また戦争で手や足を失った兵士には、義手や義足を下賜された。その御仁慈は手足を失った敵兵にも及んだ。

    ■6.皇室の率先垂範が国民を動かした

    「社会福祉の精神を日本の社会に根付かせた」と冒頭のバウマンは語ったが、皇太后は国民に直接語りかける事でも、その役割を果たされた。

     皇太后は明治35(1902)年10月21日、日本赤十字社第11回総会に行啓し、御言葉を述べられた。会場は皇后陛下を間近にうかがおうとする人々で超満員だった。出席した英国公使夫人メアリー・フレイザーは、皇太后が「いかに人心を惹きつけられるか」を目の当たりにしたとして、こう書き留めている。

    __________
     皇后陛下は、大いなる興奮と尊敬に満ちた沈黙のなかを、書類をたずさえてすすまれ、はっきりとした声でその内容をお読みになりました。それはほんとうに驚くべきこと–これまで私が日本で見たもっとも現代的な光景でした。(『英国公使夫人の見た明治日本』)[1,p139]
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    「現代的」というのは、それまでの歴代皇后は内裏(だいり)に引きこもって、人目には触れずに生活されていたからである。昭憲皇太后は皇后として初めて洋服を着られ、このように多数の国民の前で御言葉を述べられたのであった。

    shokenkougou

     前述のメッシーナ地震に際しては、両陛下はイタリア政府に金1万円を寄贈されたが、民間でも「伊国震災義捐(ぎえん)金」が集められ、寄付金の総額は7万1700円に達した。皇室の率先垂範が「社会福祉の精神を日本の社会に根付かせた」一例である。

    ■7.「一つ屋根の大家族のように」

     日本が早急な近代化を通じて、欧米諸国と伍してやっていくための明治天皇の努力がいかに世界から称賛されたかは、拙著『世界が称賛する 国際派日本人』[c]で述べたが、社会福祉の分野で発展を実現してその一翼を担おう、というお志を皇太后は持たれていたようだ。そのため、欧米から戻った公使婦人や女子留学生を召しては、欧米の状況を熱心に聞かれた。

     史上初めて洋服を着られ、外国人を謁見し、大勢の集まる集会でスピーチをする、などは、その努力の一環である。そして、その努力と、天性の慈愛と聡明さが、欧州の王室にも負けない気品を生み出した。英国公使のマクドナルドは、皇太后に拝謁するたびにこんな感想を語った。

    __________
     数カ国の宮廷に出入りしたが、日本の皇后のように風格が高いお方を見たことがない。皇后は実に慈愛と権威とを有する天使である。[『昭憲皇太后さま』鹿島出版会、H12, p223]
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     明治20年前後に宮内省顧問として欧州式の宮廷儀式導入を助けたドイツ貴族のオットマール・フォン・モールは、皇太后の「思いやりのある人柄、おのずとにじみ出る心のあたたかさ、それにけだかい考え方」を称えて、皇后を「宮中のたましい」と呼んだ。
     アメリカの新聞「クリスチャン・ヘラルド』紙の論説委員であるクロブッシュは、皇后が明治40(1907)年にノーベル賞候補者に推薦されていたことを明らかにした、と当時の新聞は伝えている[2, p29]。これは赤十字国際会議で、基金設立の発議を行う5年前である。皇太后の社会福祉への取り組みはすでに欧米でも高く評価されていたのである。
     昭憲皇太后は皇室の伝統的な国民への仁慈を基盤として「社会福祉の精神を日本の社会に根付かせ」、さらに「昭憲皇太后基金」として「世界人類に向け、人種や国境を越えて福祉に寄与すべき」を示された。
     それは神武天皇の「一つ屋根の大家族のように仲良く暮らそう」という理想[d, p260]が
    グローバルに広がった道であった。

    【前 編】


    「国際派日本人養成講座」より転載
    http://blog.jog-net.jp/

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。