■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    映画「沈黙」の是非について

     はじめに私はこの映画を見ていません。原作は昔読んだ記憶があるくらいです。

     だからこの記事を書くのは迷いましたが、やはり予告編だけを見てもあまりにも片面側からしか描いていないので敢えて書くことにしました。

     戦国時代の末期にフランシスコザビエルという宣教師が日本に布教に来ます。イグナチウスロヨラと共にイエズス会を立上げ、プロテスタントに押され気味のヨーロッパからアジアへと布教を広げてカソリックの勢力拡大を図るのが目的でした。
     
     ただ、多くの当時の多くの日本人がザビエルという人に対して好感を持ち、協力したところを見るとこの人は崇高な使命感を持つ宗教者と言っても過言ではないかと思います。

     日本には神道という日本民族に根付いた信仰があります。ただ他の宗教とは違うのは、それが自分たちの生活にあまりにも同化しすぎているために、特に守らねばならないものという概念が消え去り、普通の生活の中に溶け込んでいるものでした。

     だから仏教が伝わってきても何の抵抗もなく受け入れることができ、最初キリスト教もその教えに帰依する人が続出します。

     ちなみに聖徳太子の17条憲法の第二条に書かれている「篤く三法を敬え、三法とは仏法僧なり」は、神道は当たり前だけど、仏教も大切にしようねと為政者達に伝えたものです。ここから日本が仏教国になったのではなく、仏教もやっと市民権を得たということです。

     戦国時代は数々のキリシタン大名が生まれます。それも西九州が火付け役となります。

     それは、弱小大名が生き残るためには南蛮の近代兵器、とくに火薬が必要だったからと言われています。当時日本には硝石がとれず、すべて輸入に頼っていました。

     朝鮮半島では日本への数少ない輸出品の一つでしたが、倭寇などの問題あり輸出を制限していた時があります。

     しかし、鉄砲伝来とそのために大量の硝石が必要になってきたため、南蛮貿易の必要性が生まれ、たくさんの南蛮人が交易に入ってくるのです。その船が入ってくる港を持っていることは経済力と軍事力を持つこととなり、ポルトガル人と共に来る伴天連(宣教師)の庇護の役目もするようになるのです。

     大村純忠(おおむらすみただ)という大名は自らだけでなく領民にもキリスト教への改宗を迫ります。キリシタンの国だと宣言しないと南蛮船が入ってこなくなり、島津や竜造寺や大友氏などの有力大名に飲み込まれてしまうのです。

     初めは嫌がった領民もその教えを聞くにつれて熱心な信者となります。

     こう書くとキリスト教が優れていたと思いがちですが、ここに重要なからくりがあります。

     ザビエルが来日した時、日本語ができませんでした。片言の日本語で切々と神について説教するザビエルの姿は多くの日本人の心を打つのです。

     これはどんな違っていても、その人が文字通り命を懸けて一所懸命に訴えると心に響きます。そしてその感受性を持っているのも日本人の特性だと思うのです。

     その中に盲目の琵琶法師了斎がいました。あの耳なし芳一を思い出してもらうと早いでしょう。
     
     自ら目が見えないというハンディを背負った了斎は、ザビエルが説く神の言葉が素直に心に入ってきたのです。そしてザビエルの手で洗礼を受け、「ロレンソ了斎」と名乗り、その後布教に宣教師たちのお世話に大活躍をします。

     もしこの人がいなかったら、日本のキリスト教は広がらなかったと言ってもいいでしょう。

     盲目の琵琶法師がザビエルの言葉を頭ではなく、心の耳で聞いたのです。そしてその教えを今度は了斎が皆に説いていくのです。

     琵琶法師だけあって歌と琵琶の調べで語るキリシタンの教えは文字の読めない人たちにもすっと入ってきます。もちろん日々人を殺めねばならない武士階級にも入ってくるのです。

     でも、ここでの教えはローマカトリックで教えられるのとは若干違います。なぜなら、盲目の琵琶法師ロレンソ了斎が自分の日本人としての感覚で捉え、理解し、咀嚼したものを伝えているのです。

     神の概念が違うのです。

     私はこのことを学生時代にアメリカ人の宣教師から英語でキリスト教を学び、得たキリスト教の知識と後に日本人の牧師さんが語る神の話に違和感を持ち、長年その違いは何かということを考えてやっと理解しました。

     それは私たち日本人は神と共に生き、神の中で生活をしているのですが、彼らは神から追放されているのです(失楽園)。

     自然を見て私たちは神を感じますが、キリスト教者は神の痕跡は認めるがその自然は神と違うのです。

     ロレンソ了斎がそこまで分かるはずもなく、自分の理解でキリシタンを語り多くを信者にしていくのです。

     これは後に「隠れキリシタン」が数百年ひっそりと信仰を保ち続けますが、明治期になってローマカトリック教会の人たちがよく調べてみるとほぼ観音信仰に近いものだったということがわかり、「隠れキリシタン」という宗派で現在は分類されています。

     研究者の中には数百年で形態が変化したという人もいますが、私はもともと日本にキリスト教が根付いた段階で観音信仰に近いものだったと思っています。

     大村純忠の領内で次に起こるのは、熱心なキリスト教信者が寺や神社や祖先の墓を壊し始めるのです。

     それは一神教のキリスト教が他の宗教を邪教だというために、それを壊し始めるのです。

     先祖代々の墓を守ろうとする領民と破壊しようとする領民が各地で小競り合いをし始めます。
     
     困った大村純忠は、イエズス会に誰も住んでいない土地と港を寄進し、そこで布教活動をするようにします。それが現在の長崎市です。

     天然の良港でしたが、山が多いために米が作れないために誰も住んでいませんでした。

     しかし、そこに南蛮船が来るとなれば全国から人々が押し寄せて一大貿易港となり大発展をするのです。

     その時に、伴天連が手掛けたのが硝石と交換する日本人の奴隷でした。一説によると1樽と50人の日本人が交換されたと言われています。

     それを見て激怒したのが九州入りした秀吉で、日本国を天皇陛下から預かっている為政者として許せないと最初の伴天連禁止令を出すのです。

     その時は自分の旗下の将兵に出すのですが、高山右近などは大名の地位よりも信仰をとりフィリピンで客死するほどでした。

     そして島原の乱等でできたばかりの徳川幕府の屋台骨を揺るがすような内乱が起こり、徳川幕府も徹底的にキリシタンを排除するようになるのです。

     これも、唐津の寺沢氏の飛び地の天草の年貢の取り立て問題から一揆が起こり、その首謀者があの天草四郎だったため、キリシタンの反乱とされていますが、これも元をただせば、百姓一揆と食い詰めた浪人たちが生き残りをかけて起こした反乱というのが正解でしょう。

     でも、その戦い方が殉教者的だったため、幕府は恐れ、さらにポルトガルの征服意図も感じているために厳しいキリスト教弾圧の方法をとるのです。

     当然、流通経済から重農主義に変えていくという幕府の政策も関係していきます。

     しかもまじめな日本人は喜んで死を受け入れるのですが、外人宣教師は次々に「転び」棄教し、残りの生涯を日本で暮らすことになるのです。

     神のために命を捧げて最初に命を投げ出すのならまだ理解できるのですが、たくさんの宣教師が死を選ばず恥をさらして生を選択するのです。

     これがこの時代の背景です。

     そういう時代背景を考えながら、この映画を見られることをお勧めします。

     まあ、私はDVDで十分だと思うのですが・・・。


    「井上政典のブログ」より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。