■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    法律は何のために存在するのか?PPAPが使えないピコ太郎?

     昨年末から突如時の人になったピコ太郎さん。

     実力派芸人として売れた仲間たちから支援を受けてテレビに出ていましたが、ブレイクせずにやっと昨年末ジャスティンビーバーが取り上げて一躍世界中で有名になりました。

     それくらい仲間から人望がある人だと思っていたので、その成功は嬉しく思っていました。

     しかし、早くも暗雲が・・・。

     大阪の元弁理士の人が「PPAP」を商標登録を申請しているとのこと。

     どこかで聞いた話だと思っていると、CHINAで商標登録を乱発して日本の地名や商品を登録して迷惑しているという話がありました。

     才能がある芸人がやっとのことで世に出るきっかけのギャグを持ったにも関わらず、全くそれと関係のない人が法律を盾にとって自分の権利を主張することのどこに正義があるというのでしょう?

     日本は古来、してはいけないことはしませんでした。人の道に外れた行為をすることは恥ずかしい行為として忌避されてきました。そして自分が努力もしないでおいしい汁だけを吸うことは避けてきたはずです。

     ある時、「法律に書いていないからしてもいいはずだ」という人が多くなり、それから細かな法律が作成されることになりました。

     法律が少なくても治安が維持できる社会が民度の高い社会ですが、それがアメリカ並みに下がってきているように思えてなりません。

     隣の国々は、自分たちは法律を守らないくせに、相手には法律を盾にとって従わせようとします。

     これと同じレベルになってもいいのでしょうか?

     聞くところによると、この元弁理士の男性は申請料は払っておらず、申請だけ、つまりつばだけをつけているのです。あまりにもさもしく、卑怯なやり方と言わざるを得ません。

     法律はみんなで守るから法律がみんなを守ってくれます。でも、こんな使い方をしていたら、法律がなければ身動きが取れなくなってしまうのではないでしょうか。

     国会では共謀罪の審議がされていますが、普通の国民にはまったく問題のない法律です。これによって私たちの権利が脅かされる恐れは感じませんが、それが怖いと感じる人たちがいるようです。

     社会秩序を大幅に乱すような行為を共謀し、準備することは犯罪だと思います。

     それを取り締まる法律が国際社会並に造って何が悪いのかわかりません。

     民進党?共産党?社民党?みんな反社会勢力とつるんで成り立っている政党ばかりが反対しています。

     いままで堂々と嘘を言っていた政党がその嘘を取り締まられる可能性が出てきたらその法案の成立を反対するのでしょうか。

     拉致など存在しないと言っていた社民党や共産党が拉致被害者を取り戻すことのできる法律を作ろうとすると国家権力の横暴だとか言って外国のスパイを取り締まれなくしています。

     以前の動画を見ていると辛淑玉という乗り越えネットのおばさんが、戦前の日本人が普通の朝鮮の家庭にどそこで上がり込んで強姦して連れてきたのが今の在日朝鮮人だとすごんでいっているのを見て、こういうウソを平気でついてきた人が未だに社会的な発言力を持ち、マスコミにも登場することのおかしさを私たちはもっと問題にせねばならないと思います。

     朝日新聞が戦時売春婦の件で河野洋平らと照らし合わせてねつ造してきた問題がいまでも日本の足を引っ張っています。

     その後朝日新聞は誤報を認めたのだから、もっと大々的にそれを是正するキャンペーンをすべきではないでしょうか。

     朝日新聞の本多勝一が中国共産党のプロパガンダをそのまま国内で垂れ流し、明快な否定をしないために、南京の虐殺がいまでも国際問題になっています。

     1937年12月に起こったはずですが、その二年後の1940年3月30日は南京国民政府として汪兆銘が首班となって、南京に親日政権ができています。CHINAの人たちは70年以上も前のことはしつこく難癖をつけるのですが、ほんの二年前のことは問題にしないようです。

     汪兆銘は昭和18年11月5日から開催された大東亜会議にも南京政府代表として東京に来て参加しています。

     もし、本当に30万人も自国民が虐殺されていたならば、こういう行為はできるでしょうか。

     学校でも、蒋介石のことは教えますが、汪兆銘のことはほとんど教えません。

     でも、先人たちは蒋介石の軍隊とは干戈を交えましたが、汪兆銘の政府は南京の正当な政府として国賓として日本に招いているのです。

     こういう事実をきちんと踏まえるといかにCHINAが嘘つきで、自分たちのことは棚に上げて、相手にだけ法律を守らせようとするダブルスタンダードが明確になりますね。

     反日の在日が自分たちの特権を維持するために、差別を強調したがるのはわかります。

     でも、それに同調する多くの偽善的日本人の存在が最近本当に疎ましく思えます。もうすこし、正しい歴史を学んだらどうだろうと。

     自分たちの都合のいい法律は最大限に使おうとし、自分たちに都合の悪いものは国家権力の横暴だとか暴走だと言って騒ぎ立てる輩がだんだん目立つようになりました。

     つまり、嘘か誠かわかるようになってきているのです。

     人を殺すことは悪です。でも、人の名誉を奪うことも悪ではないでしょうか。

     前後の日本人はその名誉を奪われてきているのにいまだにへらへらとしているように思えてなりません。そろそろ戦後の歴史の嘘をきちんと政府として反証しませんか。


    「井上政典のブログ」より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。