■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    安倍プーチン会談について

    先般、安倍総理とプーチンさんとの会談については、さまざまな論評があります。
    一点、総理の記者会見のなかにあった次の言葉には注目が必要だと思いました。
    それは次の言葉です。

    「戦後71年を経てもなお、
     日露間には平和条約がない。
     この異常な状態に、
     私たちの世代、私たちの手で
     終止符を打たなければならない」

    戦後70年を経過してなお、実はロシアと日本はいまだ戦争中です。
    昭和20年は、あくまで戦闘を止めた年です。
    戦争の終結には、当事国同士の平和条約の締結が必要です。
    それがなされない間は、両国は交戦中です。
    日露平和条約がいまだ締結されていないという現実は、日露はいまだ第二次日露
    戦争の最中だということです。

    米英その他の国とは、昭和27年のサンフランシスコ平和条約の発効によって戦
    争が終結しています。
    ただ、これもまた実は「形式上」です。
    実態上は、いまだ日本は占領統治下にあります。
    なぜなら、日本に米軍基地があるからです。

    それが不要と言っているのではありません。
    現下の特亜三国の横暴を考えれば、むしろいま日本に米軍基地がなければ困りま
    す。
    ただし、日米安保があるといっても、米国は核を保有する国とは決して戦争はし
    ません。
    その核を、中共もロシアも北朝鮮も保有しています。
    つまりもし日本に中共、ロシア、北朝鮮の三国が仮に攻めてきたとしたとき、米
    軍は情報提供以外は、「何もしない」ということです。
    ですから国の護りは、自国でちゃんとできるようにしなければならないのです。

    戦争を終わらせるためには、わかりやすくいえば、次の3つの条件が必要です。
    1 交戦(ドンパチ)の停止
     (これは昭和20年に我が国が自主的に停止しています)
    2 平和条約の締結
     (米軍その他連合国とは平和条約が昭和27年に発効しています。
      ロシアとはその平和条約さえ、まだありません)
    3 軍隊の撤収
     (この3があってはじめて占領状態の解除ということになります)

    つまり、北方領土云々をする以前の問題として、ロシアとは、いまだ1の状態に
    あって、2も3も未了です。
    その意味で、大東亜戦争は、実はいまだに続いているし、昭和20年に始まった
    第二次日露戦争も、いまだ継続しているのです。
    日本は戦争当事国なのです。

    ロシアに関しては、さらに大きな問題があります。

    北方領土は、日露間において、両国の条約で、樺太の南半分と千島列島は、日本
    の領土と定められています。
    これを当時のソ連は、一方的に破棄して、日本への侵略を行いました。
    ですから北方領土問題というのは、国後、択捉などの四島だけの問題ではありま
    せん。
    ソ連によって軍事占領された樺太の南半分、千島列島のすべて、もしかしたら満
    洲も、実はいまだに条約破棄、軍事占領という状況にあります。
    これをどうするかということをきちんと定める平和条約を締結し、日本の領土と
    決まったエリアから、ロシア軍が撤収して、そこではじめて、形式的にも実質的
    にも戦争は終結します。

    けれども、北方領土問題を具体的にどのように解決するかという前に、何よりも
    まず、両国が戦争状態を終わらせようという意思表示が必要なのです。
    連合国との間では、
    昭和20年8月15日に日本は自主的に交戦状態を終わらせ、
    同年   9月 2日に、戦艦ミズーリの艦上で降伏文書に調印しました。
    そして、
    昭和27年4月に平和条約が発効しています。

    ロシアとの間には、実はこの戦艦ミズーリ上での文書調印さえ、いまだにないの
    です。
    日本が降伏しろと言っているのではありません。
    戦争状態を終結させ、両国が平和的に今後お付き合いができるようにしていこう
    とする、そのための努力が必要なのです。

