■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    小名木 善行
    小名木 善行
    国史啓蒙家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    「アダムのふつうの子孫」以上の日本人

     当今では、人間をアダムのふつうの子孫以上に描くことは、時代遅れとなっています。とくに、「神の恵みと啓示の外」にある異教徒となれば、なおさらであります。私どもは、我が国の英雄を神に祭り上げるといって、さかんに非難を浴びています。
    (『代表的日本人』内村鑑三著)

     そう言いながら、キリスト教徒である内村は「アダムのふつう以上の子孫」と彼が見做す代表的な日本人を5人取り上げています。

     西郷隆盛
     上杉鷹山
     二宮尊徳
     中江藤樹
     日蓮上人

     5人ともにキリスト教徒ではない。内村の人物眼の根底には確かにキリスト教がありながら、その信仰には拘っていないのです。

     「ふつう以上の子孫」がキリスト教徒であるかどうか、それは内村にとって重要なことではないのです。それなら、特定の信仰によってではない何をもって内村は「ふつう以上」と評価するのか。その人の持つ「徳」の高さがそれです。

     そのような、キリスト教だけに働く神ではないという彼の視点が、読んでいて私にはとても好ましく感じられます。

     おそらくはキリスト教に触れたこともない彼らの中に内村が認める「徳」の高さ。その根源は彼ら自身が意識していない神様が、その時代に必要だとして彼らに与えたものであろうと内村は考える。そこにキリスト教徒らしい彼の視点が生きています。

     例えば、上杉鷹山。

     彼は17歳で羽前の国(現在の山形県)にある米沢藩の上杉家の養子となり、後に同藩9代目藩主となった人物です。彼が藩主になる日、春日明神に捧げた誓文の中に、次のような項目がありました。

    ① 民の父母となるを第一のつとめとすること。
    ②言行の不一致、賞罰の不正、不実と無礼、を犯さぬようつとめること。これを今後堅く守ることを約束する。もし怠るときには、ただちに神罰を下し、家運を永代にわたり消失されんことを。

     これらが単なる口約束でなかったことは、後の彼の行政によって十分に証明されます。結果として、全国最貧の藩であった米沢藩が、彼の治世の終盤には多くの面で模範的な藩へと変貌を遂げたのです。

     内村は鷹山を扱う章の最初に、 「封建制が永久に消え去ることを望まない」と書いています。「徳」というものがあれば、封建制は決して悪い制度ではないというのです。

     キリスト教徒が最高の制度として思い描くのは、「天国」に違いないでしょう。その内実は必ずしも明瞭ではないが、明瞭ではないその理想に向けて人類は改善の努力を続けてきたと見れば、封建制を捨てて民主主義を立てるようになった。

     ところが、民主主義が封建制よりもましかといえば、必ずしもそうだとは言えない。専制政治も投票箱も、人が悪魔と手を結んでいる限り、圧政政治は存在すると言うのです。

     問題は制度自体ではない。

     「徳がありさえすれば、制度は、助けになるどころか、むしろ邪魔であります」

     封建制度の何が良かったと内村は言うのでしょうか。

     忠義、武士道、勇気、人情。

     そういった多くのものが封建制度と結びついていた。

     例えば、ほんとうの忠義というものは、君主と家臣とが互いに直接顔を合わせるところに、初めて成り立つものです。その君主と家臣との間に「制度」というものを入れてしまうと、君主はただの治者に過ぎず、家臣はただの人民となってしまう。そこにはもはやほんとうの忠義がない。

     「封建制度の長所は、この治める者と治められる者との関係が、人格的な性格をおびている点にあります。その本質は、家族制度の国家への適用であります。したがって、いかなる法律や制度も『愛の律法』にはおよばないように、もし封建制が完璧なかたちで現れるなら、理想的な政治形態といえます」

     このような内村の洞察を読むと、「家庭の良さは、まさに制度を超えた人格的な関係にある。家庭がそのまま拡大したものが天国である」ということに、改めて合点がいきます。

    7

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。