    その意味では、今回の安倍総理とプーチン氏との対談は、戦争当事国の首脳同士
    が、一緒に温泉につかりながら、戦後はじめての対話を行ったという、これは歴
    史的な大事件なのです。
    普通は、戦えば、勝敗があります。
    負けた側は降伏文書に調印扠せられるか、国そのものを滅ぼされて併呑されます。

    ところが日露は、占領されている国のトップが、占領している国のトップを招い
    て、一緒に仲良く温泉につかりながら、共同で記者会見を行ったのです。
    このようなことは、歴史上類例がありません。
    どこまでも平和を希求する日本であればこそのことなのです。

    にもかかわらず、多くの論者が、安倍外交は失敗だったように言います。
    そうでしょうか。
    領土問題解決の前に、平和条約締結のための対話の道を開くことが失敗なのでし
    ょうか。
    短兵急に解決を急ぐなら、目下、まだ交戦中なのです。
    再び、交戦しろとでも言うのでしょうか。

    日本国憲法は、国際紛争解決の手段としての軍事力の行使と軍事力の保有を放棄
    しています。
    有名な戦争放棄です。
    けれど、北方領土(南樺太、千島諸島)が、現実に軍事占領されており、しかも
    日露が戦争係属中であれば、北方領土(南樺太、千島諸島)自国の領土内に、他
    国が不法に居座っているという状況なのですから、国際紛争ではなく、どこまで
    も国家存続権、自衛権の行使として、自衛隊、警察、消防を繰り出してドンパチ
    を開始することは憲法解釈上、できないことではありません。
    あるいは、現在執行を停止している大日本帝国憲法に基いて、軍事力の行使をし
    ても構わない。
    できないことはないのです。

    けれどそうすることを、日本国民は望んでいるでしょうか。
    ドンパチが始まることを望んでいるのでしょうか。

    けれど、平和条約もないのに、領土問題を持ち出すということは、それは交戦を
    再開しろということに等しいのです。
    まずは両国が、ドンパチはしない、という大前提を築かなければ、実はドンパチ
    抜きでの解決ができないのです。
    なぜなら日露は第二次日露戦争が係属しているからです。

    日米間に平和条約がありながら、米軍の我が国への駐屯は、現段階では、東亜地
    域の不安定な状況から、日本は認めざるをえない。
    ですから日米間は、形式的にはサンフランシスコ平和条約で戦争を終わらせてい
    ながら、実質的にはまだ被占領状態を続けているという不安定な状態にありなが
    ら、それでも日米関係は、きわめて良好に保たれています。

    ロシアについては、その平和条約すらないのです。
    だから安倍総理は、
    「この異常な状態に終止符を」
    と言っているのです。

    その意味において、今回の安倍プーチン会談は、歴史に残る快挙と言って良いも
    のであろうと思います。

    現在の世界では、国際間に紛争が起これば、まずは話し合いで解決をすることに
    なっています。
    けれどその話し合いが不調に終われば、戦争以外に解決の方法を持ちません。
    日本は、自分からは戦争をしかけないし、武力も用いないと宣言している国です。
    それが良いか悪いかの議論は別として、憲法にそのように書いて有ることは事実
    です。

    そうであれば、日本は、どこまでも気長に、一歩ずつ、話し合いを深めていく以
    外、問題の解決の方法はないのです。
    それが悔しいというのであれば、日本が、独自に武装し、国軍を持ち、不条理に
    対しては戦いも辞さずという姿勢になるしかありません。
    国連においても「敵国」とされている日本にとっては、選択肢は、実は二者択一
    なのです。

    私は、平和であることを第一に望みたいと思います。
    そしてそのことは、服従を意味するものではありません。
    服従せず、迎合せず、だけれどもしっかりとした地歩を固め、戦争ではない事態
    の解決を模索していくことが大切なことであると思っています。

    ご参考
    →北方領土と我が国主権のお話
     http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2905.html

    お読みいただき、ありがとうございました。

    8

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